学校法人近畿大学


5/5(日)はびきの市民フェスティバルにて、 バイオコークスを実演製造



バイオコークス研究所(北海道恵庭市、所長:宇田宏)は、2013年5月5日(日)に大阪府羽曳野市の峰塚公園、LICはびきので行われる「第38回はびきの市民フェスティバル」にて、バイオコークスの実演製造を行います。

バイオコークスとは、木くずや茶かすなどのあらゆる植物性廃棄物から製造可能で、金属溶解やごみ溶融等に使われる石炭コークスの代替となる、新しい固形燃料です。植物由来の原料を使用するため、利用時のCO2排出量はゼロカウント(カーボンフリー)とされています。本学では、2012年12月1日に、「近畿大学バイオコークス研究所」を開設し、恵庭市施設を同研究所の地域拠点と位置づけ、さらに研究開発を進めております。また、同年12月には、近畿大学、(株)豊田自動織機、(株)ナニワ炉機研究所、大阪府森林組合が平成24年度地球温暖化防止活動環境大臣賞を共同受賞しました。

はびきの市民フェスティバルでは、環境とふれあいのゾーンで、近畿大学バイオコークス研究所の冨田義弘講師が実際にバイオコークスを製造し、燃焼させる過程を見学していただくことができます。当日の実施概要は、下記をご覧ください。


「はびきの市民フェスティバル バイオコークス実演製造」概要


■日時:2013年5月5日(日)9:00~16:00
■場所:峰塚公園、LICはびきの       
   (大阪府羽曳野市軽里2丁目、近鉄南大阪線「古市」駅から西へ約1000m)
■実演担当:近畿大学バイオコークス研究所 冨田義弘講師
■実演スケジュール:1回目10:00~/2回目12:00~/3回目14:00~
■お問合せ:近畿大学広報部
      TEL(06)4307-3007 E-mail :koho@kindai.ac.jp


【バイオコークスとは】

◆バイオコークスは、飲料工場から大量に排出・廃棄される「茶かす」をはじめ、ほぼ全ての光合成由来バイオマスから製造可能で、製鉄・鋳造炉で燃料として使われる石炭コークスの代替となる、新しい固形燃料です。石炭コークスの課題である化石燃料依存(=天然資源枯渇)や輸入価格変動のリスクを解決する、まったく新しい国産エネルギーとして期待を集めています。近畿大学理工学部の井田民男准教授が開発しました。

◆バイオコークスには、(1)原料の100%を活用できる(製造時に新たな廃棄物が出ない=ゼロ・エミッション) (2)石炭コークスよりCO2排出量を削減できる(植物由来のため排出量はゼロカウント) (3)食糧や飼料を原料として消費せずに済む(ほぼすべての植物由来廃棄物が原料になる)――という利点があります。また、石炭コークスの代替だけでなく、家庭用燃料を含む、さまざまな用途に活用できる可能性が高いとみられています。

関連URL:http://www.kindai.ac.jp/topics/2013/04/55.html

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。




注目ワード
バーゲンセール
梅雨
海の日
海水浴