ハイペリオン株式会社


テンピュール・ぺディック、コンプライアンス・マネージメント・ダッシュボードの導入によりSOX法の遵守およびレポーティングの業務プロセスを改善



2006年8月21日【米サンタクララ発】- 戦略的な経営管理を実現するビジネス・パフォーマンス・マネージメントのトッププロバイダー、ハイペリオン・ソリューションズ(NASDAQ:HYSL)は、テンピュール・ぺディック・インターナショナル社(Tempur-Pedic International, Inc.)がSOX法(米国企業改革法)への対応を継続的に強化するために、ハイペリオン製品を使ったコンプライアンス・マネージメント・ダッシュボードを活用していることを発表しました。

コンプライアンス・マネージメント・ダッシュボードは、内部統制に関連した情報と財務データの両方を経営ダッシュボードにまとめたもので、重要な財務レポートに関する内部統制の有効性を迅速かつ効率的に評価する際に役立つ業界初のソリューションです。

テンピュール・ぺディックが使用しているコンプライアンス・マネージメント・ダッシュボードは、既存の統制監視ツールとハイペリオンの連結経営管理アプリケーションであるHyperion Financial Managementを統合したソリューションです。このダッシュボードにより、経営幹部は「信号」による表示を通じてコンプライアンスへの対応状況を迅速に判断し、必要に応じて下位レベルの詳細なデータまで掘り下げることができます。

テンピュール・ぺディックの最高会計責任者(CAO)であるジェフリー・ジョンソン(Jeffrey Johnson)氏は次のように述べています。「テンピュール・ぺディックはハイペリオン製品を使ったコンプライアンス・マネージメント・ダッシュボードに非常に満足しています。当社はコンプライアンス・マネージメント・ダッシュボードを、内部統制活動の方向付けや経営報告を行うための現状の把握、透明性の確保、情報収集に使用しています。この経営ダッシュボードを導入したことで、財務報告統制に特化した重要な業務に注力しやすくなり、コンプライアンスの強化活動が継続的に行いやすくなりました。また、当社では長年にわたってハイペリオン製品を利用しており、決算プロセスの向上を図るため2年前にHyperion EnterpriseからHyperion Financial Managementへと移行しました。そして今回導入したコンプライアンス・マネージメント・ダッシュボードは、決算報告のプロセスを継続的に改善するための次なる必然的なステップと考えています。」

ハイペリオンでは、Hyperion Performance Suiteを使ったコンプライアンス・マネージメント・ダッシュボード・ソリューションの開発・統合において、ハイペリオン・コンサルティング・リセラー・パートナーの1アンサー・ソリューションズ社(1Answer Solutions)と提携しました。1アンサーはまた、統制指標を算出するための柔軟性が高く先進的なリスク評価法も開発しました。1アンサー・ソリューションズの社長であるジャスティン・ギレスピー(Justin Gillespie)氏は次のように述べています。「コンプライアンス・マネージメント・ダッシュボードは、財務情報をコンプライアンス・データと組み合わせ、企業幹部がコンプライアンスへの対応をより把握しやすくする点で他に類を見ない製品です。この2種類の情報を組み合わせることで、お客様は法令不遵守の恐れがある分野と関連したリスクを迅速に把握できます。ハイペリオンのビジネス・パフォーマンス・マネージメント・プラットフォームは財務管理情報と強力な分析機能が統合されているので、コンプライアンス・マネージメント・ダッシュボードを構築し展開するには理想的なプラットフォームでした。現在では使用するデータソースによっては、このソリューションをわずか6~8週間で実装できます。」

ハイペリオンのプロダクト・マーケティング担当バイス・プレジデントであるリッチ・クレイトン(Rich Clayton)は次のように述べています。「ハイペリオンのコンプライアンス・マネージメント・ダッシュボードは内部統制のデータと財務データを統合して表示できるため、企業は財務情報の本質を見抜くことができます。この新しいソリューションとHyperion Financial Managementは、コンプライアンスにかかるコストを低減させるとともに、企業が確実にSOX法を遵守する手段を提供します。」

※ 当資料は、米国ハイペリオン・ソリューションズ社により発表されたプレスリリースの抄訳です。 英語の原文および詳細については以下をご覧ください。
http://www.hyperion.com/company/news/news_releases/press_release_2006_0000082.cfm

ハイペリオン・ソリューションズ・コーポレーションついて
ハイペリオン(NASDAQ:HYSL)は、ビジネス・パフォーマンス・マネジメント・ソフトウェアのグローバルリーダーです。導入企業は全世界で1万2,000社以上にのぼり、ソフトウェア製品を通じて企業の経営を可視化し、業績を向上させるための事業計画・予算・経営モデルを作成する支援をしています。また、社内の多様な業務データの検索・分析・共有を促進する支援もしています。そして、最も分りやすく柔軟なアプリケーション群とともに、市場をリードするビジネス・インテリジェンス・プラットフォームを基盤とした、ビジネス・パフォーマンス・マネージメント・ソリューションを提供しています。

米国カリフォルニア州のサンタクララを本社とし、2004年のフォーチューン誌で最も働きたい会社ベスト100社に選ばれています。また、世界90カ国で製品が使用されており、600社以上のパートナー網により、革新的なソリューションやサービスをお客様に提供しています。ハイペリオンの総売上高は、2006年6月30日を期末とする会計年度において7億6,500万ドルに達しています。http://www.hyperion.com/

ハイペリオン株式会社について
ビジネス・パフォーマンス・マネジメント・ソフトウェアのグローバルリーダーハイペリオン・ソリューションズ(NASDAQ:HYSL)の日本法人です。日本におけるハイペリオン製品のサポート全般を目的に設立され、ハイペリオン製品の販売、マーケティング、コンサルティング、トレーニング、テクニカルサポートを業務としています。同社についての詳細な情報はhttp://www.hyperion.co.jpを参照ください。

=========================================================================
Copyright: 2006 Hyperion Solutions Corporation. All rights reserved.
Hyperion、ハイペリオンの”H”ロゴはHyperion Solutions Corporationの登録商標です。
その他記載されている製品名、社名は全て各社の商標および登録商標です。
=========================================================================
◆本リリースに関するお問い合わせ先◆ ハイペリオン株式会社 マーケティング Tel: 03-5545-9310 Fax: 03-5545-9301 
E-mail: japaninfo@hyperion.com

関連URL:http://www.hyperion.co.jp/news/2006/pr_20060821.html

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。



このカテゴリーの関連ニュースリリース(その他)


注目ワード
父の日
キャンドルナイト
株主総会
ボーナス
梅雨