トゥピニキーン・エンターテイメント株式会社


ブラジル映画祭2013、明日より東京と福岡より開幕!



第9回目となるブラジル映画祭が、明日10月12日(土)より、東京会場と福岡会場からスタートします。

~世界が注目するブラジル、魅力ある未公開ブラジル映画を一挙上映~
ブラジル映画祭 2013
●東京 ユーロスペース 10 月 12 日(土)~ 10 月 18 日(金)
●福岡 ラテン文化センター内「ティエンポ・ホール」
10 月 12 日(土)-14 日(月・祝)/19 日(土)/20 日(日)/25 日(金)
●金沢 シネモンド 10 月 19 日(土)~10 月 25 日(金)
●大阪 シネ・ヌーヴォ 10 月 26 日(土)~ 11 月 1 日(金)
●浜松 TOHO シネマズ 浜松 11 月 2 日(土)~ 11 月 10 日(日)
●京都 元・立誠小学校 特設シアター 11 月 16 日(土)~ 11 月 23 日(土・祝)

シネマ・ブラジル実行委員会(本部 : 東京都墨田区横網 2-6-2 /トゥピニキーン・エンターテイメント株式会社内) は 2013 年 10 月 12 日 ( 土 ) から約 1 ケ月半に渡り、「ブラジル映画祭 2013 / The 9th Festival Cinema Brasil」を開 催いたします。今年から福岡会場と金沢会場が加わり、東京・福岡・金沢・大阪・浜松・京都の 6 都市での開催で、 より一層多くの上映の機会を持てることになりました。 ブラジル映画祭は、「一人でも多くの人にブラジルの魅力、ブラジル映画の魅力を知ってほしい」という願いのもと、 2005 年から毎年秋に開催し、今年で 9 回目を迎えます。
来年 2014 年のサッカー・ワールドカップの開催地として、また 2016 年の次の夏季五輪開催地として、益々世界 中から注目を浴びている国「ブラジル」。経済成長の追い風を受け、ブラジル映画の世界でも、次々と秀作が生み出さ れています。
今年のブラジル映画祭では、日本未公開のブラジル映画を 8 作品上映致します。今年の映画祭のテーマ「家族」を 感じられるような作品ばかりです。『ゴンザーガ~父から子へ』と『はぐれても、はぐれても』は、日本で劇場公開さ れ大きく話題になった作品『フランシスコの 2 人の息子』のブレノ・シルヴェイラ監督の新作映画、『ぼくらは “ テル マ & ルイーズ ”』ではダウン症の 3 人の主人公の役を、実際にダウン症をもつ 3 人の俳優が演じています。また、『ハ ウル・セイシャス~終わりなきメタモルフォーゼ~』『ウィルソン・シモナル~スウィング ! ダンス !! ブラジル !!!』の 2 つの音楽ドキュメンタリーと、『ゴンザーガ~父から子へ』はブラジル音楽界のスターの生涯を紹介します。『サン トス~美しきブラジリアン・サッカー~』では、ペレやネイマールらがサッカークラブへの愛を語り、貴重な映像も 満載です。食品ドキュメンタリー『世界中の子供が危ない』は、深刻化する子供の肥満の問題に深いメスをいれます。 特別招待作品『時折~グラミーニャの日系家族~』は、ブラジル日系移民の歴史を美しい映像で描きます。 この映画祭をきっかけに、欧米やアジアの映画とは違う切り口と明るいパワーを持ったブラジル映画を目にする機 会が少しでも増え、上映作品を通じてブラジルのリアルな姿をお届けできればと思っています。

― 本件の内容に関するお問い合わせ先 -
画像や予告編などのデータを用意しております。お気軽にお問い合わせください。
シネマ・ブラジル実行委員会(トゥピニキーン・エンターテイメント株式会社内)
広報担当:花田/宮下(contact@cinemabrasil.info)〒:130-0015 東京都墨田区横網 2-6-2 Tel:03-5637-5469(代表) Fax:03-5637-5481 www.cinemabrasil.info

関連URL:http://www.cinemabrasil.info/

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。




このカテゴリーの関連ニュースリリース(告知・募集)


注目ワード
シルバーウィーク
台風
CEATEC JAPAN
衣替え
運動会
ハロウィン
ピンクリボン
文化祭