サイバーエリアリサーチ株式会社


2分でわかる! IP Intelligence技術によるセキュリティ対策



IP Intelligence技術で実現するセキュリティ対策を動画で解説!

サイバーエリアリサーチ株式会社は、IP Geolocatioin技術によって実現できるセキュリティ対策を紹介する動画を公開いたしました。
IPアドレスから導き出せる情報によって不審なアカウントの開設や不審なログインを検知する方法をご紹介します。


《IP Intelligemce技術で実現するセキュリティ対策》
http://www.youtube.com/watch?v=istqz2spmMs&feature=share&list=PLPkVj3PT6UsdQih8C2y4kSzm3pBwFsEul

■オンラインサービスでの不審なアカウント開設を検知し、不正なサービス利用を防止する

http://www.youtube.com/watch?v=istqz2spmMs&feature=share&list=PLPkVj3PT6UsdQih8C2y4kSzm3pBwFsEul

アカウント開設時にIPアドレスとIPアドレスから導きだされる情報を記録し、入力情報とIPアドレスからわかる情報の間に乖離があるアカウントを発見することができます。例えば、IPアドレスが中国のものであるのにも関わらず住所入力欄に「東京」と入力しているものを発見するといったことが可能になります。
【活用例】
・日本国外からのアクセスや利用を認めていないサービスに対して、国内に住んでいると偽って登録しようとしたユーザを発見する。
・不正利用目的でアカウントを開設するために虚偽の住所を入力したユーザを発見する


■プロキシサーバを経由した不審なアクセスを検知する

http://www.youtube.com/watch?v=fH8VOlKCNlk&feature=share&list=PLPkVj3PT6UsdQih8C2y4kSzm3pBwFsEul

匿名プロキシサーバを経由しアクセス元を隠そうとしている不審なアクセスを防止します。
アングラ系サイト等から収集したプロキシサーバのIPアドレスを自社調査し、直近一ヶ月でプロキシとして利用されたIPアドレスに対し、「プロキシサーバである」という値を返します。
【活用例】
・特定の国や地域内からのアクセスのみ許可するサービスに対して、許可された地域内のプロキシサーバを経由し配信制御を回避しようとするアクセスを発見する
・不正アクセスや不正利用のために、アクセス元を隠匿しようとするアクセスを発見する


■なりすましの疑われるアクセスを発見し、なりすまし利用を防止する

http://www.youtube.com/watch?v=WTYCtoQAm7Y&feature=share&list=PLPkVj3PT6UsdQih8C2y4kSzm3pBwFsEul

ふだんのアクセス環境をあらかじめ記録し、アクセス環境が大きく異なるアクセスがあった場合、それを検知します。IPアドレスから導き出せるアクセス環境情報としては、「地域」「回線種別」「ドメイン名(個人であれば、利用しているISPのドメイン)」「企業名」等を利用することができます。ネットバンキングやオンラインゲームなど、アクセス環境が変わりにくいサービスに最適です。
【活用例】
・認証情報が第三者の手に渡った場合、なりすましによるアクセスを検知し利用を制限する


《IP Intelligemce技術で実現するセキュリティ対策》
http://www.youtube.com/watch?v=istqz2spmMs&feature=share&list=PLPkVj3PT6UsdQih8C2y4kSzm3pBwFsEul

■ お問合せ先
サイバーエリアリサーチ株式会社 http://www.arearesearch.co.jp/
どこどこJP製品サイト http://www.docodoco.jp/

本リリースに関するお問合せ:サイバーエリアリサーチ株式会社 055-991-5544
※リンク先は本件掲載時点の情報であり、予告なく変更になる場合がございます。

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。



このカテゴリーの関連ニュースリリース(サービス、調査・報告)


注目ワード
入社
異動
花見
入学
新社会人
母の日