【子どもが主役になれるまち横須賀】「医療環境のよいところに住みたい」 ~子育ても安心! 横須賀市は医療環境の充実に力を入れています。



横須賀市救急医療センターの小児科の受診は年間約15,000人

横須賀市救急医療センターの小児科の受診は年間約15,000人

横須賀市では、結婚・子育て世代や子どもたちが住んでいてよかったと思えるまちを目指し、Webサイト「子どもが主役になれるまち横須賀」で横須賀市での暮らしにまつわるさまざまな情報を発信しています。

▽子どもが主役になれるまち横須賀
 http://www.kodomogashuyaku.jp/

◇充実の救急医療センター◇
救急医療センターとは休日や夜間の急病やけがの応急処置をする施設です。
横須賀市医師会の管理・運営で内科・小児科・外科の診療を行い、質の高い医療を提供しています。
小児科は小児科専門の医師が診察をしています。
診療待ちの状況を携帯電話で確認できるサービスを提供しています。また、広い待合室とキッズスペースがあります。

◇24時間体制救命救急センターが市内に2つも◇
救命救急センターとは、生命に危険が及ぶ状況にある重傷・重篤患者を24時間体制で受け入れる高度医療施設を指します。
救命救急センターはもともと人口100 万人に1カ所を目安として整備されてきましたが、横須賀では市内に2カ所設置されており、市民にとってはもしもの時の安心感につながっています。

■市内の救命救急センター
横須賀共済病院
横須賀市立うわまち病院

▽詳しくはこちらをご覧下さい。
「住むまち選び」でのポイント別 横須賀の紹介
http://www.kodomogashuyaku.jp/sumumachi.php


横須賀市では、WebサイトやSNSなどを通じて、これからも“住むまち 横須賀”の魅力を市内外に発信していきます。

「子どもが主役になれるまち横須賀」
http://www.kodomogashuyaku.jp/

「子どもが主役になれるまち横須賀」Facebookページ
https://www.facebook.com/kodomogashuyaku

「子どもが主役になれるまち横須賀」Twitter
https://twitter.com/kodomogashuyaku

「子どもが主役になれるまち横須賀」LINE@
ID: @kodomogashuyaku


【横須賀市について】
横須賀市は、神奈川県南東部、三浦半島の中央部に位置しています。西は相模湾、東は東京湾に面し三方を海に囲まれ、緑も多く残る豊かな自然環境、夏は涼しく冬は暖かな気候、新鮮な朝どれの魚や野菜がいつでも購入できる食の豊かさなどさまざまな魅力を持っています。一方、都心へのアクセスも良く、都会的な暮らしと自然に囲まれた時間の両方が手に入ります。特に結婚・子育て世代の家族にとって暮らしやすい、「子どもが主役になれるまち」です。

横須賀市ホームページ
https://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/

●お問い合わせ
横須賀市 政策推進部 都市イメージ創造発信担当
TEL:046-822-8221
E-mail:cis-pp@city.yokosuka.kanagawa.jp

関連URL:http://www.kodomogashuyaku.jp/

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。





注目ワード
センター試験
ランドセル
決算発表
バレンタインデー
スキー