日本オラクル株式会社


日本オラクル、クラウド型マーケティング・プラットフォーム
「Oracle Marketing Cloud」を拡充



~クロスチャネル・マーケティング・ソリューション「Oracle Responsys」を提供開始~

日本オラクル株式会社(本社:東京都港区北青山、代表執行役社長 兼 CEO:杉原 博茂)は、マーケティング担当者の顧客を中心とした効果的なマーケティング活動を実現するクラウド型マーケティング・プラットフォーム「Oracle Marketing Cloud」を拡充したことを発表します。

「Oracle Marketing Cloud」は、顧客データを迅速かつ容易に集約し、ターゲット顧客に対してその興味・関心に合わせた適切なメッセージを届けるなど高精度なマーケティング・プログラムを設計する包括的な機能を提供します。「Oracle Marketing Cloud」を利用することにより、従来にも増して、個々の顧客ニーズに応じて有益かつ長期的な関係構築を実現します。「Oracle Marketing Cloud」として既に提供しているクラウド型マーケティング・オートメーションの仕組み「Oracle Eloqua Marketing Cloud Service」、ソーシャルメディア・チャネルにおける顧客との関係を管理、強化するためのクラウド型サービスである「Oracle Social Cloud」に加え、この度「Oracle Responsys Marketing Cloud Services (以下Oracle Responsys:オラクル・レスポンシス)」の提供を開始します。

「Oracle Responsys」は、顧客に伝えたいメッセージとして最適なコンテンツ制作、そのメッセージを配信するタイミングを決めるシナリオ作成、配信先リストの抽出、メール配信機能、データ分析、顧客データ統合を実現する以下4つの機能から構成されています。
-「Responsys Program」:
顧客プロファイルと行動を基盤に、顧客別に最適なシナリオを設計します。Web上の履歴、メールの開封やクリックなどの行動データなど、複数の情報源から最新の顧客行動データを収集し、シナリオに迅速に反映できます。
-「Responsys Campaign」:
複数のチャネル向けメッセージを直感的なユーザー・インターフェースで容易に作成でき、個々の顧客に適した精度の高いコンテンツを設定することができます。これにより、顧客が必要としている情報を、最適なチャネルで届けることができます。
-「Responsys Insight」:
マーケティング活動を改善するために必要な豊富なレポーティング機能を提供します。キャンペーン実行中にテストを実施し、その結果に基づいて、キャンペーンを最適化し、マーケティング活動の作業工数の削減と自動化を実現することができます。これにより、どのプログラム、提案、顧客グループ(セグメント)が最も収益性が高いのかを見極め、複数のチャネルと時系列が混在した複雑な顧客体験の中で、効果的なプログラムを把握することができます。
-「Responsys Connect」:
「Responsys Connect」を利用することで、Web上の履歴やメールの利用に関する行動データ取得のためにIT部門に依頼する必要がなくなり、顧客管理システム、アクセス解析ツール、ソーシャル・ネットワークなどから必要なデータを取得できます。

● マーケティング・オートメーションに関するビデオ「モダンマーク」シリーズ
「営業とマーケティングの救世主 モダンマーク」
https://www.youtube.com/watch?v=FpmI6kdUkhc&list=UUn2LKzLN89LKnOMTsD8p_gA
「エピソード1 ターゲットを絞る」
https://www.youtube.com/watch?v=SajnscADBSM&list=UUn2LKzLN89LKnOMTsD8p_gA

「エピソード2 見込み客ごとに最適なメッセージを発信」
https://www.youtube.com/watch?v=IMY8sfjxYPo&list=UUn2LKzLN89LKnOMTsD8p_gA

「エピソード3 見込み客から顧客への変換」
https://www.youtube.com/watch?v=QbKamH6OCXE&list=UUn2LKzLN89LKnOMTsD8p_gA

●オラクルについて
オラクルは、クラウド環境と皆様のデータセンターの両方においてハードウェアとソフトウェアが連携して稼働するよう設計します。オラクル(NYSE:ORCL)に関するより詳細な情報については、http://www.oracle.com をご覧ください。

■本件に関するお問い合わせ先
日本オラクル株式会社 広報室 斉藤・石川
Tel: 03-6834-4837 / Fax: 03-6834-6129/ E-mail: pr-room_jp@oracle.com
プレスルーム http://www.oracle.com/jp/corporate/press/

* OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。本文書は情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。

関連URL:http://www.oracle.com/jp/corporate/press/

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。


カテゴリー
製品新製品
業種
ITその他IT



注目ワード
スキー
ひな祭り
ホワイトデー
卒業
東日本大震災