株式会社ダイヤモンド社


この秋いちばん「行きたい学園祭」は、
日本大学芸術学部「芸術祭」と早稲田大学「早稲田祭」。

大学学園祭にも「ゆるキャラ」ブーム
来場者参加型「謎解き脱出ゲーム」企画も急増



今年選ばれた「行きたい学園祭」ツートップは、ニチゲイとワセダ

今年選ばれた「行きたい学園祭」ツートップは、ニチゲイとワセダ

11月の学園祭ラッシュを目前に控えて、ダイヤモンド社が運営する若者向けWebサイト「メンター・ダイヤモンド」は10月31日、「行きたい学園祭ランキング2013」を発表した。FacebookやTwitterなどのSNSによる一般投票と、全国128校の学園祭実行委員長等の票により、日本大学芸術学部「芸術祭」(東京練馬区 11月2~4日)と、早稲田大学「早稲田祭」(東京都新宿区 11月2・3日)が同点で、この秋いちばん「行きたい学園祭」に選ばれた。早稲田祭は4年連続の首位。芸術祭は初めての入賞で1位受賞。第3位は、一般投票で健闘したお茶の水女子大学「徽音(きいん)祭」(東京都文京区 11月9・10日)となった(別表)。
一般投票は10月1日から10月27日までWebサイト「メンター・ダイヤモンド」上で実施、学園祭実行委員長等の票はメール回答方式で行われた。ただし実行委員長は自分の大学の学園祭には投票できない。なお「ベストオブ学園祭2013」の対象校は、北海道から沖縄までエントリーした全国128校。
------------------------------------------------------------
●トイレの個室まで飾るー日本大学「芸術祭」
●16万人とハイタッチ?―早稲田大学「早大祭」
------------------------------------------------------------
第1位に選ばれた日本大学芸術学部「芸術祭」は、学園祭当日に在校生が思い思いのコスプレ衣装で登校するなどで評判の学園祭。加えて「今年の装飾は細部にまでこだわり、トイレの個室の中まで飾る予定」(山本香彌子学園祭広報部長)だ。こうした意気込みが前評判となりFacebookやTwitterなどの一般投票でも2位と票を稼いだうえ、学園祭実行委員長等票でも「公式ホームページもデザインに凝っていてかわいい」「芸術を色々なところに取り込んでいそう」と2位を獲得。総合1位となった。

同点1位に選ばれた早稲田大学「早稲田祭」は、毎年、来場者数約16万人を誇る日本最大級の学園祭だ。4年連続1位の理由は、来場者全員が楽しめる企画を前面に打ち出すなど一新した企画方針にある。そのひとつが新企画の「ハイタッチでギネスに挑戦」だ。また、受験生向け「世界一受けたい早大生の授業」や体育会各部で活躍する選手のトークショーなど、「早稲田らしさ」によりこだわった企画を増やした。こうした魅力が伝わって、FacebookやTwitterなどのSNSでは2位。実行委員長等票では1位を獲得し、総合1位となった。

「芸術祭」も「早稲田祭」も開催日が11月2・3日と同じ(「芸術祭」は4日も開催)。味わいの異なる両校の軍配はどちらに。「早稲田祭」は4年連続「行きたい学園祭」1位だが、当日の審査が加味されて最終評価される「ベストオブ学園祭」ランキングでは例年5位以内に入らず、低迷しているため来場者満足度をあげられるかがカギとなる。

第3位の「徽音(きいん)祭」は、昨年約2万人の来場があり女子大学としては群を抜いた集客の実績が、今年への期待につながった。10の研究室や団体が発表を行うなどアカデミックな企画に力を入れている。

第4位に選ばれた上智大学「ソフィア祭」(東京都千代田区 11月1~4日)は、学園祭前夜の11月1日に大学創立100周年の節目を迎える。学生が主体となり1年間を通じて100周年を盛り上げてきただけに、学園祭に対する意気込みも熱い。ソフィア祭開催中に実施されるミスソフィアコンテストも人気の高い企画だ。
第5位は明治大学和泉キャンパス「明大祭」(東京都杉並区 11月1~3日)。生田キャンパスの「生明祭」(神奈川県川崎市)も第8位に選ばれており、志願者数全国トップを誇る明治大学の人気は健在だ。
なおTwitter投票1位はお茶の水女子大学「徽音祭」、Facebook投票1位は創価大学「創大祭」(東京都八王子市)、実行委員長等票1位は東京外国語大学「外語祭」(東京都府中市)だった。メンター・ダイヤモンドでは更に当日取材を敢行しWeb上に掲載、記事を読んだ読者による一般投票と当日覆面審査(30位内の大学)を行い、頂点を決める「ベストオブ学園祭2013」入賞大学を11月28日に発表予定だ。


