コニカミノルタ株式会社


さかなクンが来る!ダイオウグソクムシも来る!
“海底散歩”暗闇の中で美世界に出会う~超・深海展2014~



コニカミノルタプラザ(東京・新宿)が2014年7月15日(火)から8月10日(日)まで開催する、「”海底散歩”暗闇の中で美世界に出会う~超・深海展2014~」の展示詳細が決まりましたのでお知らせします。

本展は、深海について学べる「Learning Zone」と、深海を疑似体験できる「Feeling Zone」の2つのZoneで構成されています。高圧・低温・暗闇という深海の環境が創り出した地上とは異なる世界を、この機会にぜひご覧ください。

【Learning Zone】
深海生物の標本、パネル、映像などのほかに、下記見どころをご用意しております。
★ ダイオウグソクムシ生体展示 ★
海底で他の生物の死骸を食べて生活し『海の掃除屋』と呼ばれている、世界最大の等脚類(ダンゴムシのなかま)である、ダイオウグソクムシをご覧いただけます。
※生物の状態により、展示内容が変更になる場合があります。

★「江戸っ子1号」「しんかい6500」模型展示 ★
地球のなりたちと変遷や、生物の進化の過程を解明するために、深海調査はとても大切な手段のひとつです。本展では、「江戸っ子1号」の原寸模型、および「しんかい6500」の1/10模型をご覧いただけます。

◆江戸っ子1号:世界初の商業深海探査機。
従来は、政府機関など大がかりな探査のみ可能だったが、機能を限定することで、低コストで運用・製造し事業化を目指す。
詳細URL:http://edokko1.jp/

◆しんかい6500:深度6,500mまで潜ることができる、有人潜水調査船。
日本のみならず、世界の深海調査研究の中核を担っている。
詳細URL:http://www.jamstec.go.jp/shinkai6500/

【Feeling Zone】
★ 2mを超えるチムニー(熱水噴出孔)模型展示 ★
ウォーターエフェクトライトで深海を再現したFeeling Zoneでは、暗闇の中で懐中電灯を頼りに深海生物のパネルをご覧いただきます。高さ2m以上あるチムニー(熱水噴出孔) ※の大型模型も展示し、海底散歩しているかのような雰囲気を体験できます。
※チムニー(熱水噴出孔)…海底から噴出する熱水に含まれる金属などが析出・沈殿してできる柱状の構造物のこと。

【期間中のイベント】
★ さかなクントークショー ★
■7/19(土) 14:00~15:00 「さかなクンのギョギョッとびっくり深海魚教室」
【会場】コニカミノルタプラザ イベントスペース(参加費無料)
【定員】50名  ※お申込みが定員数を超えた場合は抽選となります。
【参加申込方法】コニカミノルタプラザHPから事前申し込み:
  http://www.konicaminolta.jp/plaza/?cid=JPZ1407N03
【受付期間】2014年6月27日(金)~7月10日(木)
【当選連絡】2014年7月11日(金)
  ◆当選者の方にメールにてご連絡いたします。
  ※本トークショーは、コニカミノルタプラザUSTREAMチャンネルで中継予定です。
  URL:http://www.ustream.tv/channel/konicaminoltaplaza

★ 「深海のエキスパート JAMSTECスタッフによる”超・深海の魅力を語る”」特別解説 ★
■7/27(日)14:00~15:00 JAMSTEC 土田真二氏が語る「深海のオアシス」
本展開催にご協力いただいている、独立行政法人海洋研究開発機構(JAMSTEC)職員であり、深海のエキスパートである、土田真二氏のトークショーを開催いたします。
【会場】コニカミノルタプラザ イベントスペース(参加費無料)
【定員】50名  
【参加方法】先着順。
  ※開演2時間前より、会場にて整理券を配布します。

<人物紹介>
【さかなクン】
お魚の豊富な知識と経験に裏付けされたお話が、子どもからシニアまで大人気のさかなクン。
東京海洋大学客員准教授として、お魚を通じて漁業・魚食、環境問題や低炭素社会の実現に向け全国各地で積極的に講演を行っています。
2010年には絶滅したと思われていたクニマスの生息確認に貢献。さらに海洋に関する普及・啓発活動の功績が認められ、「海洋立国推進功労者」として内閣総理大臣賞を受賞。

現在は2014年11月に名古屋・岡山で開かれるESD(持続可能な開発のための教育)ユネスコ世界大会開催に向け、環境省有識者会議に出席。環境省国連生物多様性の10年委員会(UNDB-J)「地球いきもの応援団生物多様性リーダー」、農水省「お魚大使」、文科省「日本ユネスコ国内委員会広報大使」等も務める傍ら『朝日小学生新聞』や『家庭画報』にてコラムを連載中。

【土田真二 つちだしんじ】
独立行政法人海洋研究開発機構
海洋生物多様性研究分野 技術副主幹
博士(水産学)
東京海洋大学連携大学院准教授

1966年東京都生まれ。東京水産大学(現・東京海洋大学)大学院博士課程修了。深海生物、とくに海底火山の熱水噴出孔に群がる不思議な甲殻類の分類、生態、多様性などを研究する。著書『小学館の図鑑・NEO 水の生物』(共著、小学館)、『潜水調査船が観た深海生物―深海生物研究の現在』(共著、東海大学出版会)、『カレンダー 深海生物図鑑2014』(日宣テクノ・コムズ)

<開催概要>
■会 期 : 2014年7月15日(火)~8月10日(日)
■会 場 : コニカミノルタプラザ・ギャラリ-B & C
■所在地 : 〒160-0022 東京都新宿区新宿3-26-11 新宿高野ビル4階
■開館時間: 10:30-19:00
■休館日 : 会期中無休
■入場料 : 無料
■展示作品: 写真、映像、解説パネル、深海探査機材模型など(予定)
■Web   : http://www.konicaminolta.jp/plaza/?cid=JPZ1407N03

<お客様のお問合先>
コニカミノルタプラザ:TEL:03-3225-5001

関連URL:http://www.konicaminolta.jp/plaza/?cid=JPZ1407N03

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。




注目ワード
株主総会
ボーナス
梅雨