株式会社エイビス・テクノロジーズ


エイビス・テクノロジーズサイトでActiveAssetsオンラインデモを公開



多様なファイル形式のデジタルデータをWeb上で受け渡したり、関係者とのリアルタイムなコミュニケーションを実現する「ActiveAssets(アクティブアセット)」を提供する株式会社エイビス・テクノロジーズ(本社:東京都品川区、代表取締役:松崎勉)は、自社のWebサイトに新規コンテンツ『ActiveAssetsオンラインデモ』をアップしました。
『オンラインデモ』では、ActiveAssetsの9つの基本操作をFlashムービーで紹介しています。製品マニュアルやWebページだけでは伝えづらかったActiveAssetsの"分かりやすい操作フロー"を、オンラインデモを通してご覧いただけます。

※『オンラインデモ』でご紹介している9つの機能は、ASPソリューション《ActiveAssets Enterprise》に搭載されています。他のソリューションでは標準機能でない場合がございます。
詳しくは、用途別ASPソリューションを参照してください。
▼用途別ASPソリューションのURL:http://www.abistech.co.jp/product/solution/index.html

▼オンラインデモのURL:http://www.abistech.co.jp/product/onlinedemo/index.html

【オンラインデモのメニュー】
◇ビューイング(閲覧)
高精細画像のスムーズな拡大表示が体験できます。

◇アップロード
大容量、複数のファイルでも簡単・高速・確実にアップロードできます。

◇ダウンロード
大容量、複数のファイルでも簡単・高速・確実にダウンロードできます。

◇ゲストの作成
ユーザは、ゲストIDを20個まで発行できます。ゲストはアクセス権に応じて、スピーディにデータを共有することが可能です。

◇共有設定
共有設定では、ファイルやフォルダのアクセス権限を、ユーザ/ゲスト別、グループ別に設定し、必要な機能を使用できるようにします。

◇プロジェクトの作成
ActiveAssetsは、ファイルやフォルダというデータの共有単位のほかに、「作業の共有」という単位を持っています。プロジェクトごとに共有設定を行うことで、必要な作業を必要なメンバーだけで共有しながら、コミュニケーションをとることができます。

◇レビューア機能
レビューア機能では、プロジェクトに登録されたデータに対して複数のメンバーが同時にアクセスし、オンライン校正を行うことができます。

◇Web配信機能
Web配信機能を使うと、簡単にビューアページを作成することができます。Webページ上でも、ActiveAssetsと同様、スムーズな拡大縮小表示が可能です。

◇アニメーションビューア
アニメーションビューア機能は、商品や人物を様々な角度から見せることを可能にします。アニメーションビューアでも、画像の拡大/縮小表示ができます。


<本件に関するお問い合わせ先>
株式会社エイビス・テクノロジーズ
マーケティング担当
TEL:03-3474-0128 / FAX:03-3474-0174
MAIL:info@abistech.co.jp
Web:http://www.abistech.co.jp

■株式会社エイビス・テクノロジーズについて
【所在地】東京都品川区南品川5−11−45
【設立】平成17年2月25日(登記日)
【代表者】代表取締役 松崎勉
【資本金】338,625,000円
【事業内容】
 あらゆるデジタルデータの管理・共有・配信を、インターネット経由でセキュアに実現するツール「ActiveAssets」の開発・販売

ActiveAssets(アクティブアセット)の特徴

(1)データの一元管理
Webデータベースとしてあらゆるデジタルデータを一元管理。グラフィカルなわかりやすい画面構成です。
(2)詳細・厳密な情報共有
閲覧などのアクセス権限をデータごと、ユーザ別に設定可能。グループウェアとして活用できます。
(3)コミュニケーション支援
ビジュアルデータを中心としたグループ内でのコミュニケーションをリアルタイムに実現します。
(4)Web配信
拡大/縮小表示などの、多彩なビューイング機能を持つWebページを簡単に制作できます。

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。


カテゴリー
サービス
業種
サービス業



注目ワード
センター試験
ランドセル
決算発表
バレンタインデー
スキー