2013年大学学園祭「今年のトレンド」


1.学園祭も「ゆるキャラ」ブーム、学園祭独自のキャラクターも
2.今年の学園祭企画といえば、来場者参加型「謎解き脱出」ゲーム
3.学園祭も「お・も・て・な・し」
4.受験生向けに大学PRに学園祭も一役
------------------------------------------------------------

■学園祭も「ゆるキャラ」ブーム。学園祭独自のはキャラクターも
「くまモン」「ふなっしー」など全国ご当地の「ゆるキャラ」がブームだが、学園祭のゲストとしても「ゆるキャラ」にお呼びがかかっている。立教大学新座キャンパス「IVY Festa」(11月2・3日)には所在地・埼玉県新座市のゆるキャラであるゾウキリンがやってくる。大東文化大学「大東祭」(東京都練馬区、11月3~5日)では、地元の巣鴨地蔵通り商店街公式イメージキャラクター「すがもん」が訪れる予定だ。三重県の「三重大学祭」(三重県津市11月2・3日)では、県内のゆるキャラを呼び「ゆるキャラコンテスト」を開催する。千葉県にある東京理科大学野田キャンパス「野田地区理大祭」(千葉県野田市11月22~24日)では、千葉県のご当地キャラクター「チーバくん」が例年、学園祭を盛り上げている。

また独自のマスコットキャラクターを誕生させる動きも顕著だ。東京農業大学「収穫祭」(東京都世田谷 11月1~3日)では今年Twitterでマスコットキャラクターを公募・投票し、収穫祭当日にお披露目する。法政大学「自主法政祭市ヶ谷地区」(東京都千代田区 11月1~4日)も同様、マスコットキャラクターを公募し、学園祭開催中に来場者による投票で決定する予定だ。日本大学芸術学部「芸術祭」の「ゲーサイヌ」も今年のキャラクターだ。

桜美林大学「大学祭」(東京都町田市 11月2・3日)では昨年から公式キャラクターとして「チェリーブロッサムくん」が活躍している。その他2011年、東京工業大学「工大祭」(東京都目黒区10月12・13日開催済)「テックちゃん」が誕生したのを皮切りに、お茶の水女子大学「徽音祭」の「おちゃっこ3姉妹」、一橋大学「一橋祭」(東京都国立市 11月2~4日)の「しっしーくん」などユニークなキャラクターが続々誕生している。東京大学駒場祭(東京都目黒区11月22~24日)の「こまっけろ」も2年前にリニューアルしている。また大学公式キャラクターとしては、明治大学の「めいじろう」や早稲田大学の「WASEDA BEAR」が知られている。


■今年の学園祭企画といえば、来場者参加型「謎解き脱出」ゲーム
今年のトレンド企画といえば、ずばりテレビ番組のヒットを下地にした「謎解き脱出」ゲームだ。密室から謎を解くことで脱出するものや、会場内に隠されているヒントを見つけながらミッションをクリアするものなどで、慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス「秋祭」(神奈川県藤沢市 10月12~13日開催済)の「謎解き」、東邦大学習志野キャンパス「東邦祭」(千葉県船橋市 11月8~10日)の「東邦ナゾトキ学部」、日本大学経済学部「三崎祭」(東京都千代田区 11月2~4日)の「Limited evidence」、立教大学新座キャンパス「IVY Festa」の「謎解き推理ゲーム~怪人Rからの挑戦状~」、早稲田大学理工学術院「理工展」(東京都新宿区 11月2~3日)の「運命からの脱出」など実施学園祭は数多い。子供向けから大人向けまで企画の難易度は異なるが、今年のトレンドと言えるだろう。


