パナソニックグループ


【新成人と親世代の意識実態調査】新成人の約8割が「将来、持ち家が欲しい」、約4割が「将来、両親の近くに住みたい」と回答



新成人と親世代の意識実態調査

新成人と親世代の意識実態調査

パナソニック株式会社 エコソリューションズ社は、現在展開中の住宅リフォームキャンペーン「20歳のリフォーム」にあわせ、2014年、新成人となる200人と、20歳の子どもを持つ45~59歳の親世代300人を対象に生活・住宅に関するアンケート調査を2013年12月に実施しました。新成人とその親世代の意識の違いや、新成人の住宅取得意向について調査を行った結果、新成人の79.6%が「将来持ち家が欲しい」と回答。中でも76.2%の人が「一戸建てが欲しい」と考えており、車の所有(67.5%)よりも持ち家志向の方が高い結果となりました。
また、将来の同居については、新成人、親世代ともに「同居よりも近くに住みたい/住んでほしい」と考えているということが分かりました。

▼新成人と親世代の意識・実態調査
http://sumai.panasonic.jp/sumai_create/enq/003/ 
▼アンケート調査結果の詳細データはこちら (PDF/1MB)
http://panasonic.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/2014/01/jn140108-4/jn140108-4.pdf
▼20歳のリフォームキャンペーン
http://sumai.panasonic.jp/sumai_create/hatachi/

■新成人の住居観や人生観などについてのアンケート調査結果
○新成人(当てはまる・やや当てはまるの合計)
・将来は自分の家が欲しい 79.6%
・将来持つなら一戸建てが欲しい 76.2%
・車を所有したい 67.5%
・将来結婚したい 74.8% 
・将来子どもが欲しい 72.8%

■将来の同居・介護についての新成人と親世代のアンケート調査結果
○新成人(当てはまる・やや当てはまるの合計)
・将来は、親と同居したい 11.7%
・両親の近くに住みたい 41.7%
・親の介護を自分でみたい 31.1%
・高齢者施設に入ってほしい 33.5%
○親世代
・子どもと同居したい 11.5%
・子どもに近くに住んでもらいたい 45.8%
・子どもに介護の面倒を見てもらいたい 9.3%
・高齢者施設に入りたい 34.9%

今回のアンケート調査で、将来、同居したいと回答した人は、新成人が11.7%、親世代が11.5%と、両世代とも消極的な結果となりましたが、「近くに住みたい」と回答した人は、新成人が41.7%、親世代が45.8%と、両世代とも同居は考えていないが、近くに住みたいとの意向を持つ人が多いことが分かりました。また、将来の親の介護については、新成人では、親の面倒を自分で見たいと考える人は、31.1%であるのに対し、子どもに面倒をみてほしいと回答した親世代は、わずかに9.3%となり、子どもに迷惑をかけず施設などに入りたいと考える親世代は、34.9%となりました。

▼20歳のリフォームキャンペーン
http://sumai.panasonic.jp/sumai_create/hatachi/
▼100のリフォームアイデア
http://sumai.panasonic.jp/sumai_create/hatachi/100idea/
▼パナソニックの住まいづくり
http://sumai.panasonic.jp/
▼[動画]PanasonicリフォームTVCM 60秒
https://www.youtube.com/watch?v=YxuxCv0C2_o

関連URL:http://sumai.panasonic.jp/sumai_create/

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。


  • 新成人と親世代の意識実態調査 新成人と親世代の意識実態調査



注目ワード
浴衣
夏休み
花火
夏祭り
防災の日
台風