日本ファイナンシャルアカデミー株式会社


品川女子学院の家庭科本科にて「高校生向け経済金融教育の授業」実施。子ども版NISA世代の「貯蓄から投資」を促す。



日本ファイナンシャルアカデミー株式会社

日本ファイナンシャルアカデミー株式会社

お金の教養が身につく総合マネースクールのファイナンシャルアカデミー(http://www.f-academy.jp/a/515/)と一般社団法人 金融学習協会(http://www.kinyugakushu.jp/)は、品川女子学院(http://www.shinagawajoshigakuin.jp/)と共同で高校生のための経済金融教育を行っています。

今年度、いよいよ家庭科本科に本講座が導入され、品川女子学院の情報科主任であり、家庭科と情報科を担当している酒井春名教諭が授業を行います。この第3回の授業を公開講座といたします。


■公開講座日程
2015年 3月 2日(月)10:40~12:30 品川女子学院


目標や夢を実現するための経済的なサポート役となる「お金との付き合い方」。
高校生の時点でその基本的内容を理解し、お金の使い方、貯め方、備え方、トラブルの回避等の方法を身につけることが将来の役に立つと考え、2014年2月に全4回の特別講座を開催いたしました。
詳細は下記となります。

■2014年 実施日時と内容
第1回 「信用が社会の中心で回っている」
第2回「お金を使うと減る?増える?」
第3回「年々、価値が上がるもの下がるもの」
第4回「フリーのビジネスモデルを研究しよう」

本公開講座は、第3回の「年々価値が上がるもの、下がるもの」というタイトルにて、主に人生の三大支出「マイホーム」について、正しい価値の見極め方、中古物件と新築物件の比較、海外と国内での不動産事情の比較、住宅ローンの正しい借り方、等を学びます。

昨年、特別講座を受講した生徒から、学生のうちに学んでいてよかったという意見が多数あり、その一部を紹介いたします。

▼受講後の生徒からの感想

・「将来の職業を見極めるのに必要なことを学べた気がしました。」

・ 「長い視野で物事を見ることの大事さがわかりました。」

・ 「自分の将来をあまり具体的に考えたことがなかったので、しっかり考えないといけないと思いました。」

・「両親と今住んでいる家の素晴らしさに気づきました。帰っていろいろと伝えたいです。」

・「自分が将来住みたい家を考えるのが楽しかったです。この考えを家以外の将来のことについて考えるときに使えるようになりたいです。」

・「やっぱり海外に住みたいと思った。家でも親と話してみます。」


2016年には子ども版NISAが創設される予定になっているなど
投資の土台はこれから急速に若い世代へも広がってくることが予想されます。
今後ますます重要視される学校での金融教育をご覧いただける、貴重な機会となります。


<公開講座 取材お申し込み方法>
―――――――――――――――――――――――――――――
公開講座の取材をご希望の方は、Eメールにてお申込みください。

■取材に関する留意事項(※必ずご一読ください)
・講座取材の方は開始10分前までに会場へお越しください。
・入場の際は受付にて身分の確認できるものをご提示願います。(名刺で結構です)
・駐車場の用意はございませんので、各社でご手配願います。

<< 品川女子学院公開講座 取材申し込みフォーム>>
・貴社名 :
・貴社媒体名:
・お名前 :
・電話番号 :
・メールアドレス :
・取材形式(該当のみ記載) :
  写真撮影 / TVカメラ / メモ / インタビュー希望
→ 申し込みメールアドレス:corp@jfa.ac(件名:「◯◯講座」取材希望)
◯◯に取材をご希望の講座名の記載をお願いします。
関連URL:http://www.f-academy.jp/a/515/
―――――――――――――――――――――――――――――

■品川女子学院とは
品川女子学院(所在地:東京都品川区)は、大正14年開校の中・高一貫教育を行う私立の進学校です。全校1,283人(中等部計656人高等部計627人)の生徒が在籍しています。(2014年4月)

