ドットコモディティ株式会社


「東京金など貴金属は総じて堅調・石油やゴムも上昇・穀物相場は限月によりまちまちな展開」【ドットコモディティ】



(10/28更新)
■金
28東京金の日中取引は、堅調な市況情勢で引けた。大引けの前営業日比は、46~63円高。先限8月限は46円高の4241円で取引を終えた。
25日のNY金は、小幅続伸。中心限月の12月限は前日比2.2ドル高の1352.5ドルで引けた。一時1335ドルまで下げたものの高値引けした。
9月の耐久財受注が前月比3.7%増と改善し、事前予想の2.0%増を上回った一方、ミシガン大学がまとめた10月の消費者景況感指数の確定値が73.2となり、暫定値の75.2から下方修正された。為替市場は米景気指標が判断に難しいため様子見場面となった。コモディティ市場は、全般に小幅に上昇、あるいは反発する銘柄が目立った。NY金は一時1356.40ドルまで上伸して20日以来の高値をつける展開となった。
夕方5時から取引が再開される夜間取引では、弱含みで推移する見通し。午後3時30分現在のロコ・ロンドン現物は1350.30ドル。東京金先限ベースの予想レンジは4230~4250円中心。
  
■プラチナ
28日の東京プラチナの日中取引は、軒並み高で引けた。大引けの前営業日比は、43~64円高。先限8月限は54円高の4595円で引けた。前日のNYは小幅に下落したが円安に下値が支持されて堅調な市況情勢となった。
25日のNYプラチナは、小反落。中心限月の1月限は、前日比0.7ドル安の1455.5ドルで引けた。マーケットに様子見気分が広がっていることから、精彩を欠いた市況情勢となっている。
夕方5時から取引が再開される夜間取引では、同値圏推移の見通し。午後3時30分現在のプラチナ現物価格は1451.50ドル。先限ベースの予想レンジは4590~4600円中心。
   
■原油
28日の原油相場は、4日ぶりに上昇に転じた。大引けの前営業日比は、変わらず~500円高。先限・3月限は440円高の6万2580円で引けた。
25日のNY原油市況は、総じて小幅堅調。期近から上昇する場面となった。中心限月の12月限は前日比0.74ドル高の97.85ドル。
25日のNY原油は小幅に上昇して引けた。市場予想を上回った米国の経済指標を受け、米景気の先行き不透明感がやや和らいだ。原油を買い戻す動きが優勢になった。なお9月の米耐久財受注額は前月比3.7%増えた。増加率は市場予想の2.5%を上回り、投資家心理がやや改善した。また前日に約4カ月ぶりの水準まで下落したことから、自律的に反発する動きとなった側面もある。米株式相場の上昇を背景に、値動きが激しいリスク資産の一つである原油に買いが優勢化した部分も指摘されている。
本日午後5時からの夜間取引は、もみ合いで推移する見通し。NY原油の夜間取引は午後15:30現在97.62ドル。予想レンジ(先限)は、6万2400~6万2700円中心。
  
■ガソリン&灯油
28日の石油製品相場は、ガソリンは軒並み上昇した。4日ぶりに反発する場面。ガソリン相場の大引けの前営業日比は、280~430円高。新甫・5月限は7万5110円で引けた。灯油も反発した。大引けの前営業日比は、440~520円高。新甫・5月限は7万4440円で引けた。
なお、出光興産は、北米で原油やガスの貯蔵・輸送を手がけるカナダのペトロガスエナジーの株式の3分の1を取得し保有すると発表した。ペトロガスの物流網を活用し、北米産シェールガス・オイルを日本に輸出する計画。出光の出資額は約420億円。出光は、液化天然ガス(LNG)事業で提携しているカナダのガスパイプライン運営大手、アルタガスとの折半出資会社を通じて出資する。両社の総投資額は約840億円。アルタガスの負担分を合わせ、両社でペトロガスの発行済み株式の3分の2を取得する。2014年1-3月期に出資を完了するという。
本日午後5時からの夜間取引は、強含みで推移する見通し。予想レンジ(ガソリン、先限)は、7万4200~7万4500円中心。同じく灯油が7万4400~7万4700円中心。
■ゴム
28日のゴム相場は、同値圏での推移となったが、全般に強含みで引けた。新甫2014年4月限は260.0円をはさんでの一進一退となった。大引けの前営業日比は、0.8~1.6円高。
マーケットには、様子見気分が広がって、売り買いともに手控えられている。10月下旬から11月にかけては年間を通じてゴム相場が最安値を出しやすい時期であり、プロの投資家は、買い建てを立てる時期であるものの、マーケットの流動性が薄くなっていることから、ここにきて流動性の低下とともに相場の動きも緩慢である。刺激的な材料に欠けているため、売り買いともに消極的な場面となった。このため相場は全般的に小康状態に陥っている。
タイRSS3(対日商社向け11-12月FOB契約/バンコク港積み)250.00¢。理論上の採算値 252.80円。タイ農産物取引所のRSS3価格はkg当り79.20バーツ。TSR20価格は同72.90バーツ。
  
============================================================
1)本レポートは、ドットコモディティ株式会社が信頼出来ると判断した情報源から入手した情報に基づいて作成しておりますが、レポートに記載されている情報が正確であるとの保証は致しかねます。情報に関し不完全な場合もございます。本レポートに記載する価格、数値等は、過去の実績値、概算値、もしくは将来の予測値であり、実際の数値とは異なる場合があります。本レポートは将来の結果をお約束するものではございません。また本レポートに記載されている情報をいかなる目的で仕様される場合におきましても、お客様の判断と責任において使用されるものであり、本レポートにある情報の使用による結果についてドットコモディティ株式会社が責任を負うものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。
2)本レポートに記載されている内容の著作権は、原則ドットコモディティ株式会社に帰属いたします。本レポートにおいて提供されている情報に関してドットコモディティ株式会社の承諾を得ずに当該情報の複製、販売、配布、公表、修正、頒布または営利目的での利用を行う権利を有しません。
<金融商品取引法・商品先物取引法に係る表示>
商号:ドットコモディティ株式会社     
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2721号 
商品先物取引業者 農林水産省令22総合第1351号
経済産業省平成22・12・22商第6号
加入団体:日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会
     日本商品先物取引協会
所在地:〒150-0013東京都渋谷区恵比寿1-21-8セラ51ビル6F
ホームページ:http://www.commodity.co.jp
お問い合わせ:0120-117-211

<手数料及びリスク情報について>
ドットコモディティで取扱っている商品(株価指数先物・オプション取引、商品先物取引、海外商品先物取引、商品CFD取引)は、証拠金を預託することにより少額の資金でその数倍~数十倍の金額の取引を行うことが可能なレバレッジ商品です。このレバレッジ効果のため、相場の変動により預託した証拠金を上回る損失が生じる可能性があります。

相場の変動により、追加で証拠金を預託する必要が生じる可能性があります。各商品への投資に際して、ご負担いただく手数料等及びリスクの詳細等は商品毎に異なりますので、詳細につきましては、当社WEB サイトの当該商品等のページ及び契約締結前交付書面等をご確認ください。お取引に際しましては契約締結前交付書面等をお読みになり、リスクや取引の仕組み等を十分にご理解いただき、ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い致します。

このリリースについてのお問い合わせ

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。




注目ワード
中間決算
紅葉
お歳暮
エコプロダクツ
クリスマスケーキ
クリスマス
バーゲンセール
冬休み
忘年会
ランドセル