サイバーエリアリサーチ株式会社


話題のBtoBマーケティングを無料で試せるチャンス!



Webサイトでの機会損失を見逃さない、企業アクセス分析とは?

法人企業向けのビジネスを行っている企業で、バズワードとなっているBtoBマーケティング。特にWebサイトを使った新たなマーケティング活動に注目が集まっています。
そもそもマーケティング活動には、マーケティングの4Pと呼ばれる「製品、価格、流通、プロモーション」の構成要素があり、これらを一連の流れとして捉え、戦略化を計り販売強化につなげていくことが目的とされます。しかし、この前段階で標的となる市場の選定を失敗すると、マーケティング活動そのものも成功が難しくなります。つまりターゲットの絞り込みがマーケティング施策を実践する上で、重要なポイントとなるということです。

■Webサイトを使ったマーケティング活動に異変?
BtoCのWebサイトの場合、コンテンツに工夫を凝らし、ソーシャルメディアとの連携で、潜在顧客とのコミュニケーションを促す活動が行われていますが、BtoBのWebサイトではここ数年の間、どのような変化が起こっているのでしょうか?最も大きな変化として、Webサイトのアクセス解析を通じて顧客の行動を把握する手法が盛んになっていることが挙げられます。潜在顧客、既存顧客、ライバル企業となりうる同業他社など、様々な理由でWebサイトに足跡を残す企業アクセスがあります。それらを単なるユニークユーザとしてではなく、企業名を特定してその動向を見極めることが最新のアクセス解析ツールでは可能になっています。

■Webサイトを訪れた企業名が分かれば、ターゲットの見極めができる
企業名を解析結果に表示させるには、高機能なアクセス解析ツールの導入が必ずしも必要ではありません。Google社が無料で提供しているアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」でも、カスタマイズすることによってサイトに訪れた企業名を表示させることができます。弊社のIP Geolocationデータベースを搭載した「どこどこJP」と組み合わせることで、月々1万円から企業アクセス分析を行うことができます。

■導入後のお客様の声
• 見込みのありそうなアクセスをしている企業様がいたので、営業に訪問を促したところ何と受注することが出来ました。
• 効果的なリードを獲得するのに必要な情報が欲しかったのですが、検索キーワードと企業を紐付ける事で見極めが簡単になりました。
• 月々たったの1万円でGoogleアナリティクスが別物になりました。
GoogleアナリティクスとどこどこJPの組み合わせを導入されているBtoBサイトは、現在約130サイト程ですが、成約率33倍アップ、訪問率14倍アップなど、ハウスリストを使ったテレマや飛び込みでの営業など従来行っていた法人営業の手法と比較すると、どのようなWebサイトでもターゲットを絞り込むフェーズでの効果が期待できます。

弊社どこどこJPのサービスは、現在最大1ケ月間無料でご利用いただけます。「Webサイトにどのような企業が訪れているか?」を解析結果に反映できる効果をぜひお試しください。

・どこどこJP
http://www.docodoco.jp/analytics/index.html?utm_source=n&utm_medium=p&utm_campaign=n2u


■ お問合せ先
サイバーエリアリサーチ株式会社 http://www.arearesearch.co.jp/
どこどこJP製品サイト http://www.docodoco.jp/

本リリースに関するお問合せ:サイバーエリアリサーチ株式会社 第一事業部 055-991-5544
※リンク先は本件掲載時点の情報であり、予告なく変更になる場合がございます。

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。




注目ワード
卒業
東日本大震災
入社
異動
花見
入学
新社会人