サイバーエリアリサーチ株式会社


地元候補者をWebサイトに表示 地域に合わせた情報発信でWebサイトをもっと魅力的に~どこどこJP~



エリアターゲティングで地域ごとに最適な選挙情報を発信

エリアターゲティングで地域ごとに最適な選挙情報を発信

サイバーエリアリサーチ株式会社は、選挙関連Webサイトの地域最適化・組織最適化を実現するIP Geolocation & IP Intelligence API どこどこJPを提供いたします。


■アクセスユーザの地域に即した情報を表示

インターネット選挙の解禁に伴い、インターネットは情報発信のプラットフォーム・有権者とのコミュニケーションツールとなりました。特に各党・各候補者のWebサイトには、政策や政治活動に関する情報発信を通じて、アクセスした有権者ひとりひとりとコミュニケーションを取るという重要な役割が課せられています。

「有権者」と一口に言っても、さまざまな環境や立場ごとに、必要とされる情報は異なるのではないでしょうか。
例えば、東京都に住むビジネスマンと北陸地方で暮らす高齢者の双方に同じ情報を発信するのは意味のあることなのでしょうか?Webサイトは街頭演説とは違い、全世界からあらゆる人が閲覧できる媒体です。反面、だれに対しても同じ情報を発信してしまい、届けるべき情報が届いてほしい人に届かないということが起こるのも事実です。

ここで注目されているのが、アクセスユーザの居住地域情報を活用した「エリアターゲティング」技術です。


■地域ごとに立候補者情報を表示。選挙を「自分ごと」にするエリアターゲティング

政党のWebサイトについて考えてみましょう。政策・公約について知るためにアクセスされるのは当然ですが、選挙が近づくにつれ、各選挙区の立候補者それぞれの情報を調べるためにWebサイトを訪れるユーザが増えることでしょう。
ここで「エリアターゲティング」の出番です。アクセスユーザのIPアドレスから居住地域を判定し、地域ごとに各選挙区の立候補者情報を表示させることができます。アクセスユーザは、Webサイト内を探し回ることなく、自分が投票する選挙区の立候補者や、居住地の近辺で開催されるイベントなどの情報を得ることが可能です。
インターネットの利用に不慣れなユーザにとって、小さな字が並ぶメニュー形式や階層構造の複雑なWebサイトは利用しにくいものですが、エリアターゲティング技術を利用することで、ユーザビリティを大きく向上させることが可能です。さらに、地元の情報が取り上げられていることによる親近感の形成や、親しみやすさの喚起効果も見込めます。


■事例:地域情報の提供で地域ユーザの不満を払拭!

「エリアターゲティング」によって親しみの持てるWebサイトを実現するとともにWebサイトの離脱率を大きく改善した事例をご紹介します。

クラブツーリズム様は、シニア層をターゲットとしたパッケージツアー販売サイトを運営しています。魅力的な商品が豊富に揃っている一方、たくさんある商品の中から商品を選びきれず離脱してしまうユーザをどう減らすかが課題でした。
そこで注目したのが「出発地」です。一般的に、旅行の出発地は居住地の近くを選択します。旅行の販売サイトに、ユーザのアクセス元に出発地が近い旅行商品を表示する仕組みを導入したところ、大幅に離脱率を改善することができました。

従来はTOPページには東京発のツアー情報が表示されており、東京以外の地域からアクセスしたユーザには「出発地を入力して、検索をして…」という手間が発生していました。インターネットに不慣れなユーザにはこのプロセスが障害となり、豊富なコンテンツが用意されているにも関わらず、それらにたどり着けずに離脱してしまうのです。

ここで、エリアターゲティングによって最寄りの出発地を自動表示する仕組みを導入。中部・関西などで直帰率が半減するなど、アクセス状況を大幅に改善することができました。
「東京だけでなく、地方にもきちんと目を向けてくれている」「自分の住む地域の情報を届けてもらえる」という安心感や期待感をユーザに与え、より親しみやすく好感のもてるWebサイトが実現したと言えます。

《クライアントインタビュー・詳しくはこちら》
http://www.arearesearch.co.jp/carnavi/carnavi_22.html


■地域情報・企業情報を日次で修正・更新。高精度のターゲティングを実現する品質管理「DFLS」

IPアドレスは日々流動的に変化するもの。そのため、データベース作成後にも継続した調査・更新が必要となります。弊社は会社設立当時から今に至るまで一貫してIPアドレス調査を継続し、現在設立14年を迎えます。
「ネットトレーサー」と呼ばれる専任のIPアドレス情報調査員が調査・反映を行う「DFLS(Daily Freedback Loop System)」によって、変化するIPアドレス情報に対応し、データベース精度の維持・向上に務めています。

ネット選挙解禁に伴い、ますます重要となってくるWebサイトのユーザビリティ。エリアターゲティング技術によって、選挙活動を考えるうえで欠かせない「地域」をキーワードに、親しみやすく使いやすいWebサイトを実現しませんか?

《IP Geolocation & IP Intelligence API どこどこJP》
http://www.docodoco.jp/index.html?utm_source=n&utm_medium=p&utm_campaign=n2u


■ お問合せ先
サイバーエリアリサーチ株式会社 http://www.arearesearch.co.jp/
どこどこJP製品サイト http://www.docodoco.jp/

本リリースに関するお問合せ:
サイバーエリアリサーチ株式会社 第一事業部 055-991-5544

関連URL:http://www.docodoco.jp/index.html?utm_source=n&utm_medium=p&utm_campaign=n2u

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。


  • エリアターゲティングで地域ごとに最適な選挙情報を発信 エリアターゲティングで地域ごとに最適な選挙情報を発信


このカテゴリーの関連ニュースリリース(サービス、製品、技術・開発)


注目ワード
スキー
ひな祭り
ホワイトデー
東日本大震災