阪神電気鉄道株式会社


阪神あんしんサービス「登下校 ミマモルメ」初めてとなるマンションへの導入が決定



「登下校 ミマモルメ」イメージ

「登下校 ミマモルメ」イメージ

阪神電気鉄道株式会社(本社:大阪市福島区、社長:藤原崇起)の提供する、阪神あんしんサービス「登下校 ミマモルメ」(以下「ミマモルメ」)が、和田興産株式会社(本社:神戸市中央区、社長:高島武郎)の分譲マンション「ワコーレシティ神戸三宮」(建設予定地:神戸市中央区、総戸数:471戸、竣工予定:2015年10月、以下「本物件」)に導入されることが決定しました。ミマモルメのマンションへの導入の決定は今回が初めてで、本物件の校区小学校にミマモルメが導入されていること等から決定されたものです。

「登下校 ミマモルメ」HP → http://hanshin-anshin.jp/

ミマモルメは、児童の校門通過情報を保護者の方にメール配信するサービスで、保護者の方からは無事に登校したことを確認できる安心感などが大変好評を得ています(詳細は下記参照)。
ミマモルメの導入により、保護者の方には、従来の登下校時の校門通過情報に加えて、本マンションのエントランス通過情報がメール配信され、これにより、児童の外出・帰宅をより正確に確認することができ、特に児童の登下校の時間帯に、保護者の方が自宅に不在の場合などには、より一層の安心感がお届けできるようになります。
なお、マンションのエントランスに設置した機器にICカードをタッチすることによる保護者へのメール配信サービスは既に他社が行っていますが、ミマモルメの特徴である「タッチ不要」のICタグを用いたサービス導入及び学校への導入と組み合わせた導入の決定は、全国初となります。
当社では、沿線を初めとした各地域の「安心・快適」な街づくりに貢献すべく、今後も当サービスの普及に努めてまいります。

(注)
1. 本マンションへのミマモルメの導入は、機器・システムを設置して、ご利用いただける環境を整備するものであり、入居者の方に登下校メールサービスのご利用を強制するものではありません。
2. ミマモルメは、2011年4月のサービス開始以来、全国381校、約71,000人(2014年1月現在)にご利用いただいております。


【「登下校 ミマモルメ」の概要】

1. 名称  阪神あんしんサービス「登下校 ミマモルメ」

2. 内容  ICタグを持った子どもが校門を通過すると、保護者の携帯電話に通過情報をメールで送信します。

3. 特長  
(1)導入する学校に、費用負担はありません。学校に設置する設備については、全て当社が手配し、費用を負担します。また、保護者と直接契約し、保護者への説明会、問合せ、利用料金の収受等、当社もしくは代理店が保護者への対応を行います。
(2)ハンズフリーの無線ICタグを用いることによって、子どもに負荷をかけません。また、ランドセルに入れるタイプのタグを用いますので、誰がサービスを受けているかは分かりません(サービスを受けられる方の匿名性が保てます。)。また、無線ICタグを持った子どもが、当社の設備が設置された他の小学校、他の施設に行ってもメールが送信されます。
(3)当サービスを導入いただいた学校では、全校保護者を対象とする一斉メール配信サービスを無料でお使いいただけます。学年別、クラス別、児童別でのメール配信が可能です。

4. 利用料金
一人につき、1か月当たり350円から(支払方法及び地域によって異なる。)

5. お問合せ先
「登下校 ミマモルメ」問合せ専用ダイヤル TEL:06-6457-2070
           (平日8:45-12:00 13:00-17:30 ※年末年始除く。)
ホームページ http://hanshin-anshin.jp/

阪神電気鉄道 http://www.hanshin.co.jp/

発行元:阪急阪神ホールディングス
    大阪市北区芝田1-16-1

関連URL:http://www.hankyu-hanshin.co.jp/news_release/pdf/20140114_2137.pdf

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。


  • 「登下校 ミマモルメ」イメージ 「登下校 ミマモルメ」イメージ


このカテゴリーの関連ニュースリリース(サービス、告知・募集)


注目ワード
浴衣
夏休み
花火
夏祭り
防災の日
台風