マイボイスコム株式会社


【日本版ISA(少額投資非課税制度)に関するアンケート調査】認知率は4割弱、利用意向は2割弱。NISA口座を開設したい金融機関は「SBI証券」「野村證券」「楽天証券」が上位3位



NISAの認知

NISAの認知

マイボイスコム株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:高井和久)は、『日本版ISA』に関してインターネット調査を実施し、2013年7月1日~5日に12,062件の回答を集めました。調査結果をお知らせします。
【調査結果】 http://www.myvoice.co.jp/biz/surveys/18012/

──<< TOPICS >>──
■日本版ISAについて「内容を詳しく知っている」は9.6%、認知率は4割弱。男性や高年代層で多い
■日本版ISA利用意向は2割弱。日本版ISA利用意向者が口座を開設したい金融機関の上位3位は「SBI証券」「野村證券」「楽天証券」
─────────────────────────────

◆日本版ISAの認知
 日本版ISA(NISA:少額投資非課税制度)について、「内容を詳しく知っている」は9.6%、「名前は知っている程度」は28.3%と、認知率は37.9%です。男性や高年代層で高く、男性50代以上では5割強を占めます。株式と投資信託の両方を投資している人の認知率は9割強、株式か投資信託のいずれかを投資している人では7割強と高くなっています。一方、株式・投資信託のいずれも投資していない人では2割弱にとどまります。


◆日本版ISAの認知経路、知っている内容
 日本版ISAの認知経路は「テレビ番組、CM」「証券会社、銀行など金融機関のホームページで」「新聞記事、広告」「ダイレクトメール」が各2~3割で上位にあがっています。50代以上では「新聞記事、広告」「ダイレクトメール」が多い傾向です。
 日本版ISAの認知者に、日本版ISAについて知っていることを聞いたところ、「非課税投資枠は1年ごとに設定、毎年100万円まで」「非課税対象は、株式や投資信託の値上がり益や配当金(分配金)」「非課税期間は、投資した年から最長5年間」「口座開設は原則1人1口座」などが各5~6割となっています。


◆日本版ISA利用意向、購入したい商品
 日本版ISAを利用したい人は19.4%で、男性や50代以上で多くなっています。利用意向者は、株式と投資信託の両方に投資をしている人では7割弱、株式か投資信託のいずれかに投資をしている人では4割強ですが、投資していない人では5%にとどまります。日本版ISAを利用して購入したい商品は、「上場株式」が66.3%で最も多く、次いで「株式投資信託」(37.1%)となっています。


◆日本版ISA口座を開設する金融機関選定時の重視点、開設したい金融機関
 日本版ISAの利用意向者に、口座を開設する金融機関選定時の重視点を聞いたところ、「手数料の安さ」(57.9%)が最も多く、「株取引ができる」「金融商品の種類が豊富」「会社の信頼度、経営の安定性」などが各3~4割で続きます。「株取引ができる」は男性、「セキュリティーが信頼できる」「担当者の対応」は女性で多くみられます。口座を開設したい金融機関は、「SBI証券」「野村證券」「楽天証券」が上位3位です。


──<< 回答者のコメント >>───────────────
◆日本版ISAを利用したい理由、利用したくない理由 (全8,369件)
『利用したい』
・本来、20%以上課税されるのが免税されるのは資産運用上、メリットが大きい。特に株式は配当金のほか、値上がり分も非課税になるため魅力的。(男性69歳)
・今までよくわからないからと株式投資はしてこなかったが、少額投資は非課税になるならこれを機会にやってみたい。(女性28歳)
・株式でも投資信託でも、自分ではじめなければ知識は得られないと思うので、少額からでもよく、非課税とあらば素人でもやってみるのもいいかと思います。(女性73歳)

『利用したくない』
・自身の年齢としてもまだ投資するような資金的な余力はないし、そもそも投資に関する不安や分からない部分が多すぎる。(男性21歳)
・損益通算ができないこと、保有株式や投資信託などを移行できない、配当の受け取りをNISAの口座にまとめなければならないなど。(男性50歳)
・規則がややこしく変更出来なかったり繰り越せなかったりという規制が窮屈に感じます。(女性43歳)

『どうちらともいえない』
・市役所で住民票をとってくる必要があり、300円かかるが、投信の利益はそんなにないから。(女性55歳)
・金銭的に余裕がないので難しいと思うが、相変わらず預金金利が低いので興味がないわけではない。(女性49歳)


──<< 調査結果 >>───────────────────
http://www.myvoice.co.jp/biz/surveys/18012/
──────────────────────────────
*公開しているWEBページはリンクフリーとなっており、リンクのご連絡も不要です。

■これまでの自主調査一覧
http://www.myvoice.co.jp/report/

<本調査結果、掲載・引用に関するお問合せ>
 マイボイスコム株式会社
 (TEL・FAX)03-5217-1911・03-5217-1913
 (Email) otoiawase@myvoice.co.jp
  (企業HP)  http://www.myvoice.co.jp/
 (掲載・引用について) http://myel.myvoice.jp/user_data/keisai.php
 *商用目的でない個人のブログ等での部分引用は、申請等の必要はありません。
 *公開しているWEBページはリンクフリーとなっており、リンクのご連絡も不要です。

■インターネットのアンケートに回答して下さるモニター会員を募集しています。
 ご登録は無料です。
 あなたもモニター会員としての「声(Voice)」を発信しませんか?

 ▼ネット調査モニター会員へのご登録はこちら▼
  http://www.myvoice.co.jp/voice/campaign.html
 
■会社概要   
 所在地  :東京都千代田区神田錦町3-17-11 榮葉ビル5階
 設立   :1999年7月
 資本金  :1億7,800万円
 代表者  :代表取締役 高井和久
 URL  :http://www.myvoice.co.jp/
 
■事業内容
ネットリサーチ
行動付随型リサーチ
従来型リサーチ(グループインタビュー、CLT、HUT、郵送調査等)
アンケートデータベース(マーケティングデータ・レポート販売)
サービス内容       http://www.myvoice.co.jp/service/
リサーチメニュー     http://www.myvoice.co.jp/menu/

■■ マイボイスコム株式会社 ■■
企業ページ(リサーチサービス)  http://www.myvoice.co.jp/
モニターページ(モニター登録)  http://www.myvoice.co.jp/voice/
アンケートデータベース(MyEL) http://myel.myvoice.jp/
twitterアカウント https://twitter.com/MyVoiceJapan

関連URL:http://www.myvoice.co.jp/voice/campaign.html

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。


  • NISAの認知 NISAの認知
  • NISAの利用意向 NISAの利用意向
  • NISA口座を開設したい金融機関 NISA口座を開設したい金融機関


このカテゴリーの関連ニュースリリース(調査・報告)


トレンドワード
卒業
東日本大震災
入社
異動
花見
入学
新社会人