サイバーエリアリサーチ株式会社


ターゲットユーザはどこにいる?“地域”をキーとした新しいWeb戦略



“地域”をキーワードとしたWeb活用。本当に届けたいターゲットに情報を伝えます

「地域」という軸でWebサイトを分析。

「地域」という軸でWebサイトを分析。

「日本全国の人にメッセージを届けるため、全国的な知名度を上げたい。」「ターゲットはあくまで特定の地域の人。その人たちの声を尊重したい」
一見正反対に見えるこの2つのニーズ。
解決のポイントは“地域”をキーとしたWeb戦略でした。


■正反対のニーズ、キーワードは“地域”

「全国的な知名度を上げたい」とは、あるキャンペーンサイトのご担当者さまの声でした。全国に広くメッセージを届けたいが、実情としてブランドの浸透度はバラバラ。これを解決するべくさまざまなキャンペーンを立案していました。
では、キャンペーンは狙った通りの効果を出すことができたのか?キャンペーン後、全国にどう波及したのか気になるところです。

一方、「地域の人の声を尊重したい」と、ある地方自治体のWebサイトご担当者さま。市役所のWebサイトは、なによりもまず地域住民にとって使いやすいものでなくてはならない。そう考えれば考えるほどに、「地域の人の声をどうやって集めるか?」という課題に直面することになったのです。

ゴールこそ異なりますが、課題はどちらも“地域”という軸での調査。
従来の調査法では、特定の住所に絞ったアンケート調査や実地調査で調べるしかありませんでした。



■“地域”という軸でWebを見る

ここで弊社が提供したのが“地域分析”というアクセス解析機能です。
会社設立当初から14年にわたる地道な調査で、WebサイトにアクセスしたユーザのIPアドレスから地域を分析する技術を持つ弊社。
他社の提供するサービスに比べ大幅に精度の高い弊社の地域分析機能で、都道府県・市町村単位でアクセスを分析。地域ごとのアクセス状況を可視化することに成功しました。



■PCからのアクセスユーザと“地域”という軸

地域情報は携帯端末のGPS機能などを使って取得されることもあります。では、PCからアクセスしているユーザの地域情報と、携帯端末からアクセスしているユーザの地域情報には、どのような違いがみられるのでしょうか。
携帯端末からのアクセスでは、ユーザが「移動中」である可能性が高いです。一方、PCからのアクセスは自宅や勤務先などの「固定された」場所からのアクセスであると考えられます。
また、携帯端末に比べPCユーザは「情報をじっくり探す、調べる」という目的でWebサイトにアクセスしていることが考えられます。例えば、進学・就職などの一生を左右する出来事、お金のかかる事柄について検討・選択する場合を考えてみましょう。携帯端末による情報収集だけですべてを決定するということは考えにくく、必ずPCからじっくりと情報を収集・吟味する時間があると考えるのが自然です。
“生活に密着した”情報提供、“重要な・大きな出来事”に関する情報提供には、PCからのアクセスこそが重視すべき指標であるということです。
PCからのアクセスを“地域”という軸で分析するときには、IPアドレスをベースとした地域分析が欠かせません。


本当にターゲットとしているユーザがどこにいるのか。これを意識してWeb戦略を組み立てる際、“地域”は外すことのできない要素となります。「この人たちに届けたい!」という思いを実現するために、弊社の“地域分析”を活用してみてはいかがでしょうか?



《らくらくログ解析の「地域分析」》
http://www.rakulog.com/about/area-analyze.html?utm_source=n&utm_medium=p&utm_campaign=n2u



■お問い合わせ先
  サイバーエリアリサーチ株式会社 http://www.arearesearch.co.jp/
  【らくらくログ解析】製品サイト http://www.rakulog.com/
  
本リリースに関するお問い合わせ サイバーエリアリサーチ株式会社 第二事業部 055-991-5544

※リンク先は本件掲載時点の情報であり、予告なく変更になる場合がございます。

関連URL:http://www.rakulog.com/about/area-analyze.html?utm_source=n&utm_medium=p&utm_campaign=n2u

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。


  • 「地域」という軸でWebサイトを分析。 「地域」という軸でWebサイトを分析。



注目ワード
入社
異動
花見
入学
新社会人
母の日