コクヨ株式会社


コクヨ東京ショールーム2F、『モノづくりのこだわり』を伝えるスペースを新設!



100余年の歴史の重みを伝える品格あるスペースへ

100余年の歴史の重みを伝える品格あるスペースへ

コクヨ式会社(本社:大阪市/社長:黒田 章裕)は、東京ショールーム2F、コクヨの『モノづくりのこだわり』を伝える展示スペースをこの6月25日にリニューアルオープンしました。

コクヨ東京ショールームには、校外学習の小・中・高校生1500名を含め、さまざまな年齢層、立場の方が年間で12000名来場されています。
2Fの当スペースは、2010年11月以来「Eco&UD」コーナーとして、ショールームや隣接のコクヨホールにご来場のお客様にご覧いただいていましたが、今回、商品の歴史を通じてコクヨの提供価値の根幹である『モノづくりのこだわり』を紹介する魅力的なスペースとして刷新しています。(人気のユニバーサルデザイン商品体験コーナーはリニューアルオープン。)
当スペースのメインは、100余年の歴史の中でコクヨをささえたシンボリックな商品、ならびに近年発売され際立った特長を持つ商品の現物展示です。各時代の背景やその時々のコクヨならではの着眼点や創意工夫について簡潔なメッセージとともにお伝えしています。
オフィス家具などを見に来られるお客様には、ご見学のイントロダクションとして、またコクヨホールのご来場者には休憩時などに気軽に立ち寄れるスペースとして、あるいは校外学習の学生たちにとっては学びの場になるように、ご来場のお客様の目的に合わせてさまざまな用途に対応できる内容となっています。是非、東京ショールームならびに当スペースへ御来場ください。

■展示商品
『歴史ある商品』
和帳の表紙(1905年)・洋式帳簿(1913年)・色紙付書翰箋(1930年)
フラットファイル(1956年)・測量野帳(1959年)・ファイリングキャビネット(1960年)
フィラーノート(1961年)・スチールデスク(1965年)・キャンパスノート(1975年)
バイオテックチェア(1983年)
『近年発売された際立ち商品』
ハサミ(エアロフィット)・テープのり(ドットライナー)・スティックのり(プリット)など全10品目
『ユニバーサルデザイン体験コーナー Touchi&Try』
針なしステープラー(ハリナックス)・プニョプニョピンなど全5品目
 
※展示商品は随時変更されます。

■コクヨ東京ショールームについて
〒108-8710 東京都港区港南1丁目8番35号
http://www.kokuyo.co.jp/com/showroom/tokyo-sr/

■お問合せ先
東京ショールームに関するお問合せ
03-3450-5111 (代表)
受付時間 平日 09:00~17:30

商品に関するお問合せ
0120-201594(コクヨお客様相談室)

■ご参考
コクヨ株式会社
http://www.kokuyo.co.jp/

コクヨ大阪ショールーム
https://www.kokuyo.co.jp/com/showroom/osaka-sr/

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。


  • 100余年の歴史の重みを伝える品格あるスペースへ 100余年の歴史の重みを伝える品格あるスペースへ
  • 和帳や洋式帳簿の貴重な現物も展示しています 和帳や洋式帳簿の貴重な現物も展示しています
  • 近年発売された際立ち商品 近年発売された際立ち商品



注目ワード
シルバーウィーク
台風
CEATEC JAPAN
衣替え
運動会
ハロウィン
ピンクリボン
文化祭