日本オラクル株式会社


日本オラクル、「Oracle Exalogic Elastic Cloud X4-2」を提供開始



~約50パーセント向上したサーバー性能、4倍増量したSSD、大容量メモリで仮想環境のアプリケーションを高速実行~

日本オラクル株式会社(本社:東京都港区北青山、執行役社長 最高経営責任者:デレク・エイチ・ウイリアムズ)は、Javaベースのアプリケーションをはじめとする多数のアプリケーションを超高速に実行するエンジニアド・システム「Oracle Exalogic Elastic Cloud」の最新版「Oracle Exalogic Elastic Cloud X4-2」(以下、「Oracle Exalogic X4-2」)を本日から提供開始したことを発表します。

「Oracle Exalogic X4-2」は前機種と比較して、コンピューティング性能の向上や広範な機能オプションにより、業務アプリケーションの展開や集約で発生するコストや複雑さを低減します。最新版の主な特長は以下の通りです:

­- 12コアの「インテル Xeon Processor E5-2697 v2」を備えたオラクルの最新x86サーバー「Sun Server X4」を搭載し、サーバー当り約50パーセントの性能を向上*。
­
- フル・ラック構成で720個のプロセッサ・コア、7.5TBのメモリ、24TBのフラッシュ・メモリを搭載。
­
- 「Oracle Exalogic X4-2」を含むエンジニアド・システムのI/O性能を最大化するオラクルの統合ストレージ製品最新版「Oracle ZFS Storage ZS3」シリーズを統合し、ストレージ領域を33パーセント増加*。
­
- ベアメタル、テンプレートを使った仮想化、IaaS(infrastructure as a service)など、単一ラック上にさまざまな展開アーキテクチャを集約可能。
* オラクル調べ。前機種との比較

「Oracle Exalogic X4-2」は仮想化機能「Oracle VM Server」とシステム全体の仮想マシン群を簡単に作成・構成する「Oracle Virtual Assembly Builder」を組み合わせることで、仮想環境でも基幹業務アプリケーションの性能を落とさずに実行することが可能です。また、「Oracle Exalogic」上で稼働するオラクル・アプリケーション専用の参照構成「Oracle Exalogic Oracle VM Templates for Oracle Applications」を使用することで、アプリケーション統合までの時間を数週間から数分間に大幅に短縮します。

「Oracle Exalogic X4-2」はオラクルのインメモリ・アプリケーション製品群に対応し、前機種からメモリを増量しているため、同製品群を10~20倍高速*に実行し、業務プロセスの迅速な遂行を可能にします。
* オラクル調べ

「Oracle Exalogic X4-2」は、各種の「Oracle Fusion Middleware」製品と組み合わせることで、以下の利点を提供します:

­- 「Oracle Exalogic X4-2」上で「Oracle WebLogic Server」を実行した場合と、他社のハイパーバイザ機能を搭載した汎用サーバー上でオープンソースのJava EE準拠のアプリケーション・サーバーを実行した場合と比較して、アプリケーション・サーバーの性能を約26倍向上*。

­- 10Gbpsのイーサネット搭載プラットフォームと比較した場合、InfiniBandネットワークと関連ソフトウェアを最適化する「Oracle Exabus」を搭載した「Oracle Exalogic X4-2」は「Oracle Coherence」の実行において、5倍処理性能を向上*し、遅延時間を7分の1に短縮*。

­- 「Oracle Exalogic X4-2」は汎用サーバーと比較して、「Oracle BPEL」1秒あたりの処理時間を17倍高速化*。

­- 「Oracle Exalogic X4-2」と同性能のハードウェアを比較した場合、「Oracle Tuxedo」の性能が8倍改善*し、遅延時間を4分の1に短縮*。
* オラクル調べ

2013年9月に開催した「Oracle OpenWorld San Francisco 2013」において、「Oracle Exalogic」へのクラウド基盤ソフトウェア「Nimbula Director」を統合することを発表しました。また「Oracle Exalogic」に「OpenStack」互換APIが組み込まれることで、コンピューティングとストレージを柔軟に管理することができ、さらに「Oracle Exalogic」と「Oracle Public Cloud」間での業務負荷をシームレスに移動させることができます。(参考資料:オラクル、「Nimbula Director」と「OpenStack API」の「Oracle Exalogic Elastic Cloud」への統合ロードマップを発表)
http://japanmediacentre.oracle.com/content/detail.aspx?ReleaseID=3016&NewsAreaId=2

「Oracle Exalogic X4-2」の国内提供に関するパートナー企業からの賛同コメント(五十音順)

・伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社は機能強化された「Oracle Exalogic Elastic Cloud X4-2」の出荷開始を歓迎します。
弊社はこれまで公共、流通、通信、金融など多くの業種へ「Oracle WebLogic Server」をご提供し、「Oracle Exalogic」に関しても実績を積んで参りました。
弊社では検証センターでのPOC実施から構築、運用フェーズでのサポートまで、お客様が安心して導入・運用を行って頂ける充実した様々なサー ビスを展開しております。
今後も日本オラクル株式会社との強力なパートナーシップのもと、パフォーマンスが強化された「Oracle Exalogic Elastic Cloud X4-2」と、付加価値の高い弊社ソリューションによって、お客様のニーズにあわせた仮想環境にも対応したアプリケーション統合ソリューションをご提供して参ります。

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
常務執行役員 クロスファンクショングループ 担当役員 兼 CTO 大久保 忠崇

・NTTデータ先端技術株式会社
NTTデータ先端技術は「Oracle Exalogic X4-2」の国内発表を歓迎いたします。
当社は、「Oracle Exalogic」の実機を活用したPoC(事前検証)から導入支援、導入後の保守サービスまで、お客さまに安全かつ安心してご導入いただくための幅広いサービスを展開しております。また、Oracle Excellence Awards 2013においては、金融機関や通信業を中心としたお客さまへの導入実績をはじめ、「Oracle Exalogic」分野での取り組みを評価いただき、Oracle Excellence Award Specialized Partner of the Yearを受賞いたしました。
このたびの「Oracle Exalogic X4-2」におけるコンピューティング性能の向上により、お客さまのさらなるシステム環境最適化をご支援できるものと確信しております。
今後もOracleのエンジニアド・システムに対する当社のサービスを強化・拡充することで、お客さまにとって満足度の高いOracleソリューションをご提供してまいります。

NTTデータ先端技術株式会社 執行役員 オラクル事業部長 奥山 昌幸

・TIS株式会社
TIS株式会社は、このたびの日本オラクル株式会社による「Oracle Exalogic X4-2」の国内提供開始を歓迎します。
「Oracle Exalogic X4-2」は、さらなるパフォーマンス向上や仮想環境も含めた実行環境の多様化により、リソースの集約・統合による業務負荷やTCOの削減、また想定外のトランザクションの増加にも対応可能な次世代のデータベース基盤として、お客様のニーズに従来以上に効果を発揮し、同製品を提案する機会が増えると認識しています。
今後は、TISではビッグデータへの関心・課題に応えるため、エンジニアドシステムの検証施設「TIS Enterprise Architecture Laboratory(TIS EAラボ)」を活用し、お客様のイノベーションを実現するソリューションの開発・提供をしていきます。

TIS株式会社
常務執行役員
ITソリューションサービス本部 本部長
岡本 安史

・株式会社富士通北陸システムズ
株式会社富士通北陸システムズは、このたびの日本オラクル株式会社による「Oracle Exalogic X4-2」最新版の国内提供開始を歓迎いたします。
弊社は、日本国内No.1のORACLE MASTER Platinum 資格取得数に裏づけされた高い技術力と実績に基づき、「統合プラットフォームソリューション for Oracle Engineered Systems」を提供しております。「Oracle Exalogic X4-2」は、性能向上はもとより様々なデプロイメントオプション機能を組み合わせることで、仮想環境での基幹業務アプリの性能向上、アプリケーション統合短縮等を実現し、お客様の経営課題解決に大きく貢献できるものと期待しております。

株式会社富士通北陸システムズ
執行役員 データベースソリューション事業本部長
中田 浩

最小構成価格:
「Oracle Exalogic Elastic Cloud X4-2 Eighth Rack」(1/8ラックモデル)
・40,217,409円(税抜き)
­- 「インテル Xeon Processor E5-2697 v2」 8個、96コア搭載
­- 最大共有メモリ:1 TB
­- 最大共有ストレージ:80 TB
­- 「Oracle Exalogic Elastic Cloud Software」を含む

製品画像
・「Oracle Exalogic Elastic Cloud X4-2」
http://japanmediacentre.oracle.com/ImageLibrary/detail.aspx?MediaDetailsID=265

●オラクルについて
オラクルは、クラウド環境と皆様のデータセンターの両方においてハードウェアとソフトウェアが連携して稼働するよう設計します。オラクル(NYSE:ORCL)に関するより詳細な情報については、http://www.oracle.com をご覧ください。

■本件に関するお問い合わせ先
日本オラクル株式会社 広報室 谷地田
TEL: 03-6834-4837 FAX: 03-6834-6129 E-mail: pr-room_jp@oracle.com
プレスルーム http://www.oracle.com/jp/corporate/press/

* OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。本文書は情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。

関連URL:http://www.oracle.com/jp/corporate/press/

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。


カテゴリー
製品新製品
業種
ITその他IT



注目ワード
ランドセル
旧正月
決算発表
バレンタインデー
スキー