富士フイルムホールディングス株式会社


2つの世界の代表的な社会的責任投資指標に選定



2つの世界の代表的な社会的責任投資指標に選定

2つの世界の代表的な社会的責任投資指標に選定

富士フイルムホールディングス株式会社(社長:中嶋 成博)は、このたび世界の代表的な社会的責任投資指標(SRI Index)であるDow Jones Sustainability World Index(DJSI World)とFTSE4Good Global Index(FTSE)の構成銘柄に採用されました。

■当リリースに関する詳細は富士フイルムホールディングスのWebサイトをご覧下さい。
  ⇒ http://www.fujifilmholdings.com/ja/whatsnew/2014/1024_01_01.html?link=n2u

DJSIは、米国のS&P Dow Jones Indices社とスイスのRobecoSAM社が共同で開発した株式指標で、経済・環境・社会の3つの側面から企業の持続可能性を評価するものです。世界2,500社のうち上位約10%の企業が「DJSI World」に選定されます。2014年度「DJSI World」に世界319社、日本企業21社が採用され、当社は、そのうちの1社に選ばれました。同時に、アジア太平洋地域の企業を対象にする「DJSI Asia Pacific」にも採用されています。

FTSEグループ(FTSE)は、ロンドン証券取引所の子会社で、株式や債券などの指数(INDEX)作成、管理をする欧州を代表する企業です。特に同社が発行するSRI関連の格付け評価であるFTSE4Good Global Indexは、ダウジョーンズの格付けと並ぶ高い評価を得ており、当社は、本年も、その構成銘柄に組み込まれました。

富士フイルムグループは、創立80周年を機に新たにグループの経営の根幹となる目標として「サステナブル バリュー プラン(Sustainable Value Plan)2016」を策定しました。今後も社会課題の解決を事業成長の機会ととらえ、社会課題解決のための新たな価値を提供し続けることにチャレンジし、“社会の持続可能な発展”と“企業価値向上”に努めていきます。

関連URL:http://www.fujifilmholdings.com/ja/whatsnew/2014/1024_01_01.html?link=n2u

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。


  • 2つの世界の代表的な社会的責任投資指標に選定 2つの世界の代表的な社会的責任投資指標に選定



注目ワード
センター試験
ランドセル
決算発表
バレンタインデー
スキー