■学園祭も「お・も・て・な・し」
東京オリンピック招致の最終プレゼンで多くの人の耳に焼き付いた「お・も・て・な・し」。立ちっぱなしで座る場所にも苦労するのが当たり前だった学園祭にも、おもてなしマインドが浸透しつつある。

慶應義塾大学「三田祭」(東京都港区 11月21~24日)は、今年から、学祭実行委員が休憩室で無料のお茶サービスを始める。「ゆっくり休んで頂いて、お茶を出す際に少しでも来場者の方と会話ができれば、まだ見られていない企画を紹介できより満足度が高まるのではないかと考えました」(三田祭広報担当沖長真央さん)。大東文化大学「大東祭」でも、これまで実行委員会が本部として使用していたガラス張りの一番よい立地の部屋を、今年度から来場者スペースに変更する予定だ。

また、筑波大学「雙峰祭」(茨城県つくば市 11月2~4日)では、今年から子供向けに「きっずルーム」を設置し、床にはマットを敷き、転んでも怪我をしないような配慮をするほか、一緒に来た親が休める場所を提供する。中央学院大学「あびこ祭」(千葉県我孫子市 11月2・3日)と実践女子大学「常盤祭」(東京都日野市 11月9~10日)は、昨年の来場者アンケートで要望に多かった「乳幼児を連れた人向けおむつ替えコーナー」を設置する。常盤祭では授乳コーナーも設置予定だ。


■受験生向けに大学PRに学園祭も一役
大学選びに、また受験へのモチベーションを高めるために、学園祭を訪れる高校生とその保護者が増えている。一方、大学にとっても学園祭は受験生への恰好のアピールの場だ。学生主催の学園祭ではあるが、大学側からの秋波を察知してか、受験生向け企画に力を入れる傾向が年々強まっている。明治大学「明大祭」では、例年実施しているキャンパスツアーの他に、今年から明大生が大学生活について語りながらキャンパスをまわる高校生限定のツアーを実施する。筑波大学「雙峰祭」は、中高生向けに筑波大生が紹介冊子を作成し配布する他、大学近隣の飲食店を紹介する食事処マップを作成し、同大生が普段よく行くお店を紹介する。群馬大学「医学祭」(群馬県前橋市 11月3・4日)では、医学部を志望している中高生向けに在学生と相談できる場を設ける他、医学部での面接や小論文で問われる医学ネタについて「時事医療交流部」で議論する機会を設ける。早稲田大学「早稲田祭」では、「世界一受けたい早大生の授業」と題し、受験生約150人を対象にした模擬授業を実施する。教壇に立つのは早稲田大学教育学部で教職課程を履修している同大生および修了した学生で、「なぜ大学で勉強するのか」などをテーマに授業を行う。慶應義塾大学「三田祭」では、学園祭実行委員1年生中心に受験生応援冊子「受験のすゝめ」を制作し1部50円で販売する。慶應生のキャンパスライフがわかり、慶應義塾の魅力を伝えることで受験生のモチベーションを上げる冊子作りを目指している。

------------------------------------------------------------
【メンター・ダイヤモンド】http://www.mentor-diamond.jp/
ダイヤモンド社が運営する大学生と20代を対象にした人材育成型Webサイト。学生記者による頑張る大学生の発掘や、経営者インタビュー社会的に意義のあるイベントなどを通じて、大学生が自ら考え成長する場を提供している。毎年同時期に企画される全国1位の学園祭を決める「ベストオブ学園祭」は、日本1の参加大学数と記事情報量を誇る。http://www.mentor-diamond.jp/gakuensai/?page_id=17837
【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社ダイヤモンド社事業開発局出版編集部(担当:大木、柳)
TEL:03-5778-7255 FAX:03-5778-6617 
mentor-hensyu@diamond.co.jp

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。


  • 今年選ばれた「行きたい学園祭」ツートップは、ニチゲイとワセダ 今年選ばれた「行きたい学園祭」ツートップは、ニチゲイとワセダ
  • 志願者数1位を誇る明治大学の人気キャラクター「めいじろう」 志願者数1位を誇る明治大学の人気キャラクター「めいじろう」


このカテゴリーの関連ニュースリリース(告知・募集)


注目ワード
中間決算
紅葉
お歳暮
エコプロダクツ
クリスマスケーキ
クリスマス
大掃除
バーゲンセール
冬休み
忘年会