株式会社グローバルインフォメーション


欧州の小関節置換装置市場は肩関節が市場を牽引する



株式会社グローバル インフォメーションは、市場調査会社iData Research Inc.が発行した報告書「European Small Joints Market (欧州の小関節置換装置市場)」の販売を開始しました。

当レポート発行元のiData Research社によりますと、2012年の欧州の小骨・小関節置換装置市場は3億3430万ユーロでした。当レポートにおける小関節には、肩・肘・手・手首・足首向けの機器が含まれます。手・手首・足首・肘置換装置には人工関節の他、プレート及びスクリューも含まれます。

整形外科産業において四肢市場は非常に魅力的なマーケットです。これは昨今、多くの製品の適用症が拡大した為で、新市場の大きなポテンシャルが広がっているからです。人工関節の施術数は特に足首において固定術よりも速く成長していると見られます。しかしながら欧州市場では特に手首において間接固定術が現在でも好まれる傾向があります。市場を牽引しているのは肩関節の関節形成術、3つのパーツからなる可動式の足首関節形成術、そして以前から力強い成長が続いている橈骨頭再建です。

人工肩関節は欧州における小関節置換装置市場で最も急速に成長している部門で、年平均成長率は15%程度と見られます。これは人工骨頭置換術などから、より高価な人工逆肩関節全置換への移行が関係しています。部分的な肩関節置換に対し関節窩への損傷を懸念する医師が増えているのです。もう一つの要因としては特に若年層へのステムの無い人工肩関節の普及が挙げられます。こういったが若年層に人気な理由は骨を温存する事が出来る為で、将来的に交換する時に有利になるからです。

足首に関してはイギリスで専門家が近年増えており、これが足首関連の機器の市場を牽引しています。また技術的な発展も見られ、イギリスの医師は新しい機器を積極的に採用し、従来のベアリングが固定された機器から可動ベアリング式の機器へ移行しており、現在の欧州市場ではベアリング可動型の人工関節が市場の大半を占めています。しかしながらドイツとイタリアに置いては足首関節の骨折及び足首の関節炎の治療は、関節形成術よりは関節固定術が好まれる傾向があります。この理由は関節形成術の優位性を示す臨床結果が限定的である事が挙げられます。また関節形成術はプレートやスクリューよりもはるかに高額になる為、特に現在のような不況の中では保守的な国は関節形成術に消極的になる傾向があります。

欧州の人工手首関節市場は手首固定術との競合により制約を受けるでしょう。人工手首関節は手首固定プレートと比較して高価である事が影響しています。また、2012年においては特にスペイン、イタリア、ポルトガル、ドイツ、イギリスにおいて多くの企業の平均販売価格が下落しています。これは欧州の金融危機の影響で多くの国で医療費削減に迫られた為です。

手首固定術は手首関節全置換術に比較してシンプルである事が今後の成長の助けとなるでしょう。一方で関節置換術に精通した外科医が増加するに伴い、固定術への需要は僅かながらも減少の傾向があります。それでも現在の欧州の不景気の中では、費用のかからない固定術を選択する人が多く、少なくとも今後数年間の期間では手首においては人工関節の成長はそれ程大きくはないでしょう。

手首及び橈骨頭の骨折の原因の首位に挙げられるのは、転倒時に手で体を支える事です。こういった事例は高齢化と共に増加する傾向にあります。最近の論文では、関節機能の回復を目的とした橈骨頭への人工骨の圧入は、短・中期的な成果が良くは無く、近位橈骨の溶解を引き起こす事がある為に、後で除去する必要があるケースもあります。従って圧入以外の方法(セメント)による人工橈骨頭が成長すると予測されます。

当調査レポートでは欧州15カ国市場を対象に市場規模、市場因子の分析をしています。

発行元のiData Research社はカナダに拠点を置く医療機器専門の調査会社です。

市場調査レポート: 欧州の小関節置換装置市場
European Small Joints Market
http://www.gii.co.jp/report/ida126625-eu-sm-j-reconstr.html
出版日:2013年08月02日
発行:iData Research Inc.

【本件に関するお問合せは下記まで】
株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:http://www.gii.co.jp/topics/MC02_jp.shtml
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F

関連URL:http://www.gii.co.jp/report/ida126625-eu-sm-j-reconstr.html

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。




注目ワード
浴衣
夏休み
花火
夏祭り
防災の日
台風