株式会社グローバルインフォメーション


20億米ドル規模が見込まれるアジア地域のパッシブレーダー市場を日本がリード



株式会社グローバル インフォメーションは、市場調査会社Signals and Systems Telecomが発行した報告書「The Military and Civil Aviation Passive Radar Market: 2013 - 2023 (軍用・民間航空のパッシブレーダー市場)」の販売を開始しました。

パッシブレーダーは従来の形態のレーダーとは異なり電磁波を放射することはしません。その代わりに空中を飛び交う他の電磁波信号からの反射波を検知してレーダー画像を得ています。パッシブレーダーは他の物とははっきり異なる数々の利点を持っているため、防衛や国土安全保障市場、ならびに民間のレーダー市場において確固たる地位を保持しています。パッシブレーダーはコスト効率の良さに加えて秘匿性にも優れ、ステルス技術に対する有力な対抗手段であり、また環境に負担をかけません。

パッシブレーダー市場は未だ揺籃期にあり、有効でかつ売り物になるシステムの開発を済ませた企業はほとんどありません。しかし技術がより高度化し、また価格も手の届くものとなってくるのに連れて、ますます多くの競合企業がこの市場に、特に防衛および国土安全保障市場に参入してくるものと予測されます。

SNS Research では、パッシブレーダー技術機器の購入資金は2013年から2023年の間に36%近くに及ぶ複合年間成長率(CAGR)で拡大を続け、2023年末までにその収益額は100億米ドルを上回るものと予測しています。アジアでは、防衛産業部門の主な投資国である日本や中国を筆頭に、2023年までに20億米ドルの収益額を占めるようになるものと見られます。

同調査レポートでは、パッシブレーダー技術が最も大きな将来性を有すると目される2つの市場部門、すなわち民間航空市場と軍需レーダー利用市場に焦点を当てています。

同レポートでは、メーカー企業戦略や両市場部門の市場成長将来性、また2013年から2023年に至る市場の潜在力に対する世界全体ならびに地域毎の成長促進要因や制限要因についての詳細な定性的ならびに定量的分析を示しています。

また同レポートには、レポート内に示した各収益予測すべての定量的なデータを盛り込んだエクセルデータシートが付録として添付されています。




市場調査レポート: 民間航空のパッシブレーダー市場
The Military and Civil Aviation Passive Radar Market: 2013 - 2023
http://www.gii.co.jp/report/sns277037-military-civil-aviation-passive-radar-market.html
出版日: 2013年07月13日
発行: Signals and Systems Telecom

【本件に関するお問合せは下記まで】
株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:http://www.gii.co.jp/topics/AV04_jp.shtml
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F

関連URL:http://www.gii.co.jp/report/sns277037-military-civil-aviation-passive-radar-market.html

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。




注目ワード
スキー
ひな祭り
ホワイトデー
卒業
東日本大震災