日本オラクル株式会社


日本オラクル、クラウド型タレントマネジメントの新製品「Oracle Taleo Cloud Service」を提供開始



~人材の採用、能力管理、育成や最適配置など企業戦略に合致した人材戦略を支援~

日本オラクル株式会社(本社:東京都港区北青山、代表執行役社長 最高経営責任者:遠藤 隆雄)は、クラウド型のタレントマネジメントの新製品「Oracle Taleo Cloud Service (オラクル・タレオ・クラウド・サービス)」を本日より国内提供開始することを発表します。

「Oracle Taleo Cloud Service」は、企業の重要な資産である人材の採用・育成・業績評価・キャリア開発・後任計画・最適配置などの業務を包括的に支援するアプリケーションです。クラウド型で提供することで迅速かつ低コストに導入することができます。

多くの日本企業において、新規事業への参入やグローバル事業展開が進み、優秀な人材の獲得、事業を推進するリーダーの育成が求められています。そのため企業では、人材情報を可視化し、人材戦略上の意思決定に役立てたいというニーズが高まっています。「Oracle Taleo Cloud Service」はこのような企業のニーズに対応し、企業の成長を強力にサポートいたします。

「Oracle Taleo Cloud Service」を導入することで、企業は全社員の能力や経験、キャリアプランなどを把握し、人材の最適配置、戦略に合致した人材育成計画の立案・実行をし、さらに優秀な人材の獲得、採用にかかる時間とコストの削減を実現することが可能です。このたび、提供開始する最新版「Oracle Taleo Cloud Service」では、主にソーシャル対応、ユーザー・エクスペリエンスの向上、ファセットサーチ*による直観的な人材検索,タブレット端末対応などの機能が強化されています。

*ファセットサーチ:情報を検索する際、ユーザが項目やデータを整理・指定する必要がなく、システムがあらかじめ使いやすいだろう検索条件を自動的に用意するもの。これにより項目やデータの構造やありかを知らなくてもコンテンツを選んだり絞り込んだりするだけで目的の情報を得ることができる。


日本オラクルは、M&Aなどにより積極的に海外で事業展開するグローバル企業や、多種多様な人材を必要とし積極的な採用を必要とする企業、従業員が事業の差別化要素であり人材流動性の高いサービス企業などに提案していきます。また、日本オラクルでは、従来のITパートナーに加え、人材コンサルティング会社やリクルーティング会社とも連携し、ビジネスを推進していきます。

●「Taleo」概要:
http://www.oracle.com/jp/products/applications/taleo/overview/index.html

●オラクルについて
オラクルは、クラウド環境と皆様のデータセンターの両方においてハードウェアとソフトウェアが連携して稼働するよう設計します。オラクル(NASDAQ:ORCL)に関するより詳細な情報については、http://www.oracle.comをご覧ください。

■本件に関するお問い合わせ先
日本オラクル株式会社 広報室 石川
Tel: 03-6834-4837 / Fax: 03-6834-6129/ E-mail: pr-room_jp@oracle.com
プレスルーム http://www.oracle.com/jp/corporate/press/

* OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。
*文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。本文書は情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。

関連URL:http://www.oracle.com

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。


カテゴリー
製品新製品
業種
ITその他IT



注目ワード
スキー
ひな祭り
ホワイトデー
卒業
東日本大震災