ASTILLERO TSUNEISHI PARAGUAY S.A.


ASTILLERO TSUNEISHI PARAGUAYがパラグアイ海事展“NAVIGESTIC”(2014年10月1日~3日開催)に初出展



常石グループの南米パラグアイ共和国における造船拠点、ASTILLERO TSUNEISHI PARAGUAY S.A.は、2014年10月1日から3日までパラグアイ共和国の首都アスンシオン、マリスカル・ロペス・コンベンション・センターで開催される海事展示会“NAVEGISTIC”に初めて出展します。

NAVEGISTICは2012年から毎年開催されており、2013年には90社が出展、3日間の開催期間中に合計3,500人が来場しました。ASTILLERO TSUNEISHI PARAGUAY S.A.は、今回が初出展で、河川輸送市場における自社事業や商品の浸透を図ります。ブースでは、バージやプッシャーボートを建造する造船工場の様子を収録した会社紹介映像の上映や、営業パンフレットを配布します。

・ASTILLERO TSUNEISHI PARAGUAY S.A.-常石グループ南米事業の紹介と展望
 http://www.glocal-japan.com/southamerica/

・NAVEGISTC
 http://www.navegistic.com/
 ASTILLERO TSUNEISHI PARAGUAY S.A.は、D6ブースに出展

常石グループと南米とのかかわりは、1956年に当時常石造船の2代目社長の神原秀夫が、地元広島県沼隈郡(現:福山市)沼隈町の町長として移民事業を支援したことに始まります。造船・海運事業を中核にグローバルに事業を展開する常石グループは、近年の南米地域の輸出産業の成長や、経済発展にともなう河川輸送、インフラ整備の需要の高まりに注目。河川輸送用バージとプッシャーボートの建造、修繕を行うASTILLERO TSUNEISHI PARAGUAY S.A.を2008年に設立しました。農業や牧場を運営するGL SOUTH AMERICA S.A.、土木、建築業などインフラ整備を行うKAMBARA CONSTRUCCION Y DESARROLLO S.A.、車両整備や中古部品の販売など自動車事業を展開するTCV PARAGUAY S.A.、プッシャーボートの機関艤装とパイプ製作を担うTSUNEISHI PARAGUAY IRON WORKS S.R.L.を設立し、幅広い事業分野でパラグアイの経済発展に貢献していく考えです。

■常石グループ南米事業会社
ASTILLERO TSUNEISHI PARAGUAY S.A. ・・・河川輸送用バージの建造、修繕
GL SOUTH AMERICA S.A.・・・河川輸送業、農業、牧畜業、林業
KAMBARA CONSTRUCCION Y DESARROLLO S.A.・・・土木・建築工事業
TCV PARAGUAY S.A.・・・自動車整備修理業、自動車部品の製造・販売など
TSUNEISHI PARAGUAY IRON WORKS S.R.L.・・・船舶機関艤装およびパイプ製作

■ツネイシホールディングス株式会社
代表取締役会長兼社長:伏見泰治
本社:広島県福山市沼隈町常石1083番地
事業内容: 常石グループは1903年の創業以来、フィリピンや中国などグローバルに展開する造船事業、海運事業、環境・エネルギー事業、サービス事業の4つの事業分野で、世界経済の発展や地域社会の暮らしを支える製品、サービスを提供しています。

常石グループニュースセンターでは、常石グループの事業活動や、国内外のCSR活動など幅広くタイムリーに情報発信しています。
▼常石グループニュースセンター
http://www.tsuneishi-g.jp/


- 本件に関するお問い合わせ先 -
ツネイシホールディングス株式会社
マーケティングコミュニケーション部
pr@tsuneishi.com
本社福山市  TEL:084-987-4915
東京オフィス TEL:03-3264-7733

関連URL:http://www.glocal-japan.com/southamerica/

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。



このカテゴリーの関連ニュースリリース(告知・募集)


注目ワード
春分の日
卒業
東日本大震災
入社
異動
花見
入学
新社会人