株式会社環


アクセス解析ツール「シビラ」に「キャンペーン効果測定機能」を実装。キャンペーン別のユーザ経路解析機能もわかる



「カスタムキャンペーン」別にPV数やセッション数を計算出来る他、ユーザ経路解析機能と連動し、キャンペーン毎のユーザの分析がより詳細に出来るようになりました。

株式会社 環(本社:東京都新宿区、代表取締役:江尻俊章、以下 環)はアクセス解析ツール「シビラ」に「キャンペーン効果測定機能」を4月16日より実装いたしました。

アクセス解析ツール「シビラ」は、サイト運営者にとって簡単に役立つ情報を提供することを主眼に、2004年よりアクセス解析ツールとしてサービスを運営しています。

この度、様々なプロモーション施策の効果をセグメントして分析したり、より細かなユーザ経路解析を実施するために、「キャンペーン効果測定機能」機能を実装いたしました。

ウェブマーケティングはここ数年で手法が多くなり複雑化しました。リスティング広告等のウェブ広告、アプリやメールマガジン等による広告など様々な広告手法を用いてプロモーションを実施する企業が増えています。各企業は多様な手法を利用するだけではなく、その利用する媒体も多くなり、掲載するコンテンツ・キャッチコピーも仮説を立てて様々なタイプで実施することが増えています。

このようなプロモーションの効果検証をするために、Google Analytics等のアクセス解析ツールにおいて、「カスタムキャンペーン」を設定することが増えています。カスタムキャンペーンには「媒体の種類」「広告手法の種類」「訴求する商品やテーマ」等を組み合わせて、パラメータを設定し、その効果を測定しやすくしています。

しかし、このカスタムキャンペーンの活用が増えると、どのような組み合わせが効果的なのか、その効果的であった理由の追及等の必要性が高まりますが、それは容易ではありませんでした。

そこで、シビラでは、このカスタムキャンペーン毎にコンバージョン数等の指標を取得可能な機能を実装しました。カスタムキャンペーンには5つのタイプがありますが、それら単独もしくは組み合わせにより、どのような要素が効果的かを画面操作のみで検証できるようになります。

また、集計された数字だけではなく、その要因を分析するためには、その成功要因で絞り込んだミクロ分析が必要です。そのため、シビラでは、その要因毎に絞り込んで、ユーザの経路を解析する機能を実装いたしました。カスタムキャンペーン別のユーザ経路解析が可能になります。

これらにより下記のような解析が可能になります。

(例)Google のCPC広告で、商品のスペックを訴求する広告が効果的であったが、その原因は「商品のスペック」が主な要因であった。その「商品のスペック」で訴求された広告から訪れたユーザは、ランディングページを確認後、Aパターンでのページ遷移での行動が多く、効果を高めた要因でもある。

これまでもシビラには、間接効果測定機能やSEO効果測定機能、リスティング広告効果測定機能がありましたが、今回の新機能は違う角度からの効果測定が可能になります。また、ユーザ別経路解析機能もこれまではコンバージョン別や組織名別等の切り口で解析が可能でしたが、今回の新機能でキャンペーン別にユーザ別経路解析が可能になりました。


本機能の詳細については、下記ページをご覧ください。
http://www.sibulla.com/version_up/campaign_analytics/?utm_source=2u&utm_medium=release&utm_campaign=custom

シビラに関するお問い合わせは下記までお願いいたします。
株式会社環 シビラサポート担当
電話:03-5358-4134 Eメール:support@sibulla.com
http://www.sibulla.com/?utm_source=2u&utm_medium=release&utm_campaign=custom

株式会社環について
2000年に有限会社環として創業、その後株式会社に組織変更
2001年に発売した「アクセス刑事」、2004年に発売した「シビラ」などアクセス解析のツールの開発・運営の他、ウェブ解析コンサルティングやウェブ解析に関するセミナーを展開。
一般社団法人ウェブ解析士協会の事務局を務める。
代表の江尻俊章は「繁盛するWebの秘訣「ウェブ解析入門」(技術評論社)」など書籍の執筆や講演の実績が豊富。
http://www.kan-net.com/?utm_source=2u&utm_medium=release&utm_campaign=custom

シビラについて
2004年より環が運営するアクセス解析サービス(ASP型)利用者にとって使いやすくわかりやすいアクセス解析ツールとして、月額最低価格6,300円(税込)という安価な価格で提供しています。

ユーザ別の経路解析機能やアドバイス機能、SEO効果測定機能や組織名分析等に特徴があります。

無料試用期間が30日間あり、タグの設置や、コンバージョンページの設定等が容易であり、導入しやすいアクセス解析ツールとして提供しています。

詳細や試用申込については、下記よりお願いいたします。
http://www.sibulla.com/?utm_source=2u&utm_medium=release&utm_campaign=custom



●カスタムキャンペーンとは、ウェブサイトへの流入元について、その特徴毎に流入数や効果を測定するための手法になります。

Google Analyticsで基本設定されているカスタムキャンペーンのパラメータには下記の5つがあります。
utm_source 広告主やその媒体の名前を表します。
utm_medium 広告媒体の種別を表します。例えば、CPC広告やバナー広告、メルマガ広告等です。
utm_campaign 広告において訴求した内容を表現します。例えば、「安さを訴求」「サポート体制を訴求」等です。
utm_term 検索エンジンからの流入において、そこで利用された検索フレーズ(ユーザが検索窓に入力した情報)を指します。
utm_content 同じ広告内で違いを表したい場合に利用します。例えば、同じ広告メール内に複数個所に同じリンクを設置した場合、このパラメータを変えることで、その違いを表現します。

●パラメータとは、ウェブページのURLの末尾に、設定する引数を表します。
 例えば、「http://www.sibulla.com/?newsrelease」のように「?」後ろに値を入れます。
 このことにより、ユーザが同じページを閲覧していても、そのページを訪れたきっかけを知ることが出来るようになります。
 (この例だと、ニュースリリースを見て訪れたことがわかります。)

●ユーザ別経路解析とは、ウェブサイトを訪れた個々のユーザ毎に、その経路を追跡する機能です。
 例えば、2013年4月7日18:15にAというページを訪れたユーザは、3回目の訪問で、訪問のきっかけは検索エンジンでBという検索フレーズで流入し、Aページを15秒、Cページを23秒、Dページを10秒閲覧し、Eページを最後に離脱したという情報がわかります。

 この機能により、個々のユーザの「気持ち」を考えることで、ユーザのプロファイリングや新商品の開発、ウェブサイトの改善のヒントを得ることが出来ます。

関連URL:http://www.sibulla.com/?utm_source=2u&utm_medium=release&utm_campaign=custom

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。




注目ワード
ボーナス
お歳暮
エコプロダクツ
クリスマスケーキ
クリスマス
大掃除
師走
バーゲンセール
冬休み
忘年会