日本鍋文化研究所 有限責任事業組合


食品事業の販路拡大・海外進出支援
ブライアン・ワンシンク教授「食のブランド戦略で消費者の心をつかむ方法」



現在、Cool Japan戦略でも語られるように、国をあげて「食」を応援し、海外進出ができるほどに特化しようと力を入れています。そこで、日本より市場が10年進んでいると言われている米国において、徹底したブランド戦略で日本の食品を大成功させた事例の紹介と、コーネル大学のブライアン・ワンシンク教授を招いて、日本の食品会社、また外食産業、地方食関連企業が、どのようなマーケティング戦略を実践すればブランド力がアップするのか、消費者の心理から見た企業がすべき取り組みはなにか、などを熱く語り合うフォーラムを行います。
今よりもさらに販路を拡大したい、海外進出まで考えたいと思っていらっしゃる「食」関連企業のみなさまには、きっと大きなヒントが得られるフォーラムです。

【フォーラム概要】
[日程]
2013年7月31日(水) 午後1時~4時(12:30開場)

[場所]
品川区大井町 きゅりあん 小ホール(京浜東北線・りんかい線大井町徒歩1分)

[内容]
12:30 開場
13:00~14:30 ワンシンク教授による「消費者の心をつかむ食のブランド戦略」
14:30~15:30 「マーケティングを利用した販路拡大」トークセッション
         ハウス食品株式会社・東芝テック株式会社(予定)
15:30~16:00 米国マーケット市場 食のブランド戦略について

[参加費]
1人 10,000円(事前振込)  12,000円(当日現金)
1団体 30,000円(事前振込のみ。何人のお申込みでも金額は変わりませんので、企業で複数人のお申込みの場合、大変お得です)
※「グローバル市場における鍋&日本食文化白書(抜粋)」 のお土産付き     

[後援]
NPO 法⼈ ⾷空間コーディネート協会

[主催]
日本鍋文化研究所

[申込み]
こちらのサイトの申し込みフォームよりお願いします
     http://nabelabo.jp/ja/news/2013/06/post-3.html

[詳細・お問い合わせ先]
(日本鍋文化研究所LLP) 公式サイト http://nabelabo.jp/ja/
Nabe Labo email ; info@nabelabo.jp   組合事務局携帯(波多野) 090-1534-4818


【ブライアン・ワンシンク教授】
1960年6月28日生まれ。アイオワ州出身。スタンフォード大学でマーケティングの博士号を取得。経営官営学、栄養科学、農業経済学、消費者経済学について、コーネル大学で教鞭をとる。"Food and Brand Lab"(食品・商標研究所)を設立。広告やパッケージが食生活に及ぼす影響などに着目。人々の食生活改善のために研究を推進。米国で最も知られるフードサイコロジスト・食の心理学者である。
現在は、NY在住。 ここ数年は、オバマ夫人の推進する給食改善プロジェクトや肥満問題の解決を進めるFDAのアドバイザーとして活動もしている。 また、ブライアン博士の有名な研究にひとつが"Bottomless bowl" コンセプトであるが、この研究でブライアン博士はイグノーベル賞)を2007年に受賞し、これを機に世界に知られる食心理学者となった。
2013年4月ウォールストリートジャーナル記事 「なぜあなたは菓子を食べ過ぎるのかメーカーが利用する心理学


【日本鍋文化研究所とは】
栄養のバランスが良く、油脂を多用せず、高度な技術を必要としない「鍋物」を中心とした「家庭で調理ができ、家庭で食べられる日本の食」を世界に広め、生活習慣病が大きな問題となっている世界の健康を取り戻し、Cool Japan戦略でも言われる日本の食の輸出産業の推進を目的として発足した団体
名称 日本鍋文化研究所 有限責任事業組合 
(英語記載名称 Nippon Association of Better-Eating Laboratory LLP)

[事業内容]
1.世界に「鍋物」を始めとした日本の食文化を発信し、「健康」「コミュニケーション」「エコロジー」を
広めること
2.日本国内に、日本の食文化の良さを再認識できるように働きかけること
3.世界に向けて、日本の製品の良さをアピールする手伝いをすること
4.世界がより良い食によって暮らしやすい社会になるよう研究し、その成果をフィードバックすること
5.その他、これらの事業に付随する事業

[組合事務所の所在地]
〒177-0042 東京都練馬区下石神井5丁目5番13号

[本年のワンシンク教授との主な活動]
・米国ニューヨークにおいて、ブライアン・ワンシンク教授参加のもと「ホームユーズ鍋メニュー調査」
を実施。米国にて「鍋料理」がどのように受け入れられるかなどの調査を行う。(3 月第一弾実施済み)
・米国Food&Lab によるコンスーマーキャンプに参加、海外最新のマーケティング手法のレクチャーをワン
シンク教授より受け、日本企業に生かすための白書を制作。

関連URL:http://nabelabo.jp/ja/news/2013/06/post-3.html

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。




注目ワード
センター試験
ランドセル
旧正月
決算発表
バレンタインデー
スキー

日本鍋文化研究所 有限責任事業組合

所在地
東京都
業種
サービス業
Webサイト
http://nabelabo.jp/ja/