ツネイシホールディングス株式会社


福山市を中心とした常石グループ各社拠点に
西日本初となる災害警報などの機能を持つ
「災害対応型自動販売機」を設置
~災害発生時に地域に貢献



ツネイシホールディングス株式会社(本社:広島県福山市沼隈町常石1083、代表取締役会長兼社長:伏見泰治)では、災害対策・地域防災の一環として、「災害対応型自動販売機」43台を、コカ・コーラウエストグループの協力を得て、みろくの里や神勝寺温泉昭和の湯など常石グループ施設に設置します。

なかでも、常石造船常石工場、常石鉄工などに設置する14台は、災害警報機能を持ち、迅速な初動対応につながる自動販売機で、西日本初の導入です。災害警報機能を持つ自動販売機は、気象庁が発表する緊急地震速報、津波警報を大きな警報音と共に電光掲示板でも知らせ、早期避難を強力に促す仕組みです。

また、備後エリアを中心にサービスステーション(給油スタンド)を展開するツネイシCバリューズでは、無線でインターネットに接続するフリーWiFi機能を持つ自動販売機を、サービスステーション18ヶ所に設置する予定です。

「災害対応型自動販売機」は、災害時には飲料を無料で提供します。専用キーの操作で非常用電源に切り替わり、停電後48時間以内は、自動販売機1台当たり最大で約540 本の飲料の取り出しが可能になります。

ツネイシホールディングス株式会社では、地域防災への貢献のため、地域住民、従業員の災害時の生命を守る防災対策を、今後も一層強化していきます。

-本件に関する問い合わせ-
ツネイシホールディングス株式会社
CSV本部マーケティングコミュニケーション部
TEL:084-987-4915
FAX:084-987-5078

関連URL:http://www.tsuneishi-g.jp/

このリリースについてのお問い合わせ

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。



このカテゴリーの関連ニュースリリース(CSR、企業動向、その他)


注目ワード
ボーナス
七夕
バーゲンセール
梅雨
海水浴