ソニービジネスソリューション株式会社


【ソニー報道資料】北海道大学・大阪大学にデジタルペーパー会議ソリューションを納入
~デジタルペーパーを活用して会議や授業の効率向上を支援~



デジタルペーパー会議ソリューション

デジタルペーパー会議ソリューション

━━━━━━━━━━━━━━━
プレスリリース
━━━━━━━━━━━━━━━

 ソニービジネスソリューション株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:花谷慎二)は、先に発表したデジタルペーパー『DPT-S1』を活用し、ネットワークを介して会議や授業の資料配布や検索を可能とする「デジタルペーパー会議ソリューション」を、本年3月、国立大学法人大阪大学未来戦略機構様、国立大学法人北海道大学獣医学部様に先行納入いたしました。

 従来の会議や授業では、紙資料の印刷、配布、差し替え、保管、回収、廃棄などに多くの手間がかかっています。ソニーの「デジタルペーパー会議ソリューション」は資料そのものを電子化し、ネットワーク上で共有することで、紙の資料を用意する作業自体を無くしました。直前の資料差し替えにも柔軟に対応できることに加えて、資料内容の電子化による情報漏えいリスクの低減、情報セキュリティ強化も期待できます。参加者は、各自の端末から、手書きでメモなどを自由に書き込み、それを保存することで、後にいつでも閲覧することができます。

 両大学の、納入システム内容は、以下の通りです。

■大阪大学 未来戦略機構様
・デジタルペーパー端末: 30台
・サーバー: 1式
・デジタルペーパー会議サーバーソフトウェア DPTS-M1L100

■北海道大学 獣医学部様
・デジタルペーパー端末: 55台
・サーバー: 1式
・デジタルペーパー会議サーバーソフトウェア DPTS-M1L100

■デジタルペーパー会議ソリューションの特長
1.紙の使用量削減
2.コピー不要による教員や事務担当者の作業効率の向上
3.直前の資料変更にも柔軟に対応可能
4.資料はサーバー上で整理保管
5.資料の電子化による情報漏えいリスクの低減
6.デジタルペーパー端末『DPT-S1』の下記の特長を活かした会議等の開催
・A4サイズ資料をほぼ原寸大で表示
・手書き感覚による会議資料への自由な書き込み
・低消費電力の端末により、長時間の会議等でも安心
・反射型ディスプレイにより、くっきり読みやすく、目が疲れにくい

■商品概要
・商品名:デジタルペーパー会議サーバーソフトウェア
・型名: DPTS-M1L100
・発売日 2014年5月19日(予定)
・価格: オープン価格 (システムトータルの市場想定価格:340万円より。ライセンス数100、同時使用30台までのシステムの場合。デジタルペーパー『DPT-S1』は含まれません。)

 関連サイト ソニー製品情報 デジタルペーパーサイト
 URL  http://www.sony.jp/digital-paper/

 本製品は、5月21日から東京ビッグサイトで行われる「第5回教育ITソリューションEXPO」のソニーブースにて、デモ展示いたします。

 ソニービジネスソリューションは、紙文化を尊重した上で、文書のデジタル化、ペーパーレス化の推進により、スピーディーで確かなコミュニケーションを可能とし、お客さまの業務の効率化や生産性の向上を支援してまいります。


※お客様からのお問い合わせ先 :ソニービジネスソリューション(株) 業務用商品相談窓口
0120-788-333(フリーダイヤル)
050-3754-9550(携帯電話・PHS・一部のIP電話などフリーダイヤルがご利用になれない場合)
受付時間9:00~18:00(土・日・祝日、および弊社休業日は除く)

ソニービジネスソリューション株式会社 URL http://www.sonybsc.com/
ソニー製品情報URL http://www.sony.jp/professional/

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。


  • デジタルペーパー会議ソリューション デジタルペーパー会議ソリューション



注目ワード
センター試験
ランドセル
決算発表
バレンタインデー
スキー