株式会社ヴァル研究所


開業から90年! 大正から走り続ける「銚子電鉄」を応援! 「YELL for 鉄道JAPAN」第2弾スタート



プロジェクトイメージ画像

プロジェクトイメージ画像

乗り換え案内サービス「駅すぱあと」を開発運営する株式会社ヴァル研究所は、日本の鉄道を応援するプロジェクト「YELL for 鉄道JAPAN」第2弾を、10月5日より開始します。

「YELL for 鉄道JAPAN」は、「鉄道が正常に走ることにより、人々の日常が支えられている」という考えのもと、日本の鉄道を応援するプロジェクトです。

第2弾となる今回は「銚子電気鉄道株式会社(以下、銚子電鉄)」を応援します。プロジェクトページにて「シェアボタン」を押していただくと、1シェアにつき5円が支援金として銚子市へ寄付され、「銚子電鉄」の運行支援に活用されます。

プロジェクトページ:https://ekiworld.net/personal/app/eki/campaign/train_pj/

1923年(大正12年)開業の「銚子電鉄」は、2014年1月の脱線事故以来、車両が4編成から3編成となり、運行本数は33往復から19往復に減便されています。増便を望む声が多くあるものの、資金不足に苦慮されています。

長年地元の方に愛され、観光名所としても親しまれてきた「銚子電鉄」が、これからも元気に走り続けていけるよう、弊社は「YELL for 鉄道JAPAN」を通じて支援します。

■プロジェクト概要
・プロジェクト名:「YELL for 鉄道JAPAN」第2弾
・期間:2015年10月5日(月)~2016年1月5日(火)
・プロジェクトページ:https://ekiworld.net/personal/app/eki/campaign/train_pj/
・プロジェクト動画:https://youtu.be/saDPrsAAYqk
■「銚子電鉄」の紹介
「銚子電鉄」は、関東最東端のまち銚子市を走る、全長6.4kmの私鉄電車です。
美しい沿線景色、ユニークな駅舎、銚子電鉄が製造・販売している「ぬれ煎餅」や観音駅の名物「たいやき」など、魅力的な観光名所としても人気の電車です。

1923年に開業して以来、長い間地元の方から愛され、朝の通勤・通学時間には小学生から高校生・通勤する方々の重要な交通手段となっています。

・銚子電鉄公式ページ:http://www.choshi-dentetsu.jp/
・銚子電鉄オンラインショップ:http://chodenshop.com/

■「YELL for 鉄道JAPAN」第1弾の紹介
前回第1弾では、2011年7月新潟・福島豪雨以来運休中のJR只見線(ただみせん)の復旧に向け募金活動を行いました。
(プロジェクト期間:2015年3月30日~6月30日、シェア数:17,188)

第1弾のニュースリリース:http://www.news2u.net/releases/134075

■関連サイト
・銚子市公式ページ:http://www.city.choshi.chiba.jp/
・鉄道写真家・中井精也氏のブログ:http://railman.cocolog-nifty.com/
 「犬吠(いぬぼう)」駅舎2階には、中井精也氏の「銚子電鉄」写真ギャラリーが設置されています。

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社ヴァル研究所
広報担当・福井
TEL:03-5373-3529
FAX:03-5373-3510
MAIL: pr-office@val.co.jp

関連URL:https://www.facebook.com/yellfortraijapan

このリリースについてのお問い合わせ

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。


  • プロジェクトイメージ画像 プロジェクトイメージ画像
  • 「銚子電鉄」の写真01(撮影:中井精也) 「銚子電鉄」の写真01(撮影:中井精也)
  • 「銚子電鉄」の写真02(撮影:中井精也) 「銚子電鉄」の写真02(撮影:中井精也)
  • 「銚子電鉄」の写真03(撮影:中井精也) 「銚子電鉄」の写真03(撮影:中井精也)
  • プロジェクトのバナー画像 プロジェクトのバナー画像
  • プレスリリース(2015/10/05) プレスリリース(2015/10/05)



注目ワード
衣替え
父の日
キャンドルナイト
株主総会