株式会社日立製作所(ITサービス&プロダクト)


ビッグデータ利活用を支援する高速データアクセス基盤「Hitachi Advanced Data Binder プラットフォーム」を強化
ラインアップを刷新し、BIツールとの接続性を強化



高速データアクセス基盤の新たなベストプラクティスモデル

高速データアクセス基盤の新たなベストプラクティスモデル

株式会社日立製作所は、このたび、従来型のデータベースエンジン比で約100倍(*1)のデータ検索処理性能を発揮できる超高速データベースエンジンを搭載し、データの高速検索および分析を可能にし、ビッグデータ利活用を支援する高速データアクセス基盤「Hitachi Advanced Data Binder プラットフォーム」(*2)のラインアップを刷新し、顧客の業務要件に合わせて選択できる、3種類のベストプラクティスモデルを10月30日から販売開始します。同時に、今回のラインアップ刷新に合わせて各種のBI(*3)ツールとの接続性を強化し、従来よりも多様なBIツールでビッグデータを容易に見える化して分析可能になります。これにより、企業などにおけるビッグデータの利活用を促進し、イノベーションの実現を支援します。

今回のラインアップ刷新では、3種類の事前検証済みの超高速データベースエンジン、サーバ、ストレージの構成の中から、顧客の業務要件に応じて選択できるベストプラクティスモデルを製品化しました。具体的には、本格的なシステム導入に向けた検証や評価、試行に適した「デスクサイドモデル」、本格的なシステム導入用の「エントリーモデル」、より大規模なシステム導入用の「スタンダードモデル」を提供します。これにより、顧客の用途や導入段階に応じた構成で導入を開始し、段階的に適用範囲を拡大することが可能となります。

同時に、今回のラインアップ刷新に合わせて、データベースと他のソフトウェアとの接続のインターフェース(規格・仕様)について、従来「Hitachi Advanced Data Binder プラットフォーム」で対応しているJDBC(*4)に加え、新たにODBC(*5)に対応しました。これにより、各種のBIツールとの接続性が強化され、従来よりも多様なBIツールで、データベースに格納されたビッグデータを容易に見える化して分析可能となり、企業などにおけるビッグデータの利活用を支援します。

*1 解析系データベースに関する標準的なベンチマークを元に作成した、各種のデータ解析要求の実行性能を計測しました。データ解析要求の種類によって高速化率に差は見られるものの、データベースにおいて特定の条件を満たす一定量のデータを絞り込んで解析を行うデータ解析要求においては、約100倍の高速化を確認しています。
*2内閣府最先端研究開発支援プログラム「超巨大データベース時代に向けた超高速データベースエンジンの開発と当該エンジンを核とする戦略的社会サービスの実証・評価」(中心研究者:喜連川優 東大生研教授/国立情報学研究所所長)の成果を利用。
*3 BI(Business Intelligence):企業などの組織のデータを、収集・蓄積・分析・報告することで、経営上などの意思決定に役立てる手法や技術。
*4 JDBC(Java DataBase Connectivity):JAVAとリレーショナルデータベースの接続のためのインターフェース。
*5 ODBC(Open DataBase Connectivity):リレーショナルデータベースに接続するための共通インターフェース。

◆ビッグデータ利活用をリードする高速データアクセス基盤の新たなベストプラクティスモデルを販売開始
http://www.hitachi.co.jp/products/it/bigdata/platform/data-binder/news_20131028.html?banner_id=new131028a
◆高速データアクセス基盤 Hitachi Advanced Data Binder プラットフォーム
http://www.hitachi.co.jp/products/it/bigdata/platform/data-binder/?banner_id=new131028b

10月30日(水)・31日(木)の2日間、東京国際フォーラムにて開催いたします「日立イノベーションフォーラム2013」に出展いたします。詳しい内容は、下記のセミナーでご紹介いたしますので、ぜひご登録ください。

<Hitachi Advanced Data Binder プラットフォーム セミナーのご案内>
◇正確でスピーディーな決断を促す、日立の高速データアクセス基盤
・日時:10月31日(木) 14:00-14:50
・セッション番号:TP02-19
あらゆるビジネスシーンにおいて、より正確でスピーディーな決断を迫られる今、競争に打ち勝つためにビッグデータ利活用が求められています。自社従来比約100倍の性能を誇る、日立の高速データアクセス基盤をご紹介します。

◆日立イノベーションフォーラム2013 オフィシャルサイト
http://iforum.hitachi.co.jp/

◆Hitachi Advanced Data Binder プラットフォームに関するお問い合わせ
株式会社日立製作所 情報・通信システム社 ITプラットフォーム事業本部 開発統括本部
http://www.hitachi.co.jp/Prod/comp/soft1/hmcc/index.html

・記載の会社名、製品名は、それぞれの会社の商標または登録商標です。

このリリースについてのお問い合わせ

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。


  • 高速データアクセス基盤の新たなベストプラクティスモデル 高速データアクセス基盤の新たなベストプラクティスモデル


このカテゴリーの関連ニュースリリース(製品、告知・募集)


注目ワード
シルバーウィーク
台風
CEATEC JAPAN
衣替え
運動会
ハロウィン
ピンクリボン
文化祭