株式会社グローバルインフォメーション


「商業ビル用オートメーション製品:各種技術と世界の市場」 - 調査レポートの販売開始



株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「商業ビル用オートメーション製品:各種技術と世界の市場」 (BCC Research発行) の販売を10月7日より開始いたしました。

2014年、世界のビルオートメーションシステムの市場は901億ドルの規模を記録しました。今後は2020年にかけて4.3%のCAGRで推移し、2015年の941億ドルから、2020年には1164億ドルに近い規模に成長すると予測されています。

当レポートでは、世界の商業ビル用オートメーション製品市場の動向について調査し、最新の技術動向、主要5部門 (BMS・HVAC・エネルギー・セキュリティ・照明管理) の市場規模の推移と予測、ソリューションタイプ・地域別の内訳、主な市場動向、主要ベンダーのプロファイルなどをまとめています。

第1章 イントロダクション

第2章 サマリー

第3章 概要

●統合型ビルオートメーション製品の5つの市場

●コンピューター技術によるビルのインテリジェント化

●次の大きな動き:IoT (モノのインターネット)

●ITシステムのモニタリング

●大きな力となるビッグデータ

●大きな影響力として台頭するクラウドコンピューティング

●クラウドとビッグデータ

第4章 ビル管理システム技術

●BMS環境の変化

●BACNET:ネットワーキングの初の試み

●LONTALKとは?

●IPへの動き

●BMSベンダー

●企業プロファイル

第5章 HVAC環境管理システム

●HVACシステムの機能

●HVACベンダー

●企業プロファイル

第6章 エネルギー管理システム

●スマートグリッドの登場

●スマートグリッド事業の牽引因子

●EMSシステムへの関心の拡大

●エネルギー管理のサプライヤー

●企業プロファイル

第7章 セキュリティ

●セキュリティの構築・設計:2000年以降の変化

●アクセスコントロール&セキュリティシステム(ACS)

●勢いに乗るIPベースのデジタルセキュリティシステム

●ワイヤレスセキュリティシステムの選定

●セキュリティシステム企業

●企業プロファイル

第8章 照明管理システム

●より洗練される照明管理システム

●照明管理システム企業

●企業プロファイル

図表

【商品情報】
商業ビル用オートメーション製品:各種技術と世界の市場
Commercial Building Automation Products: Technologies and Global Markets
● 発行: BCC Research
● 出版日: 2015年09月30日
● ページ情報: 200 Pages

【当レポートの詳細目次】
http://www.gii.co.jp/report/bc121225-building-automation.html

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:http://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。




注目ワード
春分の日
卒業
東日本大震災
入社
異動
花見
入学
新社会人