株式会社サイバーテック


XMLデータベースのリーディングカンパニーのサイバーテック、業界最速の日本語全文検索「ターボサーチ機能」を搭載したXMLデータベース「Cyber Luxeon Ver 2.0」新発売。



10GB,1000万件のテキストを約0.1秒で検索

検索速度 (当社従来製品比較)

検索速度 (当社従来製品比較)

 株式会社サイバーテック(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:橋元賢次、http://www.cybertech.co.jp/)は、XMLネイティブデータベース「Cyber Luxeon」に商用のXMLデータベースでは、トップクラスの日本語全文検索性能を搭載した、「Cyber Luxeon Ver 2.0」の販売を開始します。
 「Cyber Luxeon」は、XMLデータの検索だけではなく、データの挿入、更新、トランザクション処理も得意とする、データ処理志向のアーキテクチャを採用する本格派のXMLネイティブデータベースです。
 今回の「Cyber Luxeon Ver 2.0」では、ユーザからの要望が高かった「検索機能の向上」と「検索速度の改善」に対応しました。新たに搭載した日本語・他国語対応全文検索「ターボサーチ機能」を利用することで、250万件のXMLデータ検索で、従来のCyber Luxeon Ver 1.0 と比べて約20倍以上の検索速度向上を実現致しました。また、XMLファイルを階層的に格納するフォルダを仮想DBとして扱うことができる「フォルダDB機能」を新たに提供。フォルダ内にある複数XMLファイルを動的にバインディングすることで、複数XMLファイルの横断検索やデータ更新を可能にし、データベースを階層的に構築することが可能です。
 「Cyber Luxeon Ver 2.0」の価格はWindows版の実行ライセンスが450万円、出荷は2006年11月を予定しております。

■「Cyber Luxeon Ver 2.0」 日本語全文検索 「ターボサーチ機能」 の概要
○ 検索機能:タグを指定しての検索(完全一致、前方一致、後方一致、途中一致)や、全文検索、あいまい(類似)検索
○ 検索方式:N-gram方式
○ 対応言語:特に選ばない(英数字、日本語、中国語、ロシア語等)
○ XML以外の他文書・他DB(word, excel, powerpoint, CSV他) の検索も可能(オプション提供) 

【検索速度 (当社従来製品比較)】
以下URLをご覧下さい。
http://www.news2u.net/incidental_dsp.php?id=1&rid=NRR200612878

※Cyber Luxeon Ver 1.0 (Windows版)とCyber Luxeon Ver 2.0 (Windows版)で、同一のデータを用いて、XMLデータベース内に格納されているXMLテキストファイルの値に対して検索を行なった場合の数値です。確認を行なうハードウエアのスペックやXMLデータにより計測結果が異なる場合があります。


■「Cyber Luxeon Ver 2.0」その他の強化点
1 フォルダDB機能
「動的バインディング」と呼ばれるフォルダの仮想DB化機能。フォルダ内のXMLファイルを一つのDBとしての横断検索、更新が可能。
2 Linux対応
RedHat Linux ES3に対応。
3 .NET 対応
COM, Java に加え .NETに対応。


■提供形態
・「Cyber Luxeon」の保守ユーザの方は、無償で「Cyber Luxeon  Ver.2.0」へのバージョンアップが可能です。
・「ターボサーチ機能」は、「Cyber Luxeon Windows版/Solaris版」のみ、標準機能として提供します。「Cyber Luxeon Lite版」「Cyber Luxeon 開発版」をご購入のお客様で、ターボサーチ機能をご利用の場合は、「Cyber Luxeon Ver. 2.0」 へのアップグレードを行なっていただく必要があります。

■「Cyber Luxeon 2.0」 ライセンス価格(税別)
1.Windows版 (対応プラットフォーム:Microsoft Windows Server 2003 Windows XP Professional)
・実行ライセンス  4,500,000円/1CPU
・年間保守サポート費  ライセンス価格の20%
(初年度から必須。技術問い合わせ、バージョンアップの無償提供)

