株式会社アビタス


【11月25日開講!】日本で唯一、IFRS検定コース11月期、八重洲校で開講します!!



~IFRS検定試験対応。日本唯一の講座、IFRS検定コース。IFRSを学んでスキルアップを!~

企業ロゴ

企業ロゴ

 [1]今、なぜIFRSを学ぶのか?~IFRSに関する2つの誤解~
______________________________

【◆誤解1】
「どうせ日本がIFRSを導入するのはまだまだ先・・・」

2011年6月以降、IFRS導入に関する議論がスローダウンした一方、2012年に入り、IFRSの任意適用表明企業が増加しています。特に、ホンダやリコーなど、従来、米国基準(USGAAP)で財務情報を開示していた企業が目立ちます。

今後も、日米双方で上場している、グローバル企業の任意適用が進むことになるでしょう。当然、それらのIFRS任意適用には、同業他社も追従するでしょうし、日本企業全体のIFRS導入にも影響するのは、間違いありません。「IFRS導入はまだまだ先」ではなく、「気が付いたらどこもIFRSになっていた!」という現実が、すぐそばに迫っているのです。


【◆誤解2】
「日本基準とのコンバージェンスが進んでるから、簿記の勉強で大丈夫・・・」

日本基準とIFRSとでは、たとえ表面的な会計処理が似てきたとしても、そのコンセプトが大きく異なります。そのカギは、IFRSの「原則主義」です。

細則主義の日本基準では、とにかく、ルールに従って開示することだけが求められています。しかし原則主義のIFRSでは、企業は主体的に会計ポリシーを作成し、なぜ、このような開示をするのか、説明責任が求められるのです。つまり、日本基準とIFRSでは、「財務情報の開示」の意味そのものが異なる、ということであり、日本基準を学んでもIFRSにはならないということです。IFRSを身につけるには、ある程度時間をかけて、体系的に学ぶ必要があるのは否めません。

このように、IFRSは着実に広まっている一方、その学習にはある程度時間を割くことが必要です。人と同じタイミングでは、ビジネスパーソンとして立ち遅れてしまいます。日本基準と異なるコンセプトを身につけるためにも、【できるだけ早く】【体系的に】IFRSを学ぶべきでしょう。


[2]11月25日(日)八重洲校で開講~IFRSを学ぶなら、IFRS検定コース~
___________________________________

アビタスでは、2008年よりIFRS検定コースを開講。事業会社の経理財務部門の方をはじめ、監査法人、コンサルティングファームの専門家の方々まで、【2000人】を超える多くのビジネスパーソン
に活用いただいています。

IFRS検定コースの特徴は、以下のとおりです。

【◇特徴1】IFRS基準を網羅したカリキュラム
       ⇒付け焼刃ではない、IFRSの体系的な理解を促します。
【◇特徴2】日英両方の言語で学習可能なテキスト
       ⇒IFRSの情報収集に有益な会計英語を学べます。
【◇特徴3】IFRS検定試験に即応した問題集
       ⇒検定試験に挑戦することで、学んだ知識の定着を確認できます。

そして、【2012年11月25日(日)】には、アビタス八重洲校で、IFRS検定コース(11月期)が開講いたします。IFRS学習をはじめるには、今が絶好の時期です!!

≪◆IFRS検定コース11月期スケジュールはこちら!≫
http://www.abitus.co.jp/learning/qualification_ifrs/chair/day.php

IFRSを学ぶなら、IFRS検定コース。講座の詳細は、以下、授業見学やセミナー、資料請求でご確認ください。
 
《◆【お急ぎください!】10月27日、新宿校。IFRS検定コース無料授業見学会予約はこちら》
https://www.abitus.co.jp/learning/qualification_ifrs/contact/inspection.php

≪◆IFRS検定コースの内容を知りたい方は:無料セミナーご予約はこちら≫ https://www.abitus.co.jp/learning/qualification_ifrs/contact/seminar.php

≪◆IFRS情報盛りだくさんのパンフレットをお届け:無料資料請求はこちら≫
https://www.abitus.co.jp/learning/qualification_ifrs/contact/index.php


[3]学んだIFRS知識を「見える化」!!~IFRS検定試験でキャリアアップ~
___________________________________

書籍や各種セミナーで、せっかくIFRSを学んでも、その知識やスキルを客観的に証明できるツールは、ほとんどありません。そんな中、有効活用されているのが、ICAEW(イングランド・ウェールズ勅許会計士協会)が実施している、【IFRS検定試験】です。
 IFRS検定試験は、受験条件が無く、日本語で、だれでも受けられるハードルの低い試験である一方、累計の合格率が、約30~40%と、合格までにはある程度の学習が必要とされます。
 また、ICAEWが実施する試験であることから、日本国外においても、認知されている検定試験です。IFRS知識を客観的に証明できるツールとして、最適です。
 すでに、一部の大手コンサルティングファームでは、該当部署の所属コンサルタント全員にIFRS検定合格を義務付けたり、企業の採用段階でも一定水準のIFRS知識の証明とされたりするなど、広く活用されています。

≪IFRS検定でキャリアアップ!~経理部OLアイ子のIFRS検定奮闘記~≫
 http://www.abitus.co.jp/ifrs_aiko/ 

2009年12月試験から、日本全国で、合格者は累計でも【600人】に過ぎません。次回試験は、2012年12月の第13回です。

まだまだ間に合います。今、IFRS検定を取得しておくことで、IFRS対応のパイオニアを目指してみませんか?

≪第13回IFRS検定試験≫
 ・試験日時:2012年12月16日(日)
 ・試験申込期間:2012年10月29日(月)~12月2日(日)
 
*検定試験申込その他試験情報については、
IFRS検定試験WEBサイト(http://www.ifrs-kentei.com/)へ!!


◆株式会社アビタスについて
1995年設立。人材サービス事業(キャリアセンター:http://www.abitus.co.jp/career/)では、経理・財務部門、監査法人、コンサルティング会社に専門特化した正社員・派遣社員の紹介を実施。教育事業(ラーニングセンター:http://www.abitus.co.jp/learning/)では、米国公認会計士(USCPA)、IFRS検定コースをはじめ、公認内部監査人(CIA)や米国弁護士コースなど国際資格取得のサポートおよび企業研修サービスを行う。

■本件に関するお問合せ
株式会社アビタス ラーニングセンター
IFRSコース担当:坂本
TEL:03-3299-3330
E-mail:ifrs@abitus.co.jp
住所:〒151-0053 東京都渋谷区代々木2-1-1 新宿マインズタワー15階

関連URL:http://www.abitus.co.jp/ifrs/

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。


  • 企業ロゴ 企業ロゴ



注目ワード
ピンクリボン
文化祭
中間決算
紅葉
お歳暮
エコプロダクツ
クリスマスケーキ
忘年会
ランドセル