株式会社ソキュアス


600年前の純愛物語…「高砂」とは



「高砂や、この浦舟に帆を上げて、この浦舟に帆を上げて、月もろともに出で潮の、波の淡路の島影や、遠く鳴尾の沖過ぎて、はや住吉(すみのえ)に着きにけり、はや住吉に着きにけり」

高砂人形

高砂人形

相生の松が有名な高砂(今の兵庫県高砂市)にやってきた九州阿蘇宮の神官が、松の木の下を掃いている老翁と老婆に出会う。
「高砂の松と住江(大阪府住之江区)の松とを結んでいると有名な相生の松はどれですか?」
神官が尋ねると、老夫婦は「この松です」と答える。
その老夫婦こそが相生の松の木の精。
高砂と住江、遠くに離れていても夫婦の絆は通い合っている。
共に老い、命続く限り――。

これが有名な能、「高砂」のあらすじだが、相生(あいおい)の松は「合い老い」に掛けられ、結婚祝いのみならず、長寿の祝いにも重宝されている。
また、老翁の持つ竹杷(熊手)は寿福の象徴である相生の松を掻き集める道具として縁起物に必須の一点。老婆の手にする杉箒は(掃く=百)厄を祓い福を招き寄せることを表している。

伝統工芸品、木目込み人形を販売する「真多呂人形( http://www.mataro-doll.com/ )では、敬老の日の贈り物に高砂人形をと薦める。

真多呂で扱う高砂の商品は 18,900円、36,750円、50,400円(いずれも税込み)の3タイプ。
穏やかな表情を浮かべる木目込み人形のやわらかな質感は、自愛に満ち、幸福な気分にさせてくれる。

今年の敬老の日は9月18日(月)。
260年の伝統を持つ真多呂人形の魅力を家族全員で味わう、いい機会だ。

■商品に関するお問い合わせ
株式会社真多呂人形 http://www.mataro-doll.com/
代表取締役:金林作郎
所在地:〒110-8505 東京都台東区上野 5-15-13
電話番号:03-3833-9662(ショールーム直通)


■本リリースに関するお問合せ
株式会社ソキュアス http://www.socueus.com/
広報担当:北野 川近
事業内容:インターネットを活用した中小企業向けマーケティング支援
事業所:東京都八王子市明神町4-7-15 落合ビル4階
TEL:0426-31-1422
FAX:0426-31- 1455

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。


  • 高砂人形 高砂人形



注目ワード
入社
異動
花見
入学
新社会人
母の日