学生が東大阪の町工場と石切参道商店街をご案内 修学旅行の中学生に東大阪の魅力を伝える「学生ガイド」

学校法人近畿大学
2017年09月26日 14時00分
修学旅行生を案内する学生
近畿大学(大阪府東大阪市)の公認学生団体である経済・経営学会学生部会 地域経済研究会の学生9人が、平成29年(2017年)9月28日(木)、一般社団法人 大阪モノづくり観光推進協会が企画・運営する「東大阪モノづくり観光」に学生ガイドとして参加し、修学旅行の中学生を東大阪の町工場や石切参道商店街に案内します。

【本件のポイント】
●実学教育の一環として、東大阪のモノづくりや地域経済についての学習成果を生かし、修学旅行生のガイドを行う
●学生が制作に携わった「石切参道商店街MAP」を活用する新たな取り組み
●学生は修学旅行生に東大阪の魅力を伝えることでプレゼンテーション能力を向上させる

【本件の概要】
本学の公認学生団体「経済・経営学会学生部会 地域経済研究会」(顧問:経済学部准教授 村上礼子)は、一般社団法人 大阪モノづくり観光推進協会と連携して、修学旅行生を町工場に案内する学生ガイド活動を平成27年(2015年)から行っています。この活動を、東大阪のテクノロジーをてくてく歩きながら見ることにちなんで「近大てくみる」と名付けました。
今回は、高知県の中学校の修学旅行生を迎えて、東大阪の町工場と石切参道商店街を案内します。学生は修学旅行生に同行し、町工場の見学の際には、修学旅行生に東大阪の地域経済や企業の基本情報などを説明します。また、学生ガイドの新たな試みとして、石切参道商店街を案内する際に、経済学部の学生が制作に携わった「石切参道商店街MAP」を用いて案内します。修学旅行生に東大阪のモノづくりと歴史ある石切参道商店街を紹介することで、東大阪の魅力をPRし、地域経済活性化に貢献します。

■日 時:平成29年(2017年)9月28日(木)9:50~11:30頃
■場 所:ホテルセイリュウ(大阪府東大阪市上石切町1-11-12)
■参加者:経済・経営学会学生部会 地域経済研究会の学生9人
     中学生・引率教員 合計56人

【スケジュール】
9 : 50 ホテルセイリュウ出発
10:00 河内木綿はたおり工房 見学とはたおり体験
11:00 石切参道商店街案内

※中学生は4班に分かれて行動し、うち1班が上記のルートで見学します

【石切参道商店街MAPについて】
株式会社JTB西日本・大阪モノづくり観光推進協会共同企業体が東大阪市から受託した「平成28年度東大阪市商店街活性化地域連携事業」において、本学経済学部の村上礼子ゼミの学生が共同企業体のスタッフとともに石切参道商店街の店舗を取材し、若者の感性で商店街の新たな魅力を伝える「石切参道商店街MAP」の制作に取り組みました。マップは平成29年(2017年)2月に完成し、石切参道商店街各店舗などで無料配布しています。

【関連リンク】
経済学部総合経済政策学科 准教授 村上 礼子(ムラカミ レイコ)
http://www.kindai.ac.jp/meikan/135-murakami-reiko.html