株式会社エイチ・アイ・エス


H.I.S. 2013年夏休み(7/13~9/30出発)の海外旅行動向



キーワードは『ゆとり』『こだわり』の旅!

 株式会社エイチ・アイ・エス(本社:東京都新宿区代表取締役社長:平林朗 以下H.I.S.)は、2013年の夏休み(7月13日~9月30日)の予約状況から、海外旅行動向について下記のとおりまとめました。


≪2013年夏休みの主な傾向≫

■“かぞく海外旅行”はグアム、ハワイ、シンガポールが人気!

例年に比べかぞく旅行のご予約が、お盆に集中することなく総合の人気出発日と比較しても分散化された傾向がございます。
人気渡航先は、グアム(前年同日比105%)、ハワイ(前年同日比115%)、シンガポール(前年同日比117%)となっており、こだわりの人気ホテルやオプショナルツアーなどを充実させたファミリー専用商品を中心に人気があり、人気の渡航先でファミリーの旅行に限定すると、前年対比で2割以上の伸びで推移しております。
特に、総合ランキング1位となったハワイが高い伸びを示しており、ディズニー直営リゾートの『アウラニ・ディズニー・リゾート&スパコオリナ・ハワイ』に宿泊するコース(前年同日比2桁増)や、H.I.S.オリジナル現地サービスプランの“ウエスト・オアフ・シャトル”も好評です。昨年と比べ円安傾向であることから、ショッピング目的というよりもホテル、観光地といった滞在先や目的にこだわったプランが幅広い層から支持されております。

▼かぞく海外旅行▼
http://www.his-j.com/tyo/kids/index.html?cid=ntu=199



■国際チャーター航空会社『アジア アトランティック エアラインズ』

この夏、タイ⇔日本(成田・関空)就航!
2013年7月19日に成田空港と7月27日には初の関西空港とバンコク間を2013年9月下旬まで毎日就航する『アジア アトランティック エアラインズ』(認可申請中)の効果もあり、昨年の好調をさらに上回る、タイ(前年同日比117%)への渡航が伸びております。また、7月19日よりバンコク、スワンナプーム国際空港にて開始する「H.I.S.優先入国サービス」では、混雑する入国審査エリアでゆったりとスムーズに手続きを完了いただく事ができ、H.I.S.をご利用のお客様限定で提供してまいります。この夏より、タイから日本へ訪れる観光査証の発給要件が緩和されることで、H.I.S.のバンコク支店でも大きな反響をいただいており、日本とタイ国間でのお客様の動きがますます加速されると考えております。


■この夏 「移動する大型ホテル」クルーズ旅行が新たな人気商品に!

今年のゴールデンウィーク出発で6,000名様以上にご参加いただいた『大型外国客船で行くクルーズの旅』を、8月18日を皮切りに合計6コースで展開します。ご参加されたお客様の88%から「今後もまたクルーズに乗船したい!」といったご感想をいただきました。寄港地ごとの荷造りもなく、気軽に観光をお楽しみいただけ、船内ではお食事、プール、様々なエンターテイメントが全て無料でご利用いただけます。また、18歳未満の子供代金(クルーズ商品に限る)を1万円とし60歳以上のお客様お一人に対しお孫さんお一人が5,000円割引となる『孫割(まごわり)』も設定し、もともと需要の高いシニア層だけでなくファミリー層や、3世代で初めて乗船される方にも多くご利用いただける様にしました。
『60年に1度の2大遷宮記念クルーズ7日間』、『日本一周と済州島10日間』など、クルーズならではのルートで国内を中心とした様々な見所となる寄港地に立ち寄ることができ、クルーズツアーの注目が高まっております。