2.Solaris版(対応プラットフォーム :Solaris10)
・実行ライセンス  5,500,000円/1CPU
・年間保守サポート費  1,100,000円/1CPU
(初年度から必須、技術問い合わせ、バージョンアップの無償提供)

■URL
http://xml.cybertech.co.jp/

※商品名称等に関する表示、記載している会社名・製品名は各社の商標または登録商標です。

■株式会社サイバーテック ご紹介
「ITによる社会貢献」を実現させるため、日本を代表する魅力的なITカンパニーを目指しているXML分野のリーディングカンパニーです。主に各種ミドルウェアを活用した受託開発及び、XML専用データベース製品「Cyber Luxeon」(サイバーラクセオン)のメーカーとして製品企画、開発、拡販活動を行っています。

商号:株式会社サイバーテック (CyberTech corporation)
設立:平成10年(1998年)9月8日
本社 所在地:
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-5-1興和一橋ビル別館7F
Tel 03-5577-8000 Fax 03-5577-8002
社員数:60名
セブ開発センター (フィリピン):
Unit 1406 Keppel Center Samar Loop cor. Cardinal Rosales Ave. Cebu Business Park,Cebu City 6000 Philippine
資本金: 8,000万円
主要株主:橋元賢次・従業員・オリックス・キャピタル株式会社ほか
事業内容:
1.世界初の商用XMLネイティブ・データベースCyber Luxeon(サイバーラクセオン)の研究開発、マーケティング、販売、コンサルティング
2. XMLミドルウェアを用いたソフトウェア受託開発
代表者:橋元 賢次 ・JASIPA(日本SI Partners Association) 理事
取引銀行:三井住友銀行 赤坂支店 三菱東京UFJ銀行 神田支店
所属団体:
  XMLコンソーシアム
  HP DSPP(Developer & Solution Partner Program)
  SUN SDC(Sun Developer Connection)
  JASIPA(日本SI Partners Association)
  YEO(Young Entrepreneurs' Organization-青年起業家機構)


■株式会社サイバーテック代表者 ご紹介
代表取締役社長 橋元 賢次 (はしもと けんじ)

■略歴:
1991年3月:私立清風高校卒業
1995年3月:国立愛媛大学 電気電子工学科卒業。
1995年4月:沖電気工業株式会社入社。
Cadence社Verilog-XLを用いたHDL(論理記述)手法によるLSI設計、およびBorland社Turbo C++を用いたLSI評価用ソフトウェア開発業務に3年間携わる。
デバイス開発実績は、4Bitマイコンのペリフェラル開発、ウォークマン用リモートコントローラー、エンジンのノッキング制御用カスタムIC、IrDA規格赤外線通信コントローラーなど。
また、IrDAに関してはデバイスの設計だけではなく、沖電気開発製品、および当時デファクトスタンダードであった、ナショナルセミコンダクター社の通信コントローラーICであるNS87108の2つの通信ソフトを開発し、IrDA通信に用いる赤外線モジュールの評価も多数行う。
1998年9月:沖電気工業株式会社退社。
サイバーテック有限会社設立。代表取締役に就任。


社長blog 「こてこてベンチャー社長奮闘記」
http://blog.livedoor.jp/cybertech1998/



<本件に関するお問い合わせ先>
株式会社サイバーテック 事業統括部 加藤哲義(かとう てつよし)

<報道関係者からのお問い合わせ先>
株式会社サイバーテック マーケティング推進室 小野雅史(おの まさし)
メール :info@cybertech.co.jp   TEL :03-5577-8000   FAX:03-5577-8002

関連URL:http://xml.cybertech.co.jp/

このリリースについてのお問い合わせ

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。


  • 検索速度 (当社従来製品比較) 検索速度 (当社従来製品比較)
  • 製品画像 製品画像

カテゴリー
製品
CSR
業種
サービス業



注目ワード
運動会
衣替え
父の日
キャンドルナイト
株主総会