日立公共システムエンジニアリング株式会社


【マイグレーション実績150件以上】高品質かつスピーディーなシステムマイグレーションを実現!



貴重な資産を未来へ引き継ぐ「レガシーシステム再生ソリューション」

レガシーシステム再生ソリューション

レガシーシステム再生ソリューション

日立公共システムエンジニアリング株式会社(略称日立GP(http://www.gp.hitachi.co.jp/?banner_id=nr-120710_01 ))は、レガシーマイグレーションなど、新システムへの移行を支援するソリューション、「レガシーシステム再生ソリューション」を提供しています。当社は、10年間マイグレーションサービスに携わっており、これまでに150件以上、総計100メガステップ以上の豊富な実績があります。分析診断と4種類の充実したサービスメニューをご用意し、システムマイグレーションにお悩みのお客さまを、強力にサポートします。

レガシーシステム再生ソリューション
http://www.gp.hitachi.co.jp/service/legacy/index.html?banner_id=nr-120710_02

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

■マイグレーション分析診断

「マイグレーション分析診断」では、お客さまのシステムオープン化や言語移行の構想段階で、簡易的な調査・分析を実施し、マイグレーションの方針決定をサポートします。これにより、マイグレーション対象システムの正確な規模の把握や資産の棚卸などをすることができます。

レガシーシステム再生ソリューション:マイグレーション分析診断
http://www.gp.hitachi.co.jp/solution/legacy/analyze.html?banner_id=nr-120710_03

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

■サービスメニュー1:「オープン化移行支援」

「オープン化移行支援」では、ホスト系のOS、データベース、言語からオープン系への移行を支援します。まず、当社で開発した独自ツールを用いて分析調査を実施し、移行対象資産や移行期間を明確にし、適切な移行方針および新言語に対する移行方式の設計を行います。その後、当社独自のツール群を活用することにより、高効率機械変換を実現し、短期間でのオープン化移行を実施します。移行後は、お客さまにてご準備いただいたテストデータやツールなどを活用した確認テスト支援を実施します。

レガシーシステム再生ソリューション:オープン化移行支援
http://www.gp.hitachi.co.jp/solution/legacy/sol_migration.html?banner_id=nr-120710_04

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

■サービスメニュー2:「言語リニューアル」

「言語リニューアル」では、メインフレーム系、オープン系の言語および簡易言語で作成されたプログラムを、保守性・拡張性に優れたCOBOL言語やJava言語などに変換します。また、お客さまのニーズの高い、「Visual BasicからVisual Basic.NET」や「COBOLからJavaへの言語変換サービス」も行っています。

レガシーシステム再生ソリューション:言語リニューアル
http://www.gp.hitachi.co.jp/solution/legacy/sol_conversion.html?banner_id=nr-120710_05

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

■サービスメニュー3:「C/S系言語バージョンアップ支援」

「C/S系言語バージョンアップ支援」では、サポートが終了したWindows OSでの動作が前提となっている言語をバージョンアップし、新しいWindows OSでの動作が保証された言語のバージョンで稼動できるよう、既存業務システムを改修します。これにより、ウィルスなどの被害などに遭う確率を低減し、セキュアなシステムをサポートします。

レガシーシステム再生ソリューション:C/S系言語バージョンアップ支援
http://www.gp.hitachi.co.jp/solution/legacy/sol_versionup.html?banner_id=nr-120710_06

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

■サービスメニュー4:ポイントサービス

「ポイントサービス」では、お客さまの業務システムに関する個々のニーズに対応するため、豊富なサービスをご用意しています。現行システムのプログラムソースやデータベースなど、各種リソースの関連性をドキュメント化する「リドキュメントサービス」、共通データベースI/O作成やScript共通化など、専門性が高い作業を個別に対応する「マイグレーションポイントサービス」、既存システムのデータを新しいデータベースへ移行する「データ移行支援サービス」など、当社ソリューション技術を活用し、個別のニーズに対応します。

レガシーシステム再生ソリューション:ポイントサービス
http://www.gp.hitachi.co.jp/solution/legacy/sol_point.html?banner_id=nr-120710_07

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

■レガシーシステム再生ソリューション
http://www.gp.hitachi.co.jp/service/legacy/index.html?banner_id=nr-120710_02

■商標注記
本リリースに記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

■日立GPのWebサイト
http://www.gp.hitachi.co.jp/?banner_id=nr-120710_01

■会社概要
会社名:日立公共システムエンジニアリング株式会社(略称:日立GP ※)
資本金:3億円
従業員数:930人(2012年4月)
事業概要:
(1)業務システム開発を中心としたソリューション事業
(2)パッケージ・ソリューション事業
(3)レガシー・システム再生ソリューション事業
(4)インターネット総合サービス事業
(5)日立製品の販売事業
対象分野:中央省庁、自治体、準公共団体、年金基金、図書館、大学、研究所、民間企業
拠点:東京、名古屋、大阪、福岡、北京

※当社は、社名「Hitachi Government & Public Corporation System Engineering, Ltd.」(英語表記)より「日立GP」を略称としています。

※本リリースの内容は、発表日現在の情報です。
製品仕様は改良のため予告なく変更することがあります。

■ニュースリリースに関するお問い合わせ先
日立公共システムエンジニアリング株式会社 事業推進部 照屋/原
〒135-8633 東京都江東区東陽二丁目4番18号 電話:03-5632-1338
https://inquiry.hitachi-gp.co.jp/webapp/form/14196_aav_42/index.do

関連URL:http://www.gp.hitachi.co.jp/service/legacy/index.html?banner_id=nr-120710_02

このリリースについてのお問い合わせ

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。


  • レガシーシステム再生ソリューション レガシーシステム再生ソリューション



注目ワード
入社
異動
花見
入学
新社会人
母の日