ドットコモディティ株式会社


「金相場が33年ぶりの高値から急転直下の大暴落に!」【ドットコモディティ】



(4/15更新)
おはようございます。

金相場が大暴落している。ドル建ての国際的な金価格が大きく下落する展開となっているため、円建ての国内金価格も大きく下げている。

為替が円安に振れているため、最近までの国内の金価格は上昇に次ぐ上昇となり、つい先週の4月10日の日経新聞には一面に「金価格33年ぶりの高値」という見出しの記事が踊ったばかりだというのに、舌の根が乾かぬうちに、金相場は大きく下げる場面に陥っている。

アベノミックスに始まった金融緩和・量的緩和の流れが黒田・新日銀総裁に受け継がれ、大胆な緩和策が打ち出されたことで円相場は大きく下落して1ドル100円を抜けそうな雲行きである。この円安に支えられた金相場は、11日に東京商品取引所の東京先限が1グラム5078円まで上昇。今年2月の高値を抜くことはできなかったが、上場来2番目の高値をつけた。田中貴金属が発表している金小売価格は諸費税込みで1グラム5338円をつけ33年ぶりの高値に達した。参考までに、金地金としての過去最高値は1980年1月に記録している6495円である。

その金価格が、わずか3日間で、最大、328円も下げた。先週末12日の東京商品取引所の夜間取引では全限が200円を超える暴落となったのである。ドル建て金が顕著に下げたところに円高が重なったことが原因。この下げで4月に入ってからの上げ幅が失われ、更に一段下げとなる懸念が誘われている。

既に、国際指標のドル建てNY金については、既に昨年10月から下げ続けている。この昨年10月に一時1798.1ドルまで上昇していたのだが、この高値を天井として大勢下げトレンドへと暗転し、12日には指標限月である6月限か前日比63.5ドル下げとなり1501.4ドルまで暴落するとともに、一時1491.4ドルまで後退した。この動きで高値からは306.7ドル下げで、この間、300ドル以上もの急落である。

先行きに対する見通しは、当然、悲観的なのであるが、事実、大手投資銀行は一斉に弱気見通しを示している。予想に定評のあるゴールドマンサックスは、今月10日に金相場の見通しを引き下げた。米景気回復の勢いが増し、金相場サイクルの転換が加速していると指摘。金相場の3カ月間の見通しを1530ドル、6カ月見通しを1490ドル、1年間の見通しを1390ドルと、それぞれ弱気に修正した。

更に加えて、ソシエテ・ジェネラルは今月2日のリポートで、金相場はバブルの領域に入っていると指摘。弱気な見解を示した。ドイツ銀行も2日、ドル相場の上昇と安全資産としての買いの減少を理由に今年の金相場見通しを12%引き下げている。更に、国際投資家として名高いジョージソロス氏も金投資について警鐘を鳴らしており、しばらく金相場に対する楽観的な見方が後退しそうである。
・トーキョートレーダーズタイムズ代表取締役 小針秀夫

(※)オンラインの商品マーケット解説番組「コモディティ・オンラインTV」は、毎日、お昼12:30から放映しています。http://commodityonlinetv.com/
============================================================
1) 本レポートは、ドットコモディティ株式会社が信頼出来ると判断した情報源から入手した情報に基づいて作成しておりますが、レポートに記載されている情報が正確であるとの保証は致しかねます。情報に関し不完全な場合もございます。本レポートに記載する価格、数値等は、過去の実績値、概算値、もしくは将来の予測値であり、実際の数値とは異なる場合があります。本レポートは将来の結果をお約束するものではございません。また本レポートに記載されている情報をいかなる目的で仕様される場合におきましても、お客様の判断と責任において使用されるものであり、本レポートにある情報の使用による結果についてドットコモディティ株式会社が責任を負うものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。
2) 本レポートに記載されている内容の著作権は、原則ドットコモディティ株式会社に帰属いたします。本レポートにおいて提供されている情報に関してドットコモディティ株式会社の承諾を得ずに当該情報の複製、販売、配布、公表、修正、頒布または営利目的での利用を行う権利を有しません。

商号 : ドットコモディティ株式会社(http://www.commodity.co.jp/
金融商品仲介業者 関東財務局長(金仲)第594号
商品先物取引業者 農林水産省令22総合第1351号/経済産業省平成22 12 22商第6号
所在地: 東京都渋谷区恵比寿1-21-8 セラ51 ビル6F
資本金: 18 億9,999 万円
設立 : 2004年12月1日
加入協会: 日本商品先物取引協会
※当社の企業情報は当社および日本商品先物取引協会のホームページで開示されています。

お取引に関する相談等は
《 ドットコモディティ株式会社カスタマーサービスセンター 》
電話:0120-117-211(8:00~翌4:00土日祝を除く) E-Mail:customer@commodity.co.jp
《 日本商品先物取引協会 相談センター 》
電話:03-3664-6243(月曜~金曜(祝日を除く)9:00~17:00)
〒103-0016 東京都中央区日本橋小網町9-4
※金融商品仲介業に係る紛争等に関しては、「特定非営利活動法人証券・金融商品あっせん相談センター 」となります。

このリリースについてのお問い合わせ

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。




トレンドワード
卒業
東日本大震災
入社
異動
花見
入学
新社会人