株式会社内田洋行


【新製品】SharePoint(シェアポイント)専用のアクセス解析・分析ツール「CardioLog Analytics」を販売開始!



株式会社内田洋行は、SharePoint(シェアポイント)専用のアクセス解析・分析ツール「CardioLog Analytics(カルディオログ アナリティクス)」の販売を開始いたしました。これまで専門家に依頼していた SharePoint のアクセス解析や分析をユーザ様ご自身で簡単に行えるツールです。多彩でグラフィカルなレポートをもとに、ROIの把握やサイト改善につながるヒントなどを得られます。


▼「CardioLog Analytics」のサイトは、こちらからご覧ください
http://www.uchida.co.jp/it/products/cardiolog/


■特長・主な機能

●見たい情報に直感的にたどりつける、分かりやすいUI
SharePointのツリー構造から、単一のページやドキュメントまでコンテンツドリルダウンで表示。サイトにあるどのコンテンツが見られているのか、直感的に把握できます。

●リアルタイムレポート
リアルタイムにレポートを取得。見たい情報をすぐに確認できるので、サイトの情報把握が瞬時に可能です。

●使い易いダッシュボード
ユーザーに合わせてカスタマイズが可能。重要なレポートを表示し、一元的に管理できます。

●利用者プロファイリングと行動のスコアリング
利用者のプロファイルデータとのシームレスな統合により、パーソナライズされたコンテンツを配信したり、訪問者のセグメントを作成することができます。

●多彩なレポート機能
  ・アクセス数(サイト、ページ、ドキュメント単位)
  ・期日(日・週・月)ごとのページビュー数、ユニークユーザー数
  ・訪問者分析(訪問者数、行動パターン、統計、ソーシャル)
  ・ユーザー・部署ごとのアクセスランキング
  ・サイトナビゲーション(流入経路、ナビゲーション概要)
  ・コンバージョン経路 他

●人気のコンテンツや利用状況をポータル内に表示
内田洋行オリジナルの SharePointWebParts で、取得したアクセスログを SharePoint のポータルに表示することが可能です。ページの閲覧者も、どんなコンテンツやページが人気があるのか、どんな人が多く使っているのかなどを瞬時に把握できます。


▼「CardioLog Analytics」
http://www.uchida.co.jp/it/products/cardiolog/



■内田洋行のネットワークビジネスへの取り組み

内田洋行は、1910年に創業、2010年に100周年を迎えました。1962年(昭和37年)に純国産で初のオフィスコンピューター『USAC(ユーザック)』を発売し、その後50年にわたり情報事業に携わっております。2006年より情報系ネットワークサービスをお客様にご提供するためネットワークテクニカルセンターを立ち上げ、ITネットワーク基盤、コミュニケーション基盤に対応したソリューションビジネスを推進する技術者の育成と共に、中堅および大手企業や自治体を対象にしてネットワークコンサルティング・構築・運用管理ビジネスをご提供しております。


※SharePoint(シェアポイント)は、マイクロソフト 社の製品です。
※CardioLog Analytics(カルディオログ アナリティクス)は、INTLOCK 社の製品です。


──────────────────────────────
■この記事に関するお問合せ
株式会社内田洋行 情報システム事業部 ソリューション営業部
TEL.03(6659)7076 FAX.03(6659)7258
http://www.uchida.co.jp/it/
──────────────────────────────

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。




注目ワード
スキー
ひな祭り
ホワイトデー
卒業
東日本大震災