パナソニックグループ


業界最低背、高電流容量の「バッテリー接続用コネクタ」を製品化~スマートフォン、タブレットなどのモバイル機器の高機能化に貢献



パナソニック株式会社 オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社は、バッテリー内蔵型[1]のスマートフォン、タブレット、ウエアラブルなどのモバイル機器のバッテリー接続部に適した業界最低背(※)、高電流容量を実現した「高電流対応 基板対FPC接続用コネクタ[2]」を製品化しました。2014年10月1日から受注を開始します。

(※):モバイル機器向けバッテリー接続用コネクタとして。2014年10月1日現在、パナソニック調べ。

【商品情報】
▼高電流対応 基板対FPC接続用コネクタ B01シリーズ
http://www3.panasonic.biz/ac/j/control/connector/battery/b01/

スマートフォン、タブレットの薄型、高機能化に伴い、バッテリーは薄型、高容量化が進んでいます。アプリの増加や高機能化により、バッテリー接続用コネクタには小型低背で高電流容量が求められています。パナソニックは、業界最低背(※)の高さ0.6mmで高電流容量の6Aを実現した「基板対FPC接続用コネクタ」を製品化しました。小型低背ながら高抜去力(ばっきょりょく)で高い接続信頼性を実現、モバイル機器のバッテリー接続部に代表される高電流が通電される箇所への接続に適しています。

■高電流対応 基板対FPC接続用コネクタ B01シリーズの特長
1. 業界最低背(※)の高さ0.6mmで高電流容量の6Aを実現、バッテリー内蔵型のモバイル機器などの高機能化に貢献
2. 小型低背ながら高抜去力で、多点接触構造[3]により高い接続信頼性を実現
3. 嵌合(かんごう)時の位置決めが容易かつ明瞭なクリック感で機器の組立作業性を向上

■用途
スマートフォン、タブレット、ウエアラブルなどのモバイル機器のバッテリー接続に代表される高電流が通電される接続箇所

■備考
本商品を2014年10月7日~10月11日に幕張メッセで開催される「CEATEC JAPAN 2014」に出展します
▼「CEATEC JAPAN 2014」 キーテクノロジ ステージでパナソニックのデバイスを出展
http://panasonic.co.jp/news/topics/2014/127339.html

■用語の説明
[1]バッテリー内蔵型
バッテリー内蔵型のスマートフォン、タブレットのうち、ユーザーでバッテリーの取り外しが出来ないタイプ
[2]高電流対応 基板対FPC接続用コネクタ
スマートフォン、タブレット、ウエアラブルなどの小型モバイル機器において、バッテリー接続に代表される高電流が流れる部分のFPC(フレキシブルプリント回路基板)を接続するコネクタ
[3]多点接点構造
コンタクト(端子)を2又ばねにすることで接触箇所を増やす構造

▼本件に関するお問合せ先
<報道関係お問合せ先>
オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社 広報グループ 
電話 06-6904-4732
Webサイト http://panasonic.co.jp/ais/

<商品に関するお問合せ先>
オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社 制御機器事業部
電話 0120-101-550
Webサイト http://www3.panasonic.biz/ac/j/control/connector/battery/b01/


【商品情報】
▼高電流対応 基板対FPC接続用コネクタ B01シリーズ
http://www3.panasonic.biz/ac/j/control/connector/battery/b01/

[プレスリリース]業界最低背、高電流容量の「バッテリー接続用コネクタ」を製品化(2014年10月1日) http://panasonic.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/2014/10/jn141001-8/jn141001-8.html

関連URL:http://industrial.panasonic.com/jp/

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。




注目ワード
ハロウィン
ピンクリボン
文化祭
中間決算
紅葉
ランドセル