同校では、28歳という年齢を、仕事では様々な経験を積み、プライベートでは結婚や出産という選択肢が生まれるターニングポイントとして考えており、生徒が28歳になったときに社会で活躍している女性に育てることを目的とした「28project」という教育活動を実施しています。

「28project」は専門性の高い職業を視野に専門職大学院などへの進学をめざした学習指導、社会で活躍できる高いコミュニケーション能力の育成、国際舞台での基礎スキルとなる英語能力の向上などに力を入れ、しっかりとした将来のビジョンを持って行動できる女性を育てることを目標とした教育活動です。
2014年度より文部科学省スーパーグローバルハイスクール指定校となりました。

■ファイナンシャルアカデミーとは
ファイナンシャルアカデミーは「お金の教養」を身につけるための日本唯一の総合マネースクールです。
2002年の創立以来、東京校・大阪校・ニューヨーク校・通信制・WEB自宅受講を通じて、12年間で延べ30万人の方が、お金の貯め方、使い方といった身近な生活のお金から、会計、経済などの学問的視点、株式投資や不動産投資などの資産運用まで、独自のカリキュラムで体系的に学んでいます。

誰もが一生の付き合いとなるお金。義務教育で教わらない「お金の教養」「お金の知性」を正しく学び、育むことで、人生にゆとりをもたらし、よりよい人格形成の一助となることを目指しています。

当校は、経済・金融・教育・法務の各有識者で構成されるアドバイザリーボードメンバーの指導のもと、中立的な学校運営を行なっています。
http://www.f-academy.jp/advisory_board.html


金融商品の販売や紹介を行わない当校は、授業料で成り立っております。私たち個人が、証券会社などの金融機関や不動産会社等と対等なコミュニケーションを取れることも教育目標の一つとしています。
http://www.f-academy.jp/


■一般社団法人 金融学習協会とは
生活者目線に立った「お金の教養」についてしっかりと学べる場を提供したいという想いから、金融学習協会は設立されました。

当協会では、社会変動の渦に巻き込まれ、情報過多ゆえに正しいお金との付き合い方が見えなくなっている方への学びの場はもちろんのこと、社会生活のベースとなる基本思考、貯蓄行動、消費行動、職業観育成、資産運用、維持管理、社会還元に至るまで、生活していくうえで必要なお金の知識を体系立てて学べる場を提供しています。

「お金の教養」について継続的に学ぶことは、経済的なゆとりを生み出すだけでなく、よりよい人格、社会性を形成することにもつながります。当協会では、自立した社会人を育てることで、一人ひとりが自己の将来や社会に対して責任を持てる自立型の社会を作っていくことを目指しています。

http://www.kinyugakushu.jp/

ご不明な点は下記までお問い合わせください。 
------------------------------------------------------------
ファイナンシャルアカデミー
担当:飯山(イイヤマ)

Tel 03-5909-7420 FAX 03-5204-8646
E-mail info@jfa.ac

URL http://www.f-academy.jp/
学校概要 http://www.f-academy.jp/corp_index.html
公式ツイッター http://twitter.com/facademy
Facebookファンページ http://www.facebook.com/financialacademy
ファイナンシャルマガジン http://www.f-mag.jp/
金融学習協会 http://www.kinyugakushu.jp/

東京校事務局:160-0023 東京都新宿区西新宿1-14-11
大阪校事務局:530-0001 大阪市北区梅田2-2-2 ヒルトンプラザウエストオフィスタワー19階
ニューヨーク:Financial Academy New York 275 Greenwich St. Apt.9D, New York, NY. 10007
------------------------------------------------------------

関連URL:http://www.f-academy.jp/a/515/

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。


  • 日本ファイナンシャルアカデミー株式会社 日本ファイナンシャルアカデミー株式会社


このカテゴリーの関連ニュースリリース(告知・募集、サービス)


注目ワード
エコプロダクツ
クリスマスケーキ
クリスマス
大掃除
師走
バーゲンセール
冬休み
忘年会
年賀状
ランドセル