横須賀市の公式ソーシャルメディア

ソーシャルメディアポリシー

横須賀市ソーシャルメディアの利用に関するガイドライン

(目的)
1 このガイドラインは、横須賀市の職員(以下「職員」という。)が業務としてソーシャルメディアにより市政情報等を発信するための基本的なルールを定めるものとする。
(ソーシャルメディアの定義)
2 ソーシャルメディアとは、ツイッターやフェイスブックなど、インターネットを利用してユーザーが情報を発信し、あるいは相互に情報をやりとりする情報伝達の手段をいう。
(適用範囲)
3 このガイドラインは、横須賀市の公式アカウントにより、ソーシャルメディアを業務として利用するすべての職員に適用する。
(基本原則)
4 ソーシャルメディアによる情報発信に係る基本原則は、次のとおりとする。
(1)このガイドラインのほか、情報マネジメント規則をはじめ、地方公務員法などの関係法令及び職員の服務に関する規程を遵守すること。
(2)職員としての自覚と責任を持った情報発信を行うこと。
(3)公式アカウントを業務目的外の目的に使用しないこと。
(4)守秘義務を遵守し、情報の取扱いに十分注意すること。
(5)発信する情報は正確に記述するとともに、その内容について誤解を招かぬよう注意すること。
(6)他の利用者とトラブルが起きないように、冷静・誠実な対応を心がけること。
(7)利用者(職員を含む)の基本的人権、著作権等を侵害しないよう十分に注意すること。
(8)各ソーシャルメディアの具体的な運用については、アカウント毎にルールを定めること。
(情報の管理責任)
5 ソーシャルメディアによる情報発信を行う課等は、情報マネジメント規則第14条に規定する管理責任を負い、必要な措置を執らなければならない。
(禁止事項)
6 次に掲げる情報は発信してはならない。
(1)誹謗中傷や不敬な表現を含む情報
(2)人種、思想、信条等の差別又は差別を助長させる情報
(3)違法な情報又は違法行為を煽り、もしくは助長する情報
(4)横須賀市あるいは横須賀市と利害関係にある者又は団体の秘密に関する情報
(5)個人情報や横須賀市及び他者の権利を侵害する情報
(6)横須賀市の安全・安心を脅かすおそれのある情報
(7)確定していない重要施策に関する情報(積極的に意見を求める場合を除く。)
(8)単なる噂や噂を助長させる情報
(9)業務上必要のない職員の個人的な状況や意見等の情報
(10)その他公序良俗に反する一切の情報
(附則)
本ガイドラインは、平成24年10月1日から適用する。