学校法人近畿大学


7/1(水)「純米生貯蔵酒 平群」新発売! 奈良県平群町×八木酒造(株)×近畿大学農学部



純米生貯蔵酒 平群

純米生貯蔵酒 平群

近畿大学農学部(奈良県奈良市)、奈良県平群町、八木酒造株式会社(奈良県奈良市)による産学官連携の新商品「純米生貯蔵酒平群」を、平成27年(2015年)7月1日(水)から販売します。

7月3日(金)には、「アグリビジネス実習」の授業でこの商品にかかわっている近畿大学の学生が、店頭販売を実施します。

【本件のポイント】
● 産学官連携による特産品として、これからの季節によくあう「純米生貯蔵酒 平群」を300本限定で新発売
● 農学部の学生が、原料米の生産からラベルのデザイン、商品の販売促進活動まで協力し、農業の6次産業化を学ぶ

【本件の概要】
近畿大学農学部農業生産科学科では、「アグリビジネスマイスター」認定制度を開設しており、その一環として3年生を対象に「アグリビジネス実習」の授業を行っています。この実習では、奈良県生駒郡平群町の耕作放棄地を再生した圃場において、農作物の作付けから栽培、管理、収穫、そして加工や販売までを一貫して学んでいます。

昨年11月、奈良県平群町、八木酒造、近畿大学農学部の産学官連携による「純米大吟醸平群」「純米酒 平群」が誕生しました。この度、シリーズ第2弾として「純米生貯蔵酒 平群」を発売します。この商品では、アグリビジネス実習の受講学生が、原料米(ヒノヒカリ)の生産やラベルのデザイン、商品の販売促進活動に協力しています。

【学生による店頭販売の概要】
実 施 日:平成27年(2015年)年7月3日(金)14:00~15:00
場  所:道の駅 大和路へぐりくまがしステーション(奈良県生駒郡平群町平等寺75-1)
商  品:純米生貯蔵酒 平群(720ml) 1,200 円(税別)
実施内容:「アグリビジネス実習」を受講している近畿大学農学部の学生たちが、授業の一環として道の駅の店頭でお客様に商品をご紹介し、販売します。

【商品説明】
農業は奈良県平群町の基幹産業の一つであり、都市近郊の立地を生かして、特に小菊やバラ、イチゴ、ブドウなどの花きや果樹の生産が盛んに行われています。しかし、担い手不足などの問題により、近年、町内の遊休農地は拡大の傾向にあります。このような状況を改善する方策の一つとして、平成26年(2014年)に、平群町、八木酒造株式会社、近畿大学農学部の産学官連携のもと、町内の遊休農地を活用して栽培・収穫した奈良県の奨励品種である食用米「ヒノヒカリ」を100%使用した日本酒「純米大吟醸 平群」と「純米酒 平群」の販売を開始しました。

今回発売する「純米生貯蔵酒 平群」は、その日本酒「平群」シリーズの第2弾です。平群町の遊休農地を再生して丹精に育てたヒノヒカリを精白し、世界遺産「春日山原始林」の山麓、通称「清水通り」の地にて清冽な地下水でじっくりと発酵させました。純米酒の持つ米の旨みと辛口の生貯蔵酒の爽やかな飲み口は、暑い季節のさっぱりとした料理に最適です。冷蔵庫でキリリと冷やしてお召し上がりください。

 酒類種別     清酒 純米酒
 商品名      純米生貯蔵酒 平群
 容量(ml)    720ml
 アルコール度数  13度 日本酒度 +6
 原材料      米(国産)・米麹(国産米)
          ※平群町産ヒノヒカリ100%使用
 販売価格(税別) 1,200円

企   画:平群町、協力:近畿大学農学部、醸造元:八木酒造株式会社
発 売 日:平成27年(2015年)7月1日(水)
販売本数:300本(限定)
主な取扱店:平群町内の酒販店、道の駅 大和路へぐりくまがしステーション

〈商品に関するお問い合わせ先〉
平群町観光産業課 商工・観光係 担当:寺口、長谷川 TEL(0745)45-1017

【八木酒造について】
八木酒造は、奈良県奈良市高畑町に本社を置く造り酒屋で、清酒造りでは過去2度にわたり全国新酒鑑評会“金賞”を受賞しています。平群町の特産品として、「へぐりの芋焼酎“里の恵”」や、梅酒全国制覇利き酒大会2014スタンダード部門10位入賞の「七福神梅酒」などを手掛けた実績もあり、日本酒「平群」の製造をお願いすることになりました。

【アグリビジネスマイスター認定制度】
時代の流れとともにアグリビジネス(農業関連産業)の形態も大きく変わってきました。作物を作って終わりではなく、「いかに売れるものを作っていくか、付加価値を高めていくか」への発想の転換が、農業にも求められてきています。

そのような社会のニーズに応える人材の育成を目的に、近畿大学農学部農業生産科学科では、「アグリビジネスマイスター」認定制度を平成23年(2011年)4月に開設しました。生物現象の知識とともに、農産物の生産から加工、販売までをトータルに学習し、課程修了後にマイスターの称号が近畿大学農学部から与えられます。特徴的なカリキュラムとしては、アグリビジネス実習、アグリビジネス起業論、農業実習などが挙げられます。平成23年度入学生より認定を開始しており、平成25年度は28人の学生、平成26年度は18人の学生が認定されました。

ビジネスモデルの構想能力や地域産業とのコーディネート能力を磨くとともに、農業の6次産業化(農業などの1次産業が生産だけでなく、加工や流通・販売を手がけること)の先進事例について学ぶため、農業法人での実習も実施します。現場に足を運び、事業の実際を肌で感じることで、構想企画能力なども養います。

関連URL:http://nara-kindai.unv.jp/

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。


  • 純米生貯蔵酒 平群 純米生貯蔵酒 平群



注目ワード
センター試験
ランドセル
決算発表
バレンタインデー
スキー