▼クルーズ商品▼
http://www.his-j.com/tyo/cruise/index.htm?cid=ntu=199


■ヨーロッパ方面の添乗員同行ツアー予約が好調

ヨーロッパ方面を中心に展開をしている添乗員同行の旅「impresso(インプレッソ)」では、9月出発よりスペイン・バルセロナにて、『世界遺産サグラダ・ファミリア貸切見学』企画を実現させました。また、フランス・パリ『ルーブル美術館貸切見学』のコースに関しましても、混雑することなくゆったりと観光を楽しんでいただくプランが好評をいただいており今年で5周年を迎えロングセラーとなっております。そして、イタリアの商品では、往復直行便利用、ベネチア本島内宿泊、「最後の晩餐」鑑賞の確約を設定するなど、より内容にこだわった商品が人気です。ヨーロッパ全体では、前年同日比で2桁増と好調に推移しております。

▼添乗員同行の旅▼
http://www.his-j.com/tyo/tour/impresso.htm?cid=ntu=199




海外渡航者数が過去最高であった昨年の対象期間比では、前年同日比97%であるものの、9月出発の単月では、105%と前年を上回っております。昨年の夏以降、関係悪化の影響により韓国(前年同日比3割減)、中国(前年同日比4割減)のレジャーのマーケット需要にいまだ影響があるものの、航空券手配においては回復傾向が見込まれることから、昨年の8~9月の渡航者数減少と比較すると、最終的な渡航者人数においては回復が期待されます。全体のチャーター航空座席においては、例年混み合うお盆を中心に、人気のアジア・近場のビーチの渡航先を中心に設定し、買い取り席を含めた航空座席数は前年に増して潤沢に取り揃えております。今後の駆け込み需要において、夏の海外旅行の更なる積み上げが見込まれます。


【H.I.S. 2013年夏休みの海外旅行動向】
調査日:2013年7月1日
調査期間:2013年7月13日(土)から2013年9月30日(月)の日本出発
調査対象:H.I.S.の海外ツアーと海外航空券


★人気ランキング


<人気出発日>

シニア(60歳以上)
1位:9月22日(日)
2位:7月13日(土)
3位:8月10日(土)
4位:7月18日(木)
5位:7月17日(水)

かぞく旅行
1位:7月27日(土)
2位:7月25日(木)
3位:7月31日(水)
4位:7月26日(金)
5位:8月25日(日)

総合
1位:8月10日(土)
2位:8月11日(日)
3位:7月13日(土)
4位:8月9日(金)
5位:7月27日(土)



<人気渡航先> ※( )内は前年の順位

シニア(60歳以上)編
1位:ホノルル(1位)
2位:バンコク(4位)
3位:ソウル(2位)
4位:グアム(5位)
5位:台北(3位)
6位:ロンドン(6位)
7位:シンガポール(9位)
8位:釜山(20位)
9位:パリ(7位)
10位:ニューヨーク(13位)


かぞく旅行編
1位:グアム(1位)
2位:ホノルル(2位)
3位:シンガポール(4位)
4位:サイパン(5位)
5位:ソウル(3位)
6位:台北(8位)
7位:バリ島(7位)
8位:バンコク(10位)
9位:ケアンズ(11位)
10位:プーケット(14位)


総合
1位:ホノルル(2位)
2位:ソウル(1位)
3位:グアム(3位)
4位:バンコク(4位)
5位:台北(5位)
6位:シンガポール(7位)
7位:バリ島(8位)
8位:パリ(9位)
9位:ロンドン(12位)
10位:香港(6位)


----------------------------------------------
本件におけるマスコミからのお問い合わせ先:
株式会社 エイチ・アイ・エス 経営企画室 担当:三浦
〒163-6029 東京都新宿区西新宿6-8-1
住友不動産新宿オークタワー29F
TEL:03-5908-2070 FAX:03-5908-2423
http://www.his-j.com/?cid=ntu=199

関連URL:http://www.his-j.com/Default.aspx?cid=ntu=199

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。




注目ワード
中間決算
紅葉
お歳暮
エコプロダクツ
クリスマスケーキ
クリスマス
大掃除
バーゲンセール
冬休み
忘年会