株式会社アビタス


Goalから見るIFRS対応セミナー『金融庁のプランによるIFRS導入への対応ポイントとIFRS開示の傾向と対策』~株式会社アビタス



12月7日(金)開催!IFRS開示について一緒に考えてみませんか?

株式会社アビタス

株式会社アビタス

2012年も残すところあとわずか。

本来であれば、本年中に導入方針が発表されるはずだった国内へのIFRS導入については、来年以降に結論が先送りされる見通しです。

また、仮に強制的適用となった場合も、「早くても2017年以降になるのでは?」とのことで、現在、IFRS導入対応の手を止めていらっしゃる実務担当者様も多いかと思います。

ただ一方で耳にするのは、「IFRSベースの財務諸表の提出は可能ですかと問われるのです。」との声です。
中国から東南アジアへの進出へシフトする企業様も増加する傾向にありますが、その取引の場面では必ずといって上記質問が返ってくるようです。

ところで、皆さまの多くは、IFRS導入対応は「大掛かりな取り組みだ」とお考えなのではないでしょうか。このことから、適用時期・適用範囲(対象となる企業群)も定まらない中、大掛かりな投資はできないとの判断から、プロジェクトを中断されている企業様も多いかと思います。

当然、IFRS導入対応は大掛かりな取り組みであることは間違いありませんが、もし、現状からの最小変更で達成できるようなアプローチ方法があるとすれば、皆さまどうされますでしょうか。

この度、株式会社アビタスでは、現状からの最小変更を目指して、
「今できることは何なのか?」を解説するセミナー『金融庁プランによるIFRS導入への対応ポイントとIFRS開示の傾向と対策』を開催することとなりましたので、以下、ご案内いたします。

------------------------------------------------------------
◆1)開催日
2012年12月7日(金)14時00分~17時00分

◆2)開催場所   

アビタス八重洲校
http://www.abitus.co.jp/corporate/corporate/branch_yaesu.php

◆3)内容   
------------------------------------------
≪第1部 14時00分~15時30分≫
------------------------------------------
セミナー:『金融庁プランによるIFRS導入への対応上のポイント~ギャップアジャストと開示対応~』

【詳細】
企業会計審議会の中間論点整理において、金融庁によるIFRS導入のグランドデザインが事実上開示されました。最大のポイントは「連単分離」による導入となる、という点でしょう。
この導入方式への対応方法は、海外市場上場の日本企業や海外企業の日本法人における対応が参考になります。ずばり、従来の業務と異なってくるのは「ギャップアジャスト」と「開示対応」の2点です。

本セミナーでは、
・金融庁によるグランドデザインの概要
・海外市場上場の日本企業、海外企業の日本法人における実務
・ギャップアジャストと開示対応の実務

について解説をしていきます。

【講師】最首克也(監査法人双研社/公認会計士)
【略歴】東京大学工学部(物理工学専攻)卒業。
監査法人双研社グループにて、監査メソドロジーの近代化SOX法等新制度への対応、IT監査グループの立ち上げに従事した後、現在は、IFRS、SSAE16/IASE3402監査への対応を行うとともに、大手銀行・証券・システムベンダー・情報サービス企業等で講演活動を行っている。

------------------------------------------
≪第2部 15時30分~17時00分≫
------------------------------------------
セミナー:『IFRS開示の傾向と対策~ 開示から攻めるアプローチのメリットと合わせて~』

【詳細】
日本へのIFRS導入時に対応のポイントとなってくるのは、「ギャップアジャスト」と「開示対応」の2点です。
第2部ではそのうち「開示対応」を取り上げ、いくつかの領域について「会計方針」と「注記情報の記述」についての具体的な検討プロセスを示します。実務上、確立された標準形が存在しないIFRSへの開示対応のポイントは、「ベンチマーク企業の決定」と「プロトタイプの早期作成」です。

また、開示対応を先行して取り組むことのメリットは、最終ゴールが明確になるのみならず、資料上でタスクのリストアップが可能になるため、その成果物自体が長期にわたるプロジェクト推進上の指針となるという点です。

同セッションでは、そのような効用のある開示成果物のプロトタイプを短時間で作成する「IFRS開示シミュレータ」の紹介もいたします。

解説:合同会社ケイ・ライブラリー(IFRS開示シミュレータ『これでばっちりIFRS開示2012』開発元)

※IFRS開示シミュレータ『これでばっちりIFRS開示2012』とは
精選された項目のインプットによって、IFRSベースの開示書類を自動作成し、アウトプットすることができるソフトウェア

◆4)対象
経理・財務部門の方々、IFRS導入プロジェクトに参画されている方々、その他、同セミナーに関心のある方

◆5)参加費
無料

◆6)お申し込み方法
申込書をダウンロード頂き、必要事項をご記入のうえ、FAXもしくはメール添付してご送付ください。(送付先は申込用紙に記載しております。

皆さまのご参加心よりお待ちしております。


☆株式会社アビタスについて
1995年設立。教育事業(ラーニングセンター: http://www.abitus.co.jp/learning/ )では、米国公認会計士(USCPA)、IFRS検定コースをはじめ、公認内部監査人(CIA)や米国弁護士コースなど会計・監査・法律分野に特化した国際資格取得のサポートおよび企業研修サービスを行う。人材サービス事業(キャリアセンター:http://www.abitus.co.jp/career/ )では、経理・財務部門、監査法人、コンサルティング会社に専門特化した正社員・派遣社員の紹介を実施。

☆本件に関するお問合せ
株式会社アビタス マーケティング部法人統括グループ
法人研修担当:伊達 
TEL:03-3299-3130
Email:date@abitus.co.jp
住所:〒151-0053 東京都渋谷区代々木2-1-1 新宿マインズタワー15階
営業時間:平日9:30~18:30

関連URL:http://www.abitus.co.jp/partner/

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。


  • IFRS開示を考える!! ~Goalから見るIFRS対応セミナー(お申込書) IFRS開示を考える!! ~Goalから見るIFRS対応セミナー(お申込書)
  • 株式会社アビタス 株式会社アビタス


このカテゴリーの関連ニュースリリース(告知・募集)


注目ワード
お歳暮
エコプロダクツ
クリスマスケーキ
クリスマス
大掃除
師走
バーゲンセール
冬休み
忘年会
年賀状