株式会社グローバルインフォメーション


蛍光灯の廃止で爆発的な成長が見込まれる世界の直管型LEDランプ市場



株式会社グローバル インフォメーションは、米国の市場調査会社ElectroniCastが発行した報告書「General Lighting LED Tube Lamps Global Market Forecast 2012-2022 (世界の一般照明用LED管形ランプ市場予測)」の販売を開始しました。

金額ベースでみた直管型LEDランプの消費量は2012年、1億9400万ドルに上りました。ElectroniCast Consultantsの報告書によると、今後の年平均成長率は23%(2012~17年)、34.2%(2017~22年)が予想されており、2022年の消費量は23億7000万ドルに達すると見込まれます。

市場シェアにおいては向こう数年間、アメリカ地域が主導的立場を維持するとみられます。しかし、その後は再び、アジア太平洋地域(APAC)が再びその立場を取り戻す見通しです。一方、欧州・中東・アフリカ地域(EMEA)はこれら2地域に比べ、直管型LEDランプへの切り替えが遅いペースで進むと予想されていますが、いずれは最も高い成長速度をみせるようになると予想されます。

ElectroniCast ConsultantsのLED関連部門の主席アナリスト、Stephen Montgomery氏は、「白熱ランプに比べ、半導体ランプ(SSL)は低温の可視光を発する。さらに半導体の特徴として、衝撃や振動により強く、耐久性があり、寿命が大幅に長い。つまり、維持管理費や労働費が抑えられる」と説明しています。

「半導体」とは、LEDの光は個体から発せられているということを意味します。真空管やガス放電管を使う従来の白熱電球や蛍光灯とは異なり、動くもの、あるいは絶縁や破裂、粉砕、漏れ、環境を汚染し得る物質を含まない、「半導体のブロック」から光が発せられるのです。

2022年まで、商業および工業分野における一般照明用の電球市場では、直管型LEDランプが現状どおりの大幅なシェアを維持すると見込まれます。直管型LEDランプの世界的な消費量については、各国政府が統制する一般照明分野において、大幅な成長が予想されています。

市場調査レポート: 世界の一般照明用LED管形ランプ市場予測
General Lighting LED Tube Lamps Global Market Forecast 2012-2022
http://www.gii.co.jp/report/el270634-general-lighting-led-tube-lamps-global-market.html
出版日: 2013年05月15日
発行: ElectroniCast

【本件に関するお問合せは下記まで】
株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:http://www.gii.co.jp/topics/EL05_jp.shtml
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F

関連URL:http://www.gii.co.jp/report/el270634-general-lighting-led-tube-lamps-global-market.html

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。




注目ワード
センター試験
ランドセル
決算発表
バレンタインデー
スキー