コニカミノルタ株式会社


世界的に権威のあるイーコム社CSR格付で「Prime」認定
~社会・環境側面で電子デバイス・機器産業をリードする企業として5年間認定を維持~



「oekom Prime」

「oekom Prime」

コニカミノルタ株式会社(本社:東京都千代田区、社長:山名 昌衛、以下 コニカミノルタ)は、この度、ドイツに拠点を置くCSR評価会社であるoekom research AG(以下 イーコム社)による2015年のCSR格付において、世界の電子デバイス・機器産業をリードする企業として「Prime(プライム)」の認定を受けました。当社は、2011年から5年間、プライム認定を維持しています。

持続可能な投資や持続可能性格付などの分野で世界的な権威を有するイーコム社は、「社会」と「環境」の2側面から世界の企業を評価し、業界のなかでトップクラスの総合判定を得た企業をプライムとして認定しています。

今回の評価で、コニカミノルタは、省エネ・省資源活動で最高評価を得ました。その他に、以下の観点で高い評価を受けています。

■環境負荷低減と企業価値の向上を両立する目標を策定したグローバルな中期環境計画とその施策の推進
■独自技術を活用した再生材利用などによる使用資源最小化の取り組み
■高度な化学物質管理
■環境規格への厳格な対応

経営ビジョン「グローバル社会から支持され、必要とされる企業」「足腰のしっかりした、進化し続けるイノベーション企業」のもと、コニカミノルタは、企業の社会的責任を果たし、社会課題の解決と企業の競争力向上の両立をめざしています。環境問題をはじめ、社会的重要度が高く、かつ事業に与える影響が大きいと思われる課題を抽出し、独自の技術・ノウハウを活用して事業と一体化したCSR活動をワールドワイドに展開する経営体制・施策が、高評価につながりました。

これからも、コニカミノルタは、お客さまへの約束「Giving Shape to Ideas」のもと、イノベーティブなアイデアと実行力を磨き、グローバル社会の課題解決に貢献する新しい価値の創造に取り組むことで、事業と一体化したCSR活動を推進してまいります。

関連URL:http://www.konicaminolta.jp/about/csr/?cid=JPC1502N24

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。


  • 「oekom Prime」 「oekom Prime」



注目ワード
センター試験
ランドセル
決算発表
バレンタインデー
スキー