学校法人 聖学院


聖学院大学元学長・東京外国語大学名誉教授
安倍北夫氏が逝去いたしました



安倍北夫(あべ・きたお=聖学院大学元学長・東京外国語大学名誉教授)が、2013年8月6日午前4時20分、病院で逝去いたしました。91歳。前夜式は9日午後7時から、葬儀は10日午後1時から、東京都中野区若宮2の1の15の日本キリスト教団 更生教会。喪主は妻、愛子(あいこ)さん。自宅は、非公表。

※ 供花は右記までお願い致します。( 栄光式典社 tel:03-3370-4902 fax:03-3379-3835 )


■安倍北夫プロフィール
1922年(大正11年)3月3日、青森県生まれ。1946年(昭和21年)東京帝国大学文学部心理学科卒業。1951年(昭和26年)より東京外国語大学助教授となり、教授を経て、1984年(昭和59年)名誉教授となる。1970年(昭和45年)米国スタンフォード大学に文部省在外研究員として1年間留学。1984年(昭和59年)早稲田大学客員教授(1988年(昭和63年)まで)。
1984年(昭和59年)学校法人聖学院顧問に就任、1988年(昭和63年)4月聖学院大学教授、1994年(平成6年)4月、2代学長、学校法人聖学院理事に就任。1996年(平成8年)4月より同大大学院長、教授。1999(平成11年)年3月まで同法人理事および同大学学長、同大大学院長をつとめる。専門は群衆・大衆心理学、パニック論、災害心理学。科学技術庁原子力発電所周辺防災専門委員、原子力安全技術センター緊急時対策総合支援システム調査委員会委員、文部省学術国際局学術審議会専門委員等を歴任。
著書に『パニックの心理』(講談社,1974)、『災害心理学序説』(サイエンス社,1982)、『パニックの人
間科学─防災と安全の危機管理』(ブレーン出版,1986)、他著書・論文多数。国内外の重大な地震・大火等の災害にあたっては精力的に現地の調査にあたった。


●聖学院大学(学長:阿久戸光晴 住所:埼玉県上尾市戸崎1番1号)
1988年設立。大学は3学部7学科(政治経済/コミュニティ政策/欧米文化/日本文化/児童/こども心理/人間福祉)のほか、大学院、総合研究所を有する。


取材のお申し込み、お問い合わせは下記へお願いします。
聖学院大学 広報戦略室 
電話(ダイヤルイン) 048-780-1707   FAX 048-725-6891
問合せフォーム http://www.seig.ac.jp/frm/seigfrm.htm

関連URL:http://www.seigakuin.jp/

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。




注目ワード
入社
異動
花見
入学
新社会人
母の日