学校法人近畿大学


近畿大学中央図書館 キャラクター誕生&高校生対象に夏期公開



近畿大学中央図書館 (大阪府東大阪市、館長:北爪佐知子)では、「中央図書館をより身近に感じていただき、利用者の方々とよりよい図書館を作りたい」という思いから、学生・教職員にデザインを募り、公式キャラクターを決定しました。

112点の応募作品の中から最優秀賞に選ばれたのは、理工学部 理学科 物理学コースの日下部俊男教授のデザインで、東大阪キャンパスに毎日通ってくる野良猫をモデルに、読書好きな猫を描いた作品となりました。さらに、文芸学部 文化・歴史学科の古本真優さん命名の「マグロスキー」という名前が投票で選ばれました。目を輝かせ、読書に集中する様子が、「好奇心が旺盛で、探究心が強い」学生の様子をイメージさせます。

「マグロスキー」は、多くの人を近畿大学中央図書館へと誘う招き猫として、広報物などさまざまな場面で活用される予定です。

「マグロスキー」のモデルとなったのは、近畿大学東大阪キャンパスに通ってくる白黒の野良猫です。
「エレベーターの前で待っていて学生が来ると一緒に上がっていく」「自動の蛇口に手をかざして水を飲んでいた」など数々の目撃談があり、ついには昨年度の学校案内パンフレットにも登場しました。


【マグロスキー プロフィール】

性格:好奇心旺盛、気になることはとことん追求
チャームポイント:瞳
好きなことば:挑戦
好きな本:おさかな事典
マイブーム:中央図書館の良さをみんなにお知らせすること
野望:近大マグロを丸かじり
ひなたぼっこポイント:中央図書館 4-E閲覧室



近畿大学中央図書館 高校生対象の夏期公開について


夏期休暇中の一定期間、自習等をされる高校生の方に対し、中央図書館(東大阪キャンパス)を公開します。利用を希望される方は、生徒証・生徒手帳を持参の上、中央図書館へお越しください。

■対 象 者:近畿大学東大阪キャンパス近隣の高校に在学、 または近隣に居住する高校生で、
        夏期休暇中の所定期間に利用を希望する方(毎日先着200人、学年は問いません)

■利用期間:平成25年(2013年)8月7日(水)、8日(木)、16日(金) 9:00~18:00
        平成25年(2013年)8月17日(土)~31日(土) 8:45~19:00

■受付場所:近畿大学中央図書館3階 受付カウンター(生徒証・生徒手帳を持参してください)

■利用方法:以下から利用方法・注意事項を必ず一読のうえ、ルールを守ってご利用ください。
        http://www.clib.kindai.ac.jp/news-2013.html#H25_highschoolstudent_open

■お問合せ:近畿大学中央図書館 TEL (06)4307-3089


《参考資料 その他の近畿大学公式キャラクター》 

(1)BOST(ボスト)くん 〈生物理工学部〉
生物理工学部の英文表記「Biology-Oriented Science and Technology」の頭文字から命名。「パンダ」の姿をした未来の「ロボット」で、生物理工学部が目指すバイオロジー(生物学)とテクノロジー(工学)の融合を象徴する存在です。

(2)てくたま 〈工学部〉
「てくたま」とは「テクノロジーのタマゴ」の略。工学部では、工学に興味があり、工学的ひらめきを持った学生のことを「てくたま」として応援しており、6つの学科それぞれに対応したキャラクターがいます。

(3)リコッチ 〈産業理工学部〉
「産業理工学部」「理工系」の「リコ」と、メキシコの楽団「マリアッチ」をかけて生まれたキャラクター。5人は産業理工学部の5学科をイメージ。それぞれ楽器の代わりに、学科の特性に応じた理工系グッズを手に持っています。

(4)1W(ワット)くん 〈原子力研究所 〉
原子力研究所のシンボルである原子炉(UTR-KINKI)の出力が世界一小さい1Wであることと、原子の世界を表現したキャラクター。原子核となる顔の部分と、その周りを回る電子が原子の構造を表しています。

関連URL:http://www.kindai.ac.jp/topics/2013/08/post-473.html

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。




注目ワード
衣替え
父の日
キャンドルナイト
株主総会