日本電気株式会社


【NEC報道資料】 企業のマイナンバー制度対応に向けた標的型攻撃対策が可能な「ActSecureクラウドメールセキュリティサービス」を発売



ActSecureクラウドメールセキュリティサービスの利用イメージ

ActSecureクラウドメールセキュリティサービスの利用イメージ

2015年8月27日

NECは、企業の社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)対応を支援する「企業向けマイナンバーソリューション」(注1)におけるセキュリティ対策サービスのメニュー拡大として、「ActSecure(アクトセキュア)クラウドメールセキュリティサービス」を本日から販売開始します。本サービスは、主に中堅・中小企業等に対して、標的型攻撃対策や情報漏えい対策の短期導入を可能にするものです。

本サービスの最大の特長は、マイナンバーを扱う企業に対し、標的型攻撃へのメールセキュリティ対策をNECのデータセンターに構築したクラウドサービスで提供し、最短7日(注2)で導入が可能な点です。
また仮想環境上で受信メールの挙動解析を行い、標的型攻撃メールから添付ファイル型やURL誘導型の未知のマルウェアを検出し、ブロックすることで情報漏えいリスクを低減することができます。

NECは「社会ソリューション事業」に注力しており、高度なセキュリティ技術を取り入れた製品やサービスを提供することで、安全・安心・効率・公平で豊かな社会の実現に貢献していきます。

■ 背景
マイナンバーは2015年10月から住民票を有する全ての国民に通知され、企業においては2016年1月までに人事・給与等の業務変更・システム改修に加え、マイナンバーを含む「特定個人情報」の厳格な取扱いが求められます。
また、標的型攻撃によるマルウェア感染、個人情報の流出が社会問題となる中、システムへの安全対策は急務となります。
本サービスにより、自社でセキュリティ対策の強化や人材の確保が困難な中堅・中小企業等を中心に、標的型攻撃対策や情報漏えい対策の短期導入が可能となります。

■ 価格、メニューなど
下記参照
http://jpn.nec.com/press/201508/20150827_02.html

■ 本サービスのメニュー概要
1. 標的型攻撃メール対策、ウイルス・スパムチェック、誤送信対策
NECのデータセンターに構築した仮想環境上で受信メールの挙動を解析し、未知のマルウェア(添付ファイル型やURL誘導型)などを検出することで、攻撃をブロックする「標的型攻撃メール対策機能」を提供します。これにより、社内のメールサーバでメールを受信する前にマルウェアを検知し、メールによる社内システムへの攻撃を防ぎます。あわせて、月次レポートにて標的型攻撃の分析結果等を報告します。
また、送受信メールの「ウイルス・スパムチェック機能」や、外部宛メールの一時保留・添付ファイルの自動ZIP暗号化などを行う「誤送信対策機能」も提供し、情報漏えいリスクを低減します。

2. メールアーカイブ
マイナンバーを含む「特定個人情報」の故意による流出を防ぐため、送受信メールを仮想環境上に保管することにより、企業の内部統制機能を強化し、情報漏えいリスクを低減します。管理者は保管されたメールの検索・閲覧ができるとともに、複数メールの一括ダウンロードや、任意メールの社内ユーザへの再送、さらに、メール送受信者関係図(メール相関図)閲覧機能を利用することができます。

3. IRM保護制御
NECのファイル保護ソフトウェア「InfoCage FileShell」(注4)と本サービスを連携する機能を提供します。「InfoCage FileShell」がIRMにより文書ファイルなどを強固に保護するとともに、外部へメール送信する際には暗号化ZIPファイルに自動変換します。また外部宛メールは一時保留されるため、送信者自身がメールの送信を取り消すことも可能です。これらにより利用者に負担をかけることなく、マイナンバーなどの情報漏えいリスクを低減します。

NECは従来より、セキュリティクラウドサービスとして、Webサイトの脆弱性をついた攻撃を遮断する「クラウドWAFサービス」、パッチ未適応のサーバの脆弱性をついた攻撃から防御する「サーバセキュリティサービス」、悪意のあるWebサイトへの誘導を入口と出口で遮断する「セキュリティゲートウェイサービス」を提供しています(注5)。今回、「ActSecureクラウドメールセキュリティサービス」を追加することで、Webやメールなど企業システムの標的型攻撃対策をさらに強化します。

NECグループは、「2015中期経営計画」のもと、安全・安心・効率・公平という社会価値を提供する「社会ソリューション事業」をグローバルに推進しています。当社は、先進ICTや知見を融合し、人々がより明るく豊かに生きる、効率的で洗練された社会を実現していきます。

以上

(注1) 「企業向けマイナンバーソリューション」を発売
http://jpn.nec.com/press/201502/20150223_01.html
(注2) 最短7営業日
(注3) IRM(Information Rights Management):文書ファイルなどを暗号化することによって、文書の閲覧や編集などに個別の制限を付加すること。
(注4) InfoCage FileShellは機密情報が含まれる電子ファイルをIRMで保護し、情報漏えいを防止するソフトウェア。別売り。
http://jpn.nec.com/infocage/fileshell/
(注5) ActSecureクラウドWAFサービス
http://jpn.nec.com/security/solution/cloudwaf.html
サーバセキュリティサービス
http://jpn.nec.com/soft/trendmicro/sssw/index.html
ActSecureセキュリティゲートウェイサービス
http://jpn.nec.com/security/solution/secgw.html

■ 新製品について
http://jpn.nec.com/security/solution/cloudmail.html

■ 本件に関するお客様からのお問い合わせ先
NEC 番号事業推進本部
E-Mail: mnosl_solution@nec.jp.nec.com

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。


  • ActSecureクラウドメールセキュリティサービスの利用イメージ ActSecureクラウドメールセキュリティサービスの利用イメージ


このカテゴリーの関連ニュースリリース(製品、サービス、技術・開発)


注目ワード
バーゲンセール
梅雨
海の日
海水浴
夏祭り