株式会社リンコム


ビック東海とリンコム、営業支援システム「KnowledgeStage営業日報」の販売で協力体制を強化



株式会社リンコム(本社:東京都台東区 社長:藤原信二)は、同社の開発販売するリンコム ネクスト上で動作する株式会社ビック東海製の営業支援システム「KnowledgeStage営業日報」の販売で協力体制を強化し、今後中堅中小企業を中心に導入が進むとされるSFA(営業支援システム)の市場で営業展開を積極的に図っていくと発表しました。

「KnowledgeStage営業日報」はその前身である「KnowledgeStageSFA」の2001年の発売から、中堅企業を中心に60社以上のユーザー実績を持っている営業支援システムです。案件型営業・ルート型営業といった営業スタイルにかかわらず、営業員の1日の活動を日報として報告→上司などがアドバイス→次回訪問の戦略検討のサイクルの確立による営業のスキルアップを目指します。 営業スタイルにこだわらない日報報告型ですが、「KnowledgeStage/SFA」で好評の「プロセス管理」「見込度の精度向上」「訪問頻度管理」などの機能も有しており、実戦に向いた導入しやすいSFAとして好評を博しています。
ビック東海とリンコムでは販売協力の第一弾として10月27日「KnowledgeStage営業日報」の紹介セミナーを開催いたします。

「KnowledgeStage営業日報」について:http://www.linkcom.co.jp/peripheral/ks_sfa.cfm
セミナーのご案内:http://www.linkcom.co.jp/event&seminar/20061027.cfm


【リンコム ネクストについて】
統合型グループウェア「 リンコム ネクスト」はウェブ型グループウェアの登場以来9年という長い歴史と、甲府市役所、(株)パソナ、(株)パワードコム、フランスベッド(株)、横浜ゴム(株)、東映(株)、フジテレビなどの大企業が全社で採用しているのをはじめとして1200社を越える導入実績を持つ企業内外を結ぶ統合型グループウェアです。

統合型グループウェア「リンコム ネクスト」は次のような特長があります。
■スケジューラ、掲示板、施設予約など14の基本グループウェア機能を搭載
■ActiveDirectry連携をはじめ、各種のポータル機能を実装
■有償ソース公開対応なので、グループウェアのカスタマイズが可能
■データベースはSQLServerなどの汎用DB
■グループウェアのライセンスはCPU単位なので導入コストを抑えることが可能
リンコム ネクストについて:http://www.linkcom.co.jp/next/3kinds.cfm

【株式会社リンコム 会社概要】
●会社名 :株式会社リンコム
●設立日 : 1997年1月 
●資本金 : 1億2456万円
●代表者 : 藤原信二
●事業内容  : グループウェア・企業内ポータル・企業間ウェア製品『リンコム ネクスト』の開発・販売および関連のコンサルティング・受託開発・トレーニング事業
●ホームページ: http://www.linkcom.co.jp/

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社リンコム
営業統括部:野村剛志
電話:03-5246-6711
Email:sales@linkcom.co.jp

本プレスリリースに記載されている会社名、製品名等は各社の商標または登録商標です。

関連URL:http://www.linkcom.co.jp/

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。



このカテゴリーの関連ニュースリリース(製品)


注目ワード
ボーナス
七夕
バーゲンセール
梅雨
海水浴