ソニービジネスソリューション株式会社


【ソニー報道資料】
県立新潟スタジアム「デンカビッグスワンスタジアム」に大型映像装置、電光掲示盤およびフルハイビジョン放送室設備納入の契約締結



システム概要

システム概要

━━━━━━━━━━━━━━━
プレスリリース
━━━━━━━━━━━━━━━
ソニービジネスソリューション株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:宮島和雄)は、株式会社興電社とのジョイントベンチャーであるソニービジネスソリューション・興電特定共同企業体として、県立新潟スタジアム「デンカビッグスワンスタジアム」に、大型映像装置、電光掲示盤およびフルハイビジョン放送室設備を納入する契約を2014年10月に締結いたしました。

===========================
プレスリリースはこちら
http://www.sonybsc.com/sbsc/press/2014/20141126.html
===========================

 「デンカビッグスワンスタジアム」は、国際的な各種スポーツイベントが開催可能な総合スタジアムであり、J1リーグに所属するサッカークラブ、アルビレックス新潟のホームスタジアムとして使用されています。

 同スタジアムは、2002年日韓ワールドカップ開催時に導入した設備の更新にあたり、スタジアム内でのより魅力的な映像演出をめざしています。大型映像装置上には、カメラ映像、競技データ、選手名、チームロゴ等多彩な映像表現が可能となり、また電光掲示盤では文字情報のみならずCGや映像等、フルカラー表示が可能となります。

 ハイビジョン放送室設備は、スタジアム内のさまざまなイベント演出に対応できる高品位な機器を選定。大切なイベントの安定運用を担保するため、電源の二重化や機器構成の工夫を通じて、冗長性の高いシステム設計をしています。更に、極力消耗部品の少ない機器構成により、ランニングコストの低減が、見込まれます。操作面では、タブレットによる遠隔操作が可能で、フィールドにいながらにして得点や選手名等を大型映像に表示できることで、さまざまな利用ニーズに対応します。

 本システムは、2015年3月に行われるアルビレックス新潟のホーム初戦から運用が開始される予定です。ソニービジネスソリューションは、スタジアムのエンタテインメント性を向上させる仕組み作りを積極的に推進し、プロフェッショナルソリューションビジネスを拡大させてまいります。


■ 納入システム概要

1.高輝度・高精細・広視野角の大型映像で多彩な映像演出を実現
・LPU-2001 2面 (ソニー製):高輝度、広視野角、高階調の鮮明な映像表示が可能
・845型大型映像装置(横19.20m×縦9.60m、145.92平方メートル):高輝度(6000cd/平方メートル)、高精細(20mmピッチ)
・430型電光掲示盤(横10.24m×縦3.84m)

2. 放送室より、大型映像装置、電光掲示盤を二画面連動させた映像表現が可能
・マルチスクリーンコントローラー(ソニービジネスソリューション製)
多彩な映像ソース(カメラ映像、競技データ、選手名、チームロゴ等)の送出を、競技進行に合わせて簡便に制御。
また、イベントの際の多様な持ち込み機材/コンテンツを入力できるインターフェースを有し自由度の高い設計。

・移動カメラ HSC-300RF 2台 (ソニー製) 
プロ用放送機器により、いかなるイベントでも十分な表現力を確保

・固定カメラ HDC-P1 3台(ソニー製) 
カメラアングルを事前設定でき、運用時に設定呼び出しで操作可能

・HD映像記録再生装置 HDW-S2000 1台 (ソニー製)、XDS-PD1000 1台 (ソニー製)、他
高品質なプロ用放送機器を採用。即座にスロー再生が可能で、スポーツ時の演出に最適

・特殊効果/ルーティングスイッチャー MVS-3000A 1式 (ソニー製)、 IXS-6600 1台 (ソニー製)

・モニター LMD-A220(ソニー製)、他

・オーディオミキサー
プロ用放送機器採用により、多彩な特殊効果や、映像/音声の連動した演出が可能

・ノンリニア編集装置 
スポーツ競技のハイライト編集などに要求されるスピードと高画質に対応

・テロップ装置 
多彩な装飾機能と高画質で観客の目を引く演出表現が可能

・スポーツコーダー 2台
サッカーなど使用が想定される競技に適した画面パターンを装備

・タブレット Xperia™ Tablet
無線接続されたタブレットでフィールドなどから得点表示やカメラ映像の切替え操作が可能

3. 長期安定運用を実現する保守設計
長期使用を考慮した耐久性に優れた放送用機材の中より、消耗部品の少ない機器を選定。運用継続
最優先の設計コンセプトに基づく主要機器の冗長化を図り、安定運用をサポート。また、使い易さを追求したソニー独自の運用アプリケーションにより効率的な運用が可能。


 
【お客様からのお問い合わせ先】
ソニービジネスソリューション(株) 業務用商品相談窓口
0120-788-333(フリーダイヤル)
050-3754-9550(携帯電話・PHS・一部のIP電話などフリーダイヤルがご利用になれない場合)
受付時間9:00~18:00(土・日・祝日、および弊社休業日は除く)

ソニービジネスソリューション株式会社 URL http://www.sonybsc.com/
ソニー製品情報URL http://www.sony.jp/professional/

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。


  • システム概要 システム概要



注目ワード
ボーナス
お歳暮
エコプロダクツ
クリスマスケーキ
クリスマス
大掃除
師走
バーゲンセール
冬休み
